ちきりん先生、おかしいです!-自分の頭で考えよう、ただし「無知のヴェール」とともに。

森氏の辞任を受けてちきりん氏がこんなツイートをした。

f:id:hirokatz:20210211202445p:plain


何度考えてもおかしいと思うので批判しておきたい。

 

近代国家は、個人の内面まで土足で踏み込まないものです。 森氏の思想信条や言動が公人としてふさわしくないからといって、中国共産党みたいに教育キャンプ入れるなんてアイディアには、恐怖しか感じません。

 

これは本能的な恐怖で、「総括せよ」「自己批判せよ」「徹底的に自己批判せよ」の連合赤軍がどう終結したか知っていれば、『1984年』とか『時計仕掛けのオレンジ』とか山本直樹の『レッド』とかの作品に触れていれば、こんな発言は出てこないと思うんですよ。

発言と発言者は切り分けて論じるべきではありますが、「生産性」至上主義の行き着く先はここかと暗たんたる気分になりました。

 

ちきりん氏にこの批判は届かないだろうし、届いても「何が悪いの?」と思うだけでしょう。 「いいね!」もたくさんついているし。 SNS時代、地獄への道はインフルエンサーの無邪気な善意で舗装されているのかもしれません。

 

なぜ、「アタシは再教育を命じる側!」という前提で話せるのでしょうか。自分が再教育を強制される側に回るとは考えないのでしょうか。

自分の頭で考えよう!というちきりん氏の姿勢には賛同するけれど、その際に自分に「無知のヴェール」をかけて考えてみようとは思わないのでしょうか。

 

海外メディアに“ご注進”して問題を炎上させるなんて手法は下品ですが、今回のちきりん氏の主張、たとえば「Japanese influencer claims “Send Mori to re-education camp, like Chinese Communist Party do”」とか報道されたらドン引きされる発言だと思うんですよね。

自分とあわない人や気に食わない人、いやなヤツ、むかつくヤツともなんとかそこそこ折り合いをつけてやっていこうってのが民主主義社会だと思うんですよね。自分が排除されたら困るから、他者も排除しない。自分が再教育キャンプに送られたらイヤだから、他者も再教育キャンプに送らない。

「お前の言うことには大反対だが、お前がそれを言う権利は死んでも守る」ってのが民主主義の精神だと思うんです。たとえタテマエだとしても、大事なタテマエだと思います。

いろいろぶつかることばかりだけど、なんとかうまくやっていこうぜってのが、民主主義社会だと思うんで、今回のちきりん氏の発言はそれに真っ向から反していると思ったので批判しました。

峰宗太郎ほか『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』を読んで、ニューノーマルはいっときの話ではない、と覚悟した話。

: はやる気持ちを抑えて、思考実験してみましょう。米国の感染者数は2020年11月16日時点で16万6226人、と、ニューヨークタイムズ紙が報じています。同日の日本は1685人ですね。感染者の人数にざっくり100倍の差があるわけです。もしですよ、米国で、ありえませんが、国民全員がこのワクチンを打って、9割に効いたとします。そして残念ながら、ワクチン接種者でも1割が発症します。さて感染者は何人になりますか。
編集Y: え。16万6226人の1割ですから1万6622人…それでも日本の10倍だ。日本は168人。こっちは相当「効いた」感じがしますね。〉(峰宗太郎 山中浩之『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』日経プレミアシリーズ2020年 p.119。必読。R、勧めてくれてありがとう)
 
直感は、しばしば間違う。
ざっくりとでもいいから数字に落とし込むことで、おぼろげながら現実が見えてくる。
ワクチン接種が開始となり、明るい光が見えた気もするコロナとの戦いだが、上記のごとく数字に落とし込むとまだまだ油断できないことがわかる。
 
ワクチンが世界中に行き渡るまで時間はかかるし、ワクチン接種したとしても、当然ながらまだまだ警戒が必要だろう。マスク着用も続くし、会食や宴会の自粛も続くだろう。
各国はワクチン未接種者の入国を拒否するだろう。
この状況に少なくとも数年は耐えなければならない気がしている。
 
モデルナやファイザーのワクチンは状況を相当に改善したが、さらなるワクチン開発や治療薬、公衆衛生的な対策は不要になったわけではない。
新しい生活様式、ニューノーマルというものは一時的なもので、コロナ対策にめどがつけば元の生活に戻れると希望を持っていたが、考えを改めたいと思う。
うーむ。

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

峰宗太郎ほか『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』を読んで、ニューノーマルはいっときの話ではない、と覚悟した話。

: はやる気持ちを抑えて、思考実験してみましょう。米国の感染者数は2020年11月16日時点で16万6226人、と、ニューヨークタイムズ紙が報じています。同日の日本は1685人ですね。感染者の人数にざっくり100倍の差があるわけです。もしですよ、米国で、ありえませんが、国民全員がこのワクチンを打って、9割に効いたとします。そして残念ながら、ワクチン接種者でも1割が発症します。さて感染者は何人になりますか。
編集Y: え。16万6226人の1割ですから1万6622人…それでも日本の10倍だ。日本は168人。こっちは相当「効いた」感じがしますね。〉(峰宗太郎 山中浩之『新型コロナとワクチン 知らないと不都合な真実』日経プレミアシリーズ2020年 p.119。必読。R、勧めてくれてありがとう)
 
直感は、しばしば間違う。
ざっくりとでもいいから数字に落とし込むことで、おぼろげながら現実が見えてくる。
ワクチン接種が開始となり、明るい光が見えた気もするコロナとの戦いだが、上記のごとく数字に落とし込むとまだまだ油断できないことがわかる。
 
ワクチンが世界中に行き渡るまで時間はかかるし、ワクチン接種したとしても、当然ながらまだまだ警戒が必要だろう。マスク着用も続くし、会食や宴会の自粛も続くだろう。
各国はワクチン未接種者の入国を拒否するだろう。
この状況に少なくとも数年は耐えなければならない気がしている。
 
モデルナやファイザーのワクチンは状況を相当に改善したが、さらなるワクチン開発や治療薬、公衆衛生的な対策は不要になったわけではない。
新しい生活様式、ニューノーマルというものは一時的なもので、コロナ対策にめどがつけば元の生活に戻れると希望を持っていたが、考えを改めたいと思う。
うーむ。

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

clubhouseやってて、いにしえの病院の「タバコ部屋」を思い出した話。

手に持てるものは限られている。何かを手にしたければ、何かを手離さなければならない。
 
音声SNS、clubhouseで遊んでいて、ああこれは、「ぼくにとって」タバコ部屋だ、と思った。
 
1999年に医者になったころはまだ、どの病院にも「タバコ部屋」というのがあった。いろんな科のスモーカーの医者が気だるそうにそこで紫煙をくゆらせているのだ。
ふだんは話しかけることも恐れ多いような他の科のベテランドクターも、タバコ部屋では話しかけることが出来た。もちろん、恐る恐るではあるが。
「あのー今こういう患者さんのことで困ってて…」とか「このあいだ、当直でこういう人が来て、こういう処置したんですけど、良かったですかね…」とかおずおずと聞くと、どのベテランもかったるそうに「しょうがねえなあ…そういうときはこうするんだよ」と教えてくれたものだ。なぜか誰もがかったるそうで、やっぱタバコって体に悪いんすかね。
 
「このあいだ外科に紹介したあの患者さん、どうなりましたかね…」と聞くと経過を教えてくれたりして、あれはあれで有意義な場だった。なぜか外科にはスモーカーが多い印象で、ある外科医に聞いたら「ストレス解消には酒かタバコだろ?酒にハマると手が震えるから、外科医はタバコを吸うんだよ」と言っていたが本当だろうか。
時は過ぎ、日本の病院から「タバコ部屋」は無くなった。喫煙の害は広く知られるようになったし、一人前の病院と認められるためには病院の敷地内に喫煙所があってはいけないという決まりがある(本当)。
健康とモラルは手に入れたが、そのために手離したものもあるというだけの話だ。
 
もっと時を遡る。
「オレがあの病院にいた頃はさ、夕方5時過ぎるとみんな医局でビール飲み始めて、麻雀するんだよね、夜中まで。心臓血管外科の先生とか麻雀強くて。夜中まで毎晩麻雀やってるから、救急車で重症患者が運ばれて来たりすると若い先生が血相変えて医局に飛び込んで来て、『センセイ!重症です!手、貸してください!』とか言うわけ。そうするとホロ酔いの猛者たちが、『しょうがねえなあ…』って麻雀やめて救急室に降りてくるわけ」。
昔、ベテラン脳外科医から聞いた話。
 
さすがにぼくが医者になった自分には、医局でビール飲んだり麻雀したりはなかったけど、そういう時代の若手はずいぶん心強かったことだろう。「しょうがねえなあ…」と救急室に現れる各科の猛者たちって、アベンジャーズみがあるよなあ。
 
まあそのころの先生がたってのは家庭生活は捨てていて、子どもの授業参観も行かないし、運動会や家族旅行中に患者の急変で病院に呼ばれるなんて当たり前だった。個人的には今のほうが良いが、そのときと同じような「いつでも病院にいてくれる、何があってもすぐ駆けつけてくれる医者」を求めることはもう出来ない。
 
ぼくが医者になったころはちょうど過渡期で、そのころまでは業務時間内に「各科対抗、新人医師によるソフトボール大会」とかあったし、科によっては「毎年元旦の朝は教授回診があり、医者は全員集合」というのもあった。正月には教授宅にあいさつにいくという風習があったり、餅つき大会やったり、花見やったり。
外科なんかは、新人医師の食事はすべて指導医のおごりで、遊びに行くのもぜんぶ指導医が持つという風習もあって、そのかわり手足となって働けというわけで、こういうのはお笑い芸人の「先輩が全部払う」という文化と相通じますね。今はどうなんだろう。
 
そういう時代が楽しかった人もいるし、息苦しかった人もいる。今は医者も個人主義が強くなってラクになったが、そのぶん研修医は孤独とアイデンティティの確立が難しいことで病んだりしている。まあ人間はいつだって無いものねだりで、誰しもその時代の中でなんとかやっていくしかない。
 
個人生活はほぼ皆無、生活のすべてを病院に捧げるという時代の終わりを垣間見たなあという感慨とともに、今日も仕事に向かいますか。
それじゃまた。
 
付記)誰かclubhouse上に『一人当直なんでも相談room』作ってくれないだろうか 全国各地のベテラン医がたむろってているroomで、いなかの小病院で一人当直してる若手が助けを求めてアクセスする 「なんかタキってるんですけど(あえてスラングで書く)どうしたら」とか「めまいがひどいんですが」とか聞ける。
そうするとroomにいる猛者たちが「モニターつけながら◯◯投与してみて」とか「一応、基幹病院におくっちゃったら?電話でこういうふうにプレゼンすればとってくれると思うよ」とかアドバイスしてくれるの 若いときにバイトで一人当直するのってすごい不安だったから、そういうのあるといいかなと思う。(自tweetより転記) 
3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

clubhouseを覗いてわかったこととclubhouseの未来図。

「うちの病院からね、あちこちの離島に若手が赴任するでしょ。あちこちの離島を派遣医師用にイントラネットで結んだら、当初予想しなかった使われ方したんです」
10数年前に沖縄の病院で聞いた話。
「最初はね、自分のわからない症例をお互いに相談したりしてもらうためにイントラネット繋いだつもりだったんです。ほら、離島の赴任て基本的にひとりぼっちだから。
でも、イントラを運用してみたら、症例の相談もするんだけど、それよりはるかに多く、互いの孤独や、あるいは離島の医療を担うやりがいや喜び、そうした感情的なことを語り合う場になったんです。
そうやってお互いに励まし合いながらね、若い医者がそれぞれ離島でひとりで頑張ってるんだなって思って」
 
祭りには乗ってけとばかりに、ここ数日clubhouseを覗いてるんだけど、一番に思ったのは冒頭のエピソード。
コロナ禍で、今までと同じように直接会って話したり、それこそ飲み会でしゃべったりするのが難しい。でも人間は誰かとしゃべりたい生き物で、そこを埋めるツールなのかなという仮説を立てたのだ。
 
正直、情報伝達のツールとしてはあまり期待していない。情報の、時間あたりの密度が低いからだ。
やってみると分かるが、アナウンサーなどのトレーニングを受けている人でなければ話し言葉というのは情報密度が低い。情報伝達効率の観点からは、間投詞に感嘆詞、冗語に同じ話の反復繰り返し、話の組み立ての無計画性や低論理性などから、通常であれば話言葉は書き言葉に劣る。
だから、多忙な人が情報摂取としてclubhouseを使うことは少なくなるだろう。ここらへんは「お勉強」動画の非効率性と、それでもある程度のニーズがあることと相通ずる。
 
だが、「コミュニケーションの訳語は、情報伝達ではない」。冒頭の話は、「虚空をゆく57億の孤独(あかり)」の話だ。
 
声だけのやりとりというのは、親密性を高めるのに有効だ。
深夜のラジオのディスクジョッキーやパーソナリティ(あえてこの両語を使う)が、自分だけに語りかけてくれている錯覚は、誰しも経験があるだろう。
声だけでやりとりし、同じ時を共有するのは、ある種の共犯関係を演出する。
だから勝手に想像すると、たとえばアイドルの握手会の代替品として使われるかもしれない。
あるいは政治家の車座集会やミニ集会として使うと、支持者の心をコスパよくがっちり掴める可能性がある。
あるいは使われかたとして、新著を出した小説家や著述家が、書店でのサイン会などの代わりに/とともにclubhouseを使うと有用だ。なにしろわざわざ会場まで出かけて半日つぶす必要がなくなる。
 
声だけ、話し方だけというのはメリットになり得る。
たとえば俳優や声優による小説や名著の朗読はすごく需要がある。「森本レオによる、眠れぬ夜のための詩の朗読」とか。
声優つながりでいえば、2.5次元アイドル系イベントとかも、双方向性、共時性を活かせて面白いはずだ。『どついたれ本舗』による大阪ディビジョンラジオとか聞いてみたい(←この部分、読み流してください)。
顔出しNGの漫画家・作家とか(それこそ『鬼滅』作者とか)が場合によってはボイスチェンジャー使ってclubhouseやるとファンは喜ぶと思う。
 
クローズドでもroom立てられるようだから、アルコール・アノニムス的なこととかもできる。
クローズドでカウンセリングをやれば需要はあるだろう(もちろん精神医学的に危険性もある行為だ。密室で、質の担保もできないし)。
 
まだたぶん意識化されていないと思うけど、「面白くしゃべれる人」の需要より、「相手に楽しくしゃべらせることのできる人」「うまく聞いてくれる人」の需要のほうが多いはずだ。
要はですね、話すことの素人の「意識高い系」の話なんて、聞いていても飽きるんですよ。みんなさー、おっさんになると夜の街に行くようになるのはさー、自分の話聞いて欲しいんすよ、夜の蝶の話を聞きたくてお金落とすんじゃなくて、自分の話を聞いてくれて「さすがー」とか「すごーい」とか言ってほしくてドンペリ入れたりJINRO入れたりするんすよー、おっさんになると誰も話聞いてくんないから。という話を聞いたことがある。
 
うまくclubhouse文化が定着すれば、そういうクラブ(⤵︎)みたいな使われかたもするのではなかろうか。
 
ネット文化ってマネタイズが永遠の課題だが、商魂たくましい人なら多少やりようがありそうで、課金した人とだけ対話するようにすればよくて無課金ユーザーは聞くだけとかね。
 
あ、あとですね、「そんな使い方があったのか!天才的!」と思ったのが『農家の朝礼』というroom。
実際に聞いてはいないんですが、農家とかの個人自営業や事業主って、毎朝決まった時間にきちんと仕事を開始できるかってすごく大きい。
個人でやってると誰も監視してくれないし強制してくれないから、「今日ぐらいサボっちゃおうかなー」って魔がさすことがある。
そこをカバーするのに、同業の個人事業主同士で時間決めてclubhouse上でバーチャル朝礼やると、メリハリがつくだろう。うまいこと考えたものだ。
 
clubhouse文化が定着するのか、それとも急に盛り上がった雰囲気を出して急速に廃れるのか興味津々だ。
何はともあれ、ものは試しなので、そのうち「40代になったが、この冬はじめて白湯のうまさに目覚めた」という話でroom立ててみたいものだ。誰が聞くのかは知らないが。

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

コロナワクチン準備中~私を月まで連れてって。

〈Fly me to the moon 私を月まで連れてって
Let me play among the stars 星の海で遊ばせて
Let me see what spring is like on 木星や火星の
A-Jupiter and Mars 春ってどんなものかしら〉
あの頃は、毎晩ヘレン・メリルがかかっていた。
 
実話か都市伝説かは知らない。
ケネディ大統領がNASAを訪れ、たまたま居合わせた掃除夫に聞いた。「あなたはここで何をしてるんですか?」
掃除夫は床を拭くモップの手を止めて背筋を伸ばし、胸を張って言った。
「私はここで、人類が月に行くお手伝いをしています、ミスター・プレジデント」(*)
 
童話にも似たような話がある。
旅人が建設中の教会を通りかかった。3人のレンガ職人が、レンガを積んでいる。
旅人は尋ねた。ここで何をしてるんだい?
1人はこう言った。
「見りゃわかるだろう、レンガを積んでるんだ。毎日まいにち同じことの繰り返しさ」
2人目の職人は言った。
「壁を作ってるんだよ、仕事だからね。オレはこれで家族を養ってる」
3人目の職人は言った。
「教会を建ててるんだ。神に奉仕してるんだよ!教会が完成したら、ここでみんなが祈り、癒されるんだ。素晴らしいだろ!」
旅人はそれを聞くと、また旅を続けた。
 
2020年、コロナ禍で世界は変わってしまった。
この傷が癒やされるまで、10年はかかるという者もいる。まさに人類の歴史に残る災厄だ。
だが人類は、叡智によってこれを乗り越えるだろう。そう信じる。
もしぼくやあなたや彼らやみんながこのコロナ禍を生き抜けば、10年後20年後には、月旅行にだっていけるだろう。未知のウイルスに対するワクチンを一年たらずで完成させ、世界中でバンバン打ち始めているんだから、人類の叡智はそれだけすごい。 
ぼくはぼくで、目の前の出来ることを一つ一つやっていく。
 
悩むところもあるが、うちのクリニック・中條医院でも新型コロナウイルスのワクチン接種をやることにした。今までどんな病気にかかったことがあるか、腎臓の機能は落ちていないかのデータがないといけないから、当面のあいだはかかりつけの患者さんのみワクチン接種を行う予定だ。
もちろん、うまく運営できるか不安だし、正直うちのクリニックの規模ではうまく行ってもワクチン接種できるのは合計1000人くらいだろう。例年のインフルエンザワクチン接種の実績からいってもそんなもんだ。60数万人の船橋市民の数からいったら微々たるものだし、一億人の国民や世界数十億からいったら誤差範囲みたいなものだ。
 
だが将来、うまいことみんなでコロナ禍を生き抜いて孫ができて、その孫が歴史の教科書を開いて「おじいちゃんはコロナのころ何してたの?」と聞かれたら胸を張ってこう答えようと思う。
「おじいちゃんはね、人類がコロナを克服するお手伝いをしていたんだよ」
Let's heal the world together, bros.&sis.

 

(*)・・・ケネディ大統領の話、ググるとジョンソン大統領バージョンもありますね。ザッカーバーグもスピーチのネタにしていた。

まあ普通に考えて、大統領が視察に来るなら掃除も一時中止させとく気もするので、都市伝説でしょうが。
原典ご存知なかた教えてくださいませ。
3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

 
 
 

GRITとGRAT/やり抜く力とやり過ごす力

成功したければGRITを、生き抜きたければGRATを。
 
聞くところによると、卓越したビジネスマンや経営者には共通点があるという。やり抜く力、GRITだ。
GRITを提唱したのはペンシルバニア大学のアンジェラ・リー・ダックワース教授だ。
ダックワース教授によれば、GRITは、
Guts(度胸)
Resilience(復元力)
Initiative(自発性)
Tenacity(執念)
からなる。
 
なるほど確かに成功者の形は様々だが、みな一様に「やり抜く力」がある。これは一面
の真実だ。
しかし一方で、一面の真実でしかない。モノゴトは時に多面体で、一面の真実の裏にはほかの真実がある。
 
常に気にしなければならないのは「生き残りバイアス」である。
生き残った成功者たちがみなGRITを持っていたからといって、GRITを持った者がみな成功するとは限らない。
GRITを持っていても、いやGRITを持ったゆえに生き残れずに成功を掴めなかった者もいるのではないか。
 
たとえば芸能の世界。芸能の世界は残酷だ。
度胸も復元力も自発性も執念も人一倍持ちながら浮上できない者は星の数ほどいる。
島田紳助は、GRITを持ちながらも10年経っても浮上できない芸人に引導を渡す目的でM-1を作った。コンビ結成後10年経ってもM-1決勝戦出られないくらいなら、別の道に行ったほうがアンタ幸せやで、というわけだ。
 
我々は、何をおいても生き抜かなければならない。
成功に固執しGRITと沈んでいくくらいなら、時にはほかのアプローチに乗り換えることも必要だ。GRITではなくGRATを提唱するゆえんである。
 
GRATとは次の4要素からなる。
すなわち、
・Guutara(ぐーたら)しんどいときはグータラする。肩の力を抜き布団にくるまってコンビニで買ったプチシュークリームを食べて動画を見る。活動を停止して、次の活動への力が腹の底に溜まるのを待つ。
・Rakusuru(楽する)必要最小限のことしかやらない。意識高い生活?きちんとした暮らし?そんなものは犬にくれてしまえ。大切なのはただ一つ、生き抜くことである。それ以外は些事だ。
・Arinomama(ありのまま)ダメな自分をひとまずありのまま認識する。受け入れなくてもよいから、ひとまず今、自分がダメな状態であることを直視する。「こんなはずじゃなかった」と現状を否定するから辛くなる。
・Through(スルー)めんどくさいことしんどいことつらいことは全てスルーする。元気が出て解決する気力が出てきてから一個いっこ取り組めばよい。
 
元気があるときは明日を目指してGRITでいけばよい。GRIT、やり抜く力で成功を掴めればそれは素晴らしいことだ。
元気がないときは今日のことだけ考えてGRATでいくことをお勧めする。GRAT、やり過ごす力で生き抜けば自然に明日も来るし、そのうち良い風も吹くだろう。
 
〈だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうだろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。〉
エイメン。
 
蛇足)GRITとGRATをキャラクター化したものが「ぐりとぐら」です。覚えておいてください(嘘)

関連記事)

 仮想漫才『GRIT やり抜く力』 - 今日のネタ帳 (hirokatz1.work)

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版