積ん読とトキメキと(完結編)

積ん読vsトキメキ派の話。
積ん読派の宿敵であるこんまり氏はすでに、世界進出を果たしている。
「KonMari」や「Kondoする」は英語として成立しているそうだし、敵ながらお見事というほかはない。
 
こんまり氏をスターダムに押し上げたのはネットフリックスの独自番組『Tidying Up with Marie Kondo』で、この番組ではこんまり氏がアメリカの家庭を訪問し、片付け術を伝授する(以下、THE WALL STREET JOURNAL ウェブ版 2019年2月2日 Megumi Fujikawa氏記事に拠る)。
 
この番組はアメリカなどで人気となり、トキメキ信者を爆増させた一方、一部の視聴者に反発を引き起こした。
番組の中で、人々が本を捨てたからである。
 
当然ながらアメリカにも積ん読派はいるわけで、積ん読派や愛書家は、「本まで捨てるのか?!」と反発した(NewSphere 2018年1月8日記事など)。
この騒動はかなり大きかったようで、積ん読派や愛書家にとって、本は単なる物質ではなく、神聖なものであることがわかる。
こんまり氏は別のインタビューで、世界に活動の場を移してよかった点として〈国によって散らかり方の違いも多少あって、子供のおもちゃが他国に比べて多い傾向がある国とか、「本を処分する」ということに大きな抵抗がある国とか、文化によってさまざま。それも世界に出て仕事をしたからこそ気づけた発見したでした〉と語っている(Woman type 2018年4月25日記事)。
本を処分することに大きな抵抗がある国というのはおそらくアメリカを指すのであろう。
世界に出るまで「本を処分することに大きな抵抗」を感じる人々がいることに気づかなかったとは驚きだ、と皮肉の一つも言いたくなるが、アメリカでの積ん読vsトキメキの戦いは、それなりに収束したようだ。
 
こんまり氏が信者に、蔵書は30冊以内にするよう指導しているらしいというデマに対し、こんまり氏は〈(略)「絶対に言ったことはない」と明言。「(こんまりメソッドは)物を少なくするというよりも自分がときめく状態であること、自分がどんな状態なのが一番心地よいのかを知ることが大切なので、物の数に言及したことはない」と語った。〉(前述のWSJ2019年2月2日記事より)という。
Ok,我々積ん読派は、積み上がった本にときめく。自分の好きな本や物に囲まれた空間が一番心地よい。
トキメキ教徒がトキメキを感じ心地よくなる環境とはだいぶ違うが、これは教義の違いだ。
I go my way, You go your way.
積ん読派vsトキメキ、これにて休戦としたい。

  そして戦いは続く…。

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 



9月12日土曜日、船橋市で『パーキンソン病の診断加療とケア』を講演させていただきました

去る9月12日土曜日、船橋市の塚田公民館で『パーキンソン病の診断加療とケア』を講演させていただきました。
 
コロナ対策のため人数を減らしソーシャルディスタンスを保った講演会でした。
 
小雨の中、お集まりいただいた皆様、ありがとうございました!

f:id:hirokatz:20200914172056j:plain

f:id:hirokatz:20200914172114j:plain

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 



 

積ん読とトキメキと(その9)

〈電子書籍も紙と変わらず、積ん読しまくっている。物理的積ん読は、生活空間に置かれた本の存在によって無言の圧力を感じられるのだけど、電書の場合単なるデータだ。時間が経つにつれて、買ったタイトルも無料のタイトルも等しくリストの一部となって、クラウドの彼方へ消えてしまう。
 それでも買ってしまうのは「読みたい!」と感じた衝動を大切にしたいからだ。衝動は、紙も電子も関係なくやってくる。それはポジティブな予感とも言い換えられるだろう。
 「この本が、自分に未知の何かを教えてくれる」「特別な感情を湧き上がらせてくれる」「ここでないどこかへ連れていってくれる」「もしかしたら自分を変えてくれる」「あるいは成長させてくれる」そういったポジティブな予感の集積によって、本は積み上がっていくのだ。(略)〉(施川ユウキ『バーナード嬢曰く。②』株式会社一迅社 kindle版p.47/142)

f:id:hirokatz:20200907092053p:plain

こちらが『バーナード嬢曰く。』
積ん読派とトキメキ教の攻防について書いている。
 
究極的にこれは、生きる教義の違いである。
積ん読派は、「いつか」読むという未来への期待、ここではない「どこか」へ連れていってもらいたいという思い、私ではない「誰か」への興味で生きている。
対してトキメキ教徒は、「今」、「ここ」、そして「私」がトキメくかどうかが基準だ。
 この教義の違いは、いかんともしがたい。
だが、互いに教義は違えど、共存する術を探さなければならない。別のカード、アプローチが必要だ。
 
積ん読ばかりでなかなか読めない、という人生相談に対し、中原昌也氏がこんな言い方をしている。
〈(略)本は眺めるだけでも意味がある。心が豊かになる。それが本の良いところです。べつに読みたい本を買ってきて、積んでおくだけでもいいじゃないですか。壁の絵や花びんの花と一緒ですよ。〉(『中原昌也の人生相談』株式会社リトルモア 2015年 p.21)
積ん読派にとっての、一面の真実と言えよう。積ん読派にとって、本はトキメキの対照なのだ。
 
ご存知の方も多いが、実は積ん読派とトキメキ教徒は、すでにアメリカで一戦やらかしている。
ことの次第はこうだ。
(続く)

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

積ん読とトキメキと(その8)

しつこく積ん読派とトキメキ教の話。
 
〈かりに天界・気象界の事象にかんする気がかりとか、われわれにとって死が何ものかでありはすまいかという気がかりとか、さらに、苦しみや欲望の限界についての無理解とか、これらのことどもがすこしもわれわれを煩わさないとすれば、われわれは、自然研究を必要としないであろう。 
 
 神話にかんすることが何か気にかかっていて、全宇宙の自然(真実在)が何であるかを知らないならば、われわれは、最も重要な事柄についての恐怖を解消することができない。それゆえ、自然研究なしには、われわれは、純粋無垢な形で快を獲得することはできない。〉(『エピクロス 教説と手紙』岩波文庫 1959年 p.77-78)
 
人間が賢くなるために本は必要不可欠だ、という論陣を積ん読派が張ったとしよう。
トキメキ教徒からはこんな反論が予想される。人間って、賢くならなければいけないの?何のために?
 
人間がなぜ賢くあらねばならぬのか、エピクロスの主張はこうだ。
人間とは、快を求め不快を避ける生き物だ。そして自然界で生きる人間が快を求め不快を避けるためには、自然の理(ことわり)というものをよく研究しなければならない。自然界の法則を学び、賢くあることで、人間は快を求め不快を避けることができるのだ。
 
念のため付記すると、エピクロスのいう快とは、〈(略)道楽者の快でもなければ、性的な享楽のうちに存する快でもなく、じつに、肉体において苦しみのないことと霊魂において乱されない(平静である)こととにほかならない。〉(前掲書p.72。ここらへん、欧米の若者の一部に見られるアルコールをあえて飲まないソーバー・キュリアスやアーリーリタイアを目指すFIRE派のフィーリングに近い気がする)
 
エピクロスの言に従えば、自然界や、人間にとって第二の自然界である人間社会の中で、なるたけ心身を苦しめることなく平静に暮らすために、人間は自然界や人間社会の理(ことわり)を知る必要がある。そのための武器の一つが本であり、武器は多いほどよい。だから積ん読は大切なのだ。
 
しかしながら、サモス島生まれの古代ギリシア人を引っ張り出してきても、トキメキ教徒の心はぴくりとも動かないだろう。so what?というところで、これはつまるところ教義の違いなのだ。
妥協点を探らねばなるまい。
(続く)

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

積ん読とトキメキと(その7)

大空のもとに生きる人は、空の広さを知る。たとえその空を飛ぶことはなくとも。
そびえたつ山のもとに生きる人は、山の高さを知る。たとえその山に登ることはなくとも。
青い海のそばに生きる人は、海の深さを知る。たとえその生みに潜ることはなくとも。
そして高く積まれた本とともに生きる人は、知の世界の広さ高さ深さを知る。たとえその本の山を読み切ることはなくとも。

 

先日友人Uと対話して思い出したことがある。読売新聞のナベツネ氏の逸話だ。
何で読んだのか忘れたが、ナベツネ氏の部屋の机の上には時々、小難しい哲学の本が広げてあるのだそうだ。
訪れた者が、「ずいぶん難しい本をお読みになるんですね」というと、ナベツネ氏はこう答えるという。「こういうのはな、分かんなくとも時々読んでおくものだよ」。

 

人類の知的文化遺産と呼ぶべき名著や大著は、そこにあるだけで人を謙虚にしてくれる。歳を取るにつれ高くなった鼻っ柱を、時々ぽきんと折ってくれる。世知にまみれ、なんでもかんでも分かったような気になって訳知り顔で世渡りをしている者に、冷たい水をぶっかけてくれる。
お前にはまだまだ知らないことが、山ほどあるんだぞと日々身をただしてくれるのもまた積ん読の効用である。そうした効用は、お手軽ムック本や「10分でわかるなんちゃら」みたいな本では得られない。

 

そこにあるだけで己の身の小ささを思い知らせてくれ、読まなくても見なくてもそこにあるだけで広く高く深い未知の世界があると伝えてくれるというのが積ん読の価値の一つだ。同じように、そこに存在するだけで価値があるという意味では、本屋や図書館、美術館にライブハウスも同じかもしれない。

 

積ん読により広く高く深い未知の世界がまだまだあるという事実に時折触れることは、人を傲慢という罪から解き放ち、謙虚さという美徳をもたらす。
いずれにせよ、ナベツネ氏が謙虚か否かは関係者の報告を待つばかりである。
(続く)

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

積ん読とトキメキと(その6)

f:id:hirokatz:20200903081412p:plain

積ん読派とトキメキ教の戦いは続く。

積ん読派とトキメキ教の戦いについて書いている。

 

知識社会において、知は力である。
本は読まなくても持っているだけで力になる。
そう信じてきたし、そう信じている。
なぜなら、よる夜中でも台風の日でも、何か調べたいときにすぐ調べられるから。知へのフリーアクセスを保障からこそ、積ん読は尊いのだ。

 

だがあるとき疑問が芽生えた。
いついかなる時でも知にアクセスできるのが重要なら、電子書籍やインターネットはどうだろう?
ネットの情報は玉石混交なのでひとまずおくとしても、電子書籍利用者はいついかなる時でも事実上無限の本にアクセスできる。
だが、電子書籍を利用できるようになって、人類は賢くなっただろうか?いやそうではあるまい。
読んでいないながらも現物の本を積ん読する者の「知」の力と、読んでいない本に無限にアクセスできる電子書籍利用者の「知」の力の間には、やはり違いがあるように思われる。なぜか。

 

本は、そこにあるだけで持ち主を賢くしてくれる、という論陣を張っている。これを検証してみたい。

 

思考実験をする。
本はあればあるほど知の力を強めてくれる、とぼくは主張してきた。
しかし、もしその蔵書が、持ち主以外の誰か別の人によって買い集められた本であったらどうだろうか?
さらには、その持ち主以外の人によって買い集められた本が、持ち主の目につかないどこかに保有されていたとしたら?
その場合には、やはりどれだけの本を積ん読していたとしても、持ち主の知にはなんの影響もないだろう。

 

これはまさに「読んでない本への無限のアクセス権を保障された電子書籍ユーザー」と同じ状況だ。
ということは、「積ん読」というのは本を買い、読まずにそのまま積んでおく行為のみを指すのではないということになる。

 

結論はこうだ。
「積ん読」には、ある本を買おうかと悩み、その本のことをしばし考え、身銭を切り、本を手に取り表紙を見て、書棚に並べて背表紙を眺めて、「いつ読もうかな」と時々心に思い浮かべる一連の行為が含まれる。
そしてその中でささやかながらも知的活動が生まれ、それが蓄積する、というのか積ん読の効用である、というところだろう。
だから人は、積ん読をすべきなのだ。

 

しかしここで、トキメキ教徒の反撃が予想される。
積ん読派は、本は持っているだけで賢くなるというけれど、そもそも人間って、賢くなる必要があるの?なんのために?
(続く)

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

積ん読とトキメキと(その5)

〈作家のウンベルト・エーコは博学でものを見る目があり、人を飽きさせない数少ない学者の一人だ。彼は(三万冊にも及ぶ)膨大な蔵書を使って、やってくるお客を二種類に分類している。「おお!シニョーレ・プロフェッソーレ・ドットーレ・エーコ!大変な蔵書ですね!いったい何冊お読みになったんですか?」という反応を示す人たちと、一握りのそうでない人たち、つまり、個人の蔵書は自尊心を膨張させる添加物ではなく、調査の道具だとわかっている人たちだ。
 読んだ本は、読んでない本よりずっと価値が下がる。蔵書は、懐と住宅ローンの金利と不動産市況が許す限り、自分の知らないことを詰め込んでおくべきだ。歳とともに知っていることも本もどんどん積み上がっていく。読んでない本も増えていって、本棚から意地悪く見下ろしている。実際、ものを知れば知るほど読んでない本は増えていく。〉(ナシーム・ニコラス・タレブ『ブラック・スワン』ダイヤモンド社 2009年 p.26)

 

積ん読族とトキメキ派の攻防を書いている。
トキメキ派は言う。「読んでいない本は捨てろ」。
師曰く、〈いつか読むつもりの「いつか」は永遠にこない〉(近藤麻理恵『人生がときめく片づけの魔法』サンマーク出版 p.122)。

 

しかし、冒頭のタレブの言が真実ならば、蔵書は読んでいないからこそ価値がある。
読んでしまった本の内容(の一部)は、すでに頭の中にある。だが、読んでいない本の中には無限の可能性がある。まだ知らない世界が、読まれていない本の中には内包されているのだ。

 

知識社会において、知は力である。知の源泉の少なくとも一部は本である。知の源泉は力の源泉である以上、読まなくてもよいから、いやむしろ、今はまだ読まないものほど手元においておくべきなのだ。

 

大学病院で医学生や研修医を指導していた頃、「医学の教科書は読まなくてもいいから買っておくべき。いつ僻地の病院に赴任になるかわからないし、ふとした時、真夜中などに調べものをすることになるが、その時に手元に教科書があるかないかで大きな差になる。本は、読まなくても買うだけで力になる」と伝えてきた。

 

繰り返すが、知識社会において知こそ力だ。そして、自由競争社会において、力こそパワーで毎日がエブリデイで、そして誰もがエブリワンなのだ。
(続く)

f:id:hirokatz:20200902081102p:plain

現代社会において、知は力であり、力こそパワーである。

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版