なぜあんな立派な人がコロナやワクチンの陰謀論にハマるのか~複雑な世界を理解するときの落とし穴(2)

複雑なこの世界は、今日もまた複雑化を加速させる。
 
〈南カリフォルニア大学の研究者によると、一九八六年の人は一日平均、新聞約四〇部に相当する情報にさらされていた。それが二〇〇六年には、四倍以上の一七四部相当になった。まいにち誰かが玄関ドアのまえに新聞を一七四部置いていくことを想像してみてほしい。〉(ベン・パー『アテンション』飛鳥新社 2016年 p.9)
現在2021年にはさらに何倍もの情報量に、ぼくらはさらされている。
 
そうした情報の大洪水のなかでぼくらに届く情報には3つのSの加工が施されている。
すなわち「サプライズ 驚き」、「シグニフィカンス 重要性」、そして「シンプリシティ 単純さ」である(上掲書第4章『破壊トリガー』)。
複雑な世界の中で、驚きと重要性と単純さをまとった情報やモノやコト、さらには人には、莫大なニーズがある。これらは先日論じた「人間ドラマ」、「陰謀論」、「ドグマ」、「イデオロギー」にも見事に当てはまる。
 
そんなことはない、自分は単純なことは嫌いだ、複雑なことを手間暇かけて理解したいし、単純なものになんか魅力を感じない、という人もいるだろうし、ぼくもその一人でありたいと思うが、悲しいかなそんなことを書くぼくの手にはしっかりとiPhoneが握られている。
あれだけたくさんのボタンのついたガラケーやBlackBerryを捨て、人はほとんどボタンのない、モノリスめいたこの単純なインターフェイスを選んだ。
単純なものは、売れるのだ。
 
「あんな単純なウソに、なんで騙されるんだろう」。
コロナやワクチンがらみのウソやデマに絡みとられた人を見て、まわりの人は呆れる。
だが、複雑な世界の複雑な病気や複雑な治療を前にして、「驚き」「重要性」「単純さ」の加工を施されたウソやデマや陰謀論に人は心惹かれる。
そして同じワナに、分野が違えばぼくやあなたや彼や彼女も、引っかかる可能性が高いのである。
 
この複雑な世界で何かを理解しようとすると、途端に怪しげな情報が押し寄せる。
3つのS、すなわちシグニフィカンス/重要性、サプライズ/驚き、シンプリシティー/単純さの加工を施されたそれらの情報の中には陰謀論やおかしなドグマやイデオロギーも豊富に含まれていて、ぼくらはそうしたものに取り込まれないようにしないといけない。
 
複雑な世界を理解しようとしたときに陰謀論やおかしなドグマ、イデオロギーに頼ることやフェイクニュースにハマることがあると指摘したのはユヴァル・ノア・ハラリだ。ハラリ自身は対策としてこう書く。
〈第一に、信頼できる情報が欲しければ、たっぷりお金をかけることだ。〉
身も蓋もないが、彼はこうも書く。
〈ある怪しげな億万長者が、次のような取引をあなたに持ちかけたとしよう。「毎月三〇ドル払いますから、その代わり、毎日一時間、あなたを洗脳して、私の望みどおりの政治的偏見や商品に関する偏見をあなたの頭にインストールさせてください」。あなたは、その取引に同意するだろうか?正気の人なら、まず同意しないだろう。だから、その怪しげな億万長者は、少しばかり違う取引を提案する。「毎日一時間、洗脳させてください。このサービスは無料で提供します」。すると今度は、突然この取引は何億もの人に魅力的に聞こえるらしい。そんな人々に倣ってはいけない。〉(『21Lessons』p.315-316)
 
ネットには無数の無料の情報が溢れている。
現在それらは社会的インフラとして誰もが利用しているが、それらの中にはハラリのいう広義の“洗脳”目的のものもある。身銭を切ることは大事だ。
〈たっぷりお金を払う〉ことで手に入る情報が全て有用とは限らないが、有用な情報の多くはなんらかの対価を要求する。
ネットの情報を見るときは、時々“書き手がこの情報を提供することで、誰が得をするのだろう”と立ち止まって考えることも必要である。

なぜあんな立派な人がコロナやワクチンの陰謀論にハマるのか~複雑な世界を理解するときの落とし穴(1)

人間社会は複雑さを増すばかりだが、個としての人間はその複雑さをそのまま情報処理できるほど賢くない。そんな話をユヴァル・ノア・ハラリが書いている(『21Lessons』河出書房新書 2019年 16章「正義」)。
個体としての人間が情報処理できる関係性はせいぜい部族単位くらいまでで、それ以上の人数の関係性となるとお手上げだとハラリはいう。
人間が安定的な社会関係を保てる人数の上限をダンパー数(Dunbar’s number)と呼び、提唱者ロビン・ダンパーはその数を150人と見積もった。
Facebookでは「友達」として登録できる人数を5000人としている。やはり個人としての人間が関係性を把握できる人数に上限があるはずだという考えに基づいているのだろう。
 
この話の進行方向としては二つある。
一つめは、関係性の把握できる、安定した社会的関係性を保てる人数には有限だからこそ「正しい相手」を選んで付き合わなければならない、というゴールだ。この方向の話ならば「スモールワールド理論」やそれにインスパイアされたであろう映画『私に近い6人の他人(Six degrees of Separation)』(ウィル・スミス主演)を引用しつつ進むことになる。
もう一つは、理解できない複雑な社会の中で、我々個としての人間はどのように関係性を情報処理してるか、という話である。
今回は後者の方向性で話を進めたい。
 
さて、情報処理できないボリュームの関係性の中で人々はいかに関係性を情報処理しているか。
ハラリが正しければ、その方法は4つ。
 
①関係性のダウンサイジング 国同士の争いや内戦を、例えば敵の親玉と味方の親玉2人の対立として捉える。国際関係でいえば、例えば米中両国の対立と協働を、大統領個人と主席個人の対立と協働としてダウンサイズして理解する。
②複雑な関係性の中の、人間ドラマに注目 例えば格差や貧困、そしてその克服という構造的問題を、その中に生きる人の人間ドラマとして理解する。
③陰謀論 複雑な関係性をそのまま理解することが困難なので、モノゴトは誰かの陰謀として動いていると解釈する。グローバル経済はユダヤの陰謀だと言い出したり、ワクチンは大富豪の陰謀だと言い出したりする。
④政治的なドグマや宗教的な信条に身を委ねる 現実が複雑過ぎるゆえ、誰かが提供する強固な教義に従い世界を捉える。
 
最も大事なのは生き抜くこと、生きのびることなので(盲目的な生存への意志というのは生物の本質だと思うので、ここには疑いを挟まないこととする)、どのような方法をとって複雑な現代社会を理解しようと構わないが、ここにもまた落とし穴がある。

複雑な現代社会を生きる個としての人間が、世界を理解する上で上記の4つの方法を取りがちだということを悪用する者がいるのだ。

コロナ禍の中で特に目にすることがあるのが陰謀論だ。
なぜあんなに社会的地位がある人が、という人が得々と陰謀論を語ることがある(退職した部長さんとか)。
あるいは立派な大学に通っている大学生が過激な政治思想やカルト宗教のドグマに絡みとられることがある。
いずれも周囲は「なぜあんなに賢い人が」と不思議に思うが、ある意味で賢いからこそ陰謀論やドグマにはまるとも言える。
 
複雑な世界を複雑なまま理解することは、人間には許されていない。
それでもなお「わからない世界をわかりたい」という人間が、わからない世界をわかる(わかったような気になる)経路として、陰謀論という経路や強烈なドグマを通した世界理解という経路がある。
「わからない世界をわからないままにしたくない」というのが学びのモチベーションであるが、「わからない世界をわからないままにしたくない」という賢い人だからこそ、陰謀論やドグマにはまりこんでしまうのだ。
「わからない世界はわからないままでいいや」という人は、陰謀論やドグマとは無縁のまま、現世を楽しむのだ。
 
人間はまた、どっちつかずで白黒つかない『宙ぶらりん』の状況には耐えがたい。陰謀論やドグマに頼ってでも、「わからない」状態を「わかった」状態にしたいのだ。『宙ぶらりん』に耐えるには相当な知的スタミナが要る。
わからないことをわからないまま、それでもなおわかろうとするのが専門家である。
人間の脳みそのキャパでは、複雑な世界を複雑なまま理解することはできない、という話をしている。
大事な話だから繰り返すが、ハラリが正しければ人間は下記の方法でこの複雑な世界を理解しようとしがちだ。
 
①関係性のダウンサイジング
②関係性の中の人間ドラマに注目
③陰謀論
④ドグマやイデオロギーにのっとった理解
 
これらは無意識に行われるので、意図をもってそこにつけ込む人も出てくる。
 
たとえば湾岸戦争のときには油にまみれた海鳥を用意したり、15歳の少女をどこからか連れてきて人権委員会で涙ながらに証言させて世論形成を図った者がいた。ここらへんは上記②の心理につけ込んだ動きだといえよう。
あるいは「悪の枢軸」というレッテル貼りは③、「自由主義社会を守るための戦争」みたいなものは④につけ込んだプロパガンダともいえる。
何ものかのアピールによって自分の感情が過度に動かされたり、あるいは自分の世界理解が影響を受けそうになったら、一歩立ち止まって、どの手法が使われているか考えるとよい。
相手の使う手法をわかったうえでその話に乗るもよし、乗らぬもよし、そこはas you likeだが、無意識に他者の手法に振り回されるのもシャクだろう。
ぼく自身はあまりそうした手法を使うのを好まないが、あるいは上記①〜④の手法を使って他者に影響を与えることも出来る。
 
複雑に絡まった利害関係やしがらみを解きほぐして逐一説明し説得するより「あの組織のトップに一泡吹かせよう!」と仲間を鼓舞するほうが楽(手法①と②)だったりするし、格差と貧困みたいな話も構造的な話を延々とするより「こんなかわいそうな話があるんです!これをなんとかしなきゃ!」(手法②)とやったほうが人の心が動く。
陰謀論やドグマ、イデオロギーを振り回す人には近づきたくないが、斎藤幸平氏流にいえばSDGsだって④の手法といえる(「脱成長コミュニズム」もまた④だが)。
 
最低限いえるのは知らず知らずに誰かのカモにされるのは避けたいよねということで、そのためにはカモる側の手口を知っておく必要がある。
〈ゲームが始まって30分経って誰がカモか分からなければ、お前がカモだ。〉

【仮想記事】7月19日からワクチン接種数が急減した日本独自の意外な理由【仮想記事】

全国でのワクチン接種数、今週7月19日~7月24日の期間は少なめになるはずです。
これはファイザー社ワクチンの場合の2回目となる3週間後がお盆休みの時期になるためで、小規模の医療機関が今週は1回目接種を見送るから。
来週以降、「先週ワクチン接種が急減した理由」というコタツ記事もネットに出るはず。
というわけで【仮想記事】を書きました。
以下【仮想記事】
【仮想記事】
「ワクチン接種がここにきて急減した意外な理由」
急速に進む日本のワクチン接種。だが7月下旬に入り接種数が急減した。ワクチン不足だけではなくそこには意外なワケがあったー。
◯県の内科医、××医師はこう語る。
「たしかに7月に入ってワクチン不足気味です。
医師会のほうからも、ワクチン入荷のめどがつかないから予約をストップしてくれと依頼がきた。
ですが、ここへきてワクチン接種数が減少しているのにはもう一つ理由があるんです。8月の“お盆”ですね」
「コロナワクチンで大変なのは、副反応のリスクと予約管理です。
うちのクリニックはファイザー社のワクチンです。ファイザー社のワクチンの場合、1回目打つと3週間後に2回目打たないといけない。
この予約管理が案外やっかいです。
医学的にはきっちり3週間後でなくてもいいんですが、1人予約ずらすとドミノ倒しでほかの予約もズレます」
「日本の多くの地域で、8月15日近辺が“お盆休み”でしょう。コロナ禍で2年近く医療スタッフも走り続けて心身ともにヘトヘトです。休日返上の対応はもう無理で、“お盆”くらい休ませないと倒れます。
今週ワクチン接種1回目を打つと、3週間後はちょうど“お盆休み”になる。」
「患者さんも2回目が“お盆休み”期間になるというとイヤがる人もいるんですね。
オリンピックで22日、23日も休日になる。
では7月19日の週はワクチン接種控えよか、となったんです。
うちみたいなクリニックは多いから統計的にも7月19日の週は接種数が減ったんじゃないかな」
“お盆休み”の余波でワクチン接種が減るとは日本ならではの事情だが、それを除けばワクチン接種は順調に進んでいるようだ。
いかがでしたか?“お盆休み”が原因とは、日本ならでは事情ですね!読者のみなさんも安心してワクチン受けてみてくださいね!
そんじゃーね!
【仮想記事】
 
・・・・【仮想記事】はここまで・・・・
【仮想記事】、著作権放棄しますので“埋め草”が必要な編集部のかたはご自由にお使いください。 プロの矜持があるかたは、何倍も充実した記事をぜひお書きください。これぞプロの仕事!という記事、お待ちしております。

 

 

 

なんだろう。ウソつくのやめてもらっていいですか、週刊女性セブン『隠れ副作用死者はまだまだいる!』と近藤誠氏とYahoo!ニュース(改題)

『隠れ副作用死者はまだまだいる!』
おどろおどろしい文字が表紙に踊る。
週刊女性セブン2021年7月29日・8月5日号だ。
 
記事(p.154-155)の主は近藤誠氏。
がん放置療法で人心を惑わせたあとは、コロナで荒稼ぎするつもりだろうか。
 
近藤氏の主張の中にウソは少なくない。
近藤氏は高齢者はワクチンを打つメリットが一定程度あると述べたあと(ショッキングな見出しで釣っておいてこういうことも書くのが狡猾だよなあ)〈しかし20〜30代の若い人は若い人は別。その世代はコロナにかかっても重症化しにくい一方、ワクチンを打つと一定数が亡くなるはずです。ましてや10代やそれ未満の子供たちはコロナの死亡者がゼロですから、リスクを負ってワクチンを打つ必要はない。〉と書く。
 
だが10代ではコロナの死亡者がゼロというのは明らかに大ウソだ。
もしぼくがワクチンの副反応がゼロと言ったらウソですよね。 ならばコロナで10代の死亡者ゼロと言ってもウソですね(*)。
なんだろう。ウソつくのやめてもらっていいですか、週刊女性セブンと近藤誠氏。
 
ワクチンのリスクを声高に叫ぶなら、ワクチンを打たない場合のリスクと比較しなければならない。
たとえばコロナウイルスが遠い外国のごく限られた地域でだけ流行っているのなら、ワクチンを打てとは思わない。日本国内にいるなら黄熱病のワクチンを打たなくてもよいのと同じだ。
しかしご存知のとおり、コロナウイルスは世界のどこにいても感染リスクがある。これまたご存知の通り重症化や死亡のリスク、回復しても後遺症リスクがある。
 
ワクチン接種のリスクを述べる場合に、比較対象として言及のないまま、恣意的にワクチンを打たないでもコロナに感染しない状況のみと比較しているのが近藤氏の卑怯なところである。
ワクチン接種のリスクをいうなら、ワクチン接種しないでコロナに感染した場合のリスクと(も)比較するのが科学者として正しい姿勢である。
科学者として正しい姿勢をかなぐり捨てていたずらにワクチン忌避を招くなら、それはもう医者ではなくただのウソつきではないか。
 
近藤氏のようなウソつきを跋扈させてはコロナ禍はいつまで経っても収束しない。
コロナ禍が収束しなければ景気は冷え込むばかりで、週刊女性セブンに出稿している広告主各位はそこのところをよく考えて出稿していただきたい。
週刊女性セブンの反ワクチンのプロパガンダにあまりに腹が立つので、今号に出稿している広告主を全部晒してやろうかと思ったが、品がないからやめておく。
だがぼくは1973年生まれなので、いい加減な記事で人心を惑わす雑誌に対して最終的にどう対応すればよいかは『マルコポーロ』を見て学んだとだけ書いておく。

蛇足だが、この『釣り見出し』、エキセントリックな極論という週刊誌の問題、構造的な問題もあるかと思う。 自社プロパーの編集部員とかを整理しちゃって外部の編集プロダクションとかフリーのライターに雑誌作りを丸投げしてるから、長期的な雑誌の名声より超短期の売り上げを求める構造になってしまっていると思います。
(*)…

www3.nhk.or.jp

追記)週刊女性セブンの記事が7月18日にYahoo!ニュースで配信されたので改題しました。
若い世代は重症化しにくいってウソですよね。Yahoo!ニュースは7月17日のニュースで自分とこで若い世代も重症化リスクありって報じてるじゃないですか。24時間経たないうちに真逆のこというのってウソつきですよね。

なんだろう、ウソつくのやめてもらっていいですか、女性セブンと近藤誠氏とYahoo!ニュース。
山口先生に聞いた「変異株の猛威 若い世代にも重症化リスク」(九州朝日放送) - Yahoo!ニュース

職業人生後半で身に着けるべき4つの「見る目」とは。

ここのところ職業人生後半戦ということを考えている。
職業人生後半戦で養わなければならないものに4つの「見る目」がある。
 
「人を見る目」
「社会を見る目」
「未来を見る目」
「己を見る目」
の4つだ。
 
まず大前提として、いちプレイヤー、いちソルジャーとしての能力は残念ながら頭打ち、徐々に衰えていくだろうということがある。
少なくとも体力は落ちるし、体力の低下に伴い判断力や思考力の、少なくとも反射的な、スピードというものは落ちてくる。
いちプレイヤー、いちソルジャーしての能力キープの努力はするとして、上記の大前提を踏まえると、職業人生後半戦はいかに他の人、特に自分より若い人に仕事を振っていくかが大事になる(なりつつある)。
そうすると誰に仕事をお願いするとうまくいくのかという「人を見る目」を養わなければならない。
 
そしてまた、社会という装置の、どのボタンをどう押せばコトがうまくいくかを知らなければならない。
一つの成果を出すにもいろいろやり方があるし、うまく話を持っていけばすいすいコトが進むが、ボタンを押し間違えると労多くして成果なしということもある。
だから装置として社会を捉え、「社会を見る目」も養う必要がある。
 
さらには何かを為す時にそれが世の中を良くし、より良い未来を作り出すものでなければならない。
「仕事とは世の中を良くするためのもの」ということを所与の条件、自明の理としているが、そこには疑問を挟まないこととする。
より良い未来を作るために要所要所で他の人の力を借りながら、社会という装置の正しいボタンを押してゆく。
そのためにはやはり何が良い未来か知らないといけないから、「未来を見る目」も養わなければならない。
 
そしていつの日か自分がいちプレイヤーいちソルジャーとして使い物にならなくなる日が来る。
あるいは変なふうに権力を持ってしまって老害化するかもしれない。
そうならないように、そしてもしそうなったら身を引けるように、「己を見る目」もまた、養わなければいけない。
 
「人を見る目」、「社会を見る目」、「未来を見る目」、「己を見る目」。
その4つの「見る目」を養うのに最適なのが古典を学ぶことだと思う。
人類に長らく読み継がれてきた古典には、4つを見るヒントが豊富に含まれているのだ。

インプットも大事、アウトプットも大事。しかし最も大事なのは思索である、という話。

インプットは大事だ。
アウトプットも大事だ。
だがインプットとアウトプットの間にあるプロセシング、人間で言えば思索というものの大事さは、近年軽視されているように思う。
 
良質なインプットのためには、意識的に時間を取らなければならない。
良質なアウトプットのためにも、意識的に時間を取らなければならない。
そしてまた、良質な思索のためにも、意識的に時間を取らなければならない。
 
古来より「三上」、すなわち馬上・枕上・厠上というように、実は思索にはスキマ時間がよく似合う。
「さあ思索するぞ!」と意気込んでしまうと思索は硬直し萎縮する。
自由にのびのびと思索を遊ばせるためには、三上くらいの感じがよいのかもしれない。
あるいは三上くらいの状況でも思わず思索してしまうくらいの重要性のあるテーマでなければ、思索する価値がないということなのかもしれない。
 
上記の三上にならい、ぼくは毎朝の通勤電車の中の時間を思索にあてている。
朝の最も良い時間を思索に当てることのできるライフスタイルは、自分に合ったものだとひそかに気にいっている。
この時間に思索したことが、仕事の仕方や生き方に大きく影響を与えることもある。あまりに思索に夢中になり過ぎて、時を忘れることもある。
 
先日もまた、「アイリスオーヤマのアイルランド支社は、やはりアイリッシュオーヤマというのだろうか」と思索してるうちにふた駅ほど乗り過ごした。
No pain, no gain。何ごとにも、代償は必要なのだ。
 



石川 勇、村上 恒太、他4人
 

コロナワクチン接種、65歳未満も打てる人打ちたい人はとにかく早くと煽る理由。

自治体によってまちまちですが、いよいよ65歳未満のかたのワクチン接種が本格化します。

www3.nhk.or.jp


64歳以下 ワクチン接種 14区で6月末までに開始見通し 東京23区 | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース

65歳以上の方々の接種を行っていますが、「かかりつけ医でなかなか予約とれない」「役所が接種券送ってくれない」等々のご不満もよく聞きます。いちいちごもっともです。

ですが、自分の身を守るのは究極的には自分だけなので、まずは礼節をもちつつ役所に問い合わせるというアクションをお勧めしています。

自治体によって違いますが、早めに接種券を送ってくれるところもありますし、厚生労働省のほうではワクチンを余らせないために、接種券が無くても打つようにという通達が5月25日に出ています(実際の運用は各自治体や各病院の裁量ですが)。

000784454.pdf (mhlw.go.jp)

煽って申し訳ありませんが、 コロナワクチン打てるかたは出来るだけ早く打って下さい。大規模会場ならすぐ予約できるはずです。
大規模接種センター 対象を全国に拡大 電話での受付も開始へ | 新型コロナ ワクチン(日本国内) | NHKニュース

www3.nhk.or.jp

 

ワクチンがフルに効果を発揮するのに約5週必要です。

ファイザー社のワクチンの場合、初回から3週後に2回目、2回目接種から約2週でフルパワーの効果を発揮します。一回だけでも少しは効きます。

1回目のワクチン接種後、12日ほどで効果 感染研分析 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 

なぜこんなに早く打てと煽るかというと、5週後には五輪で海外から人とウイルスが日本に入国するからです。人の出入りが多くなれば一定の確率で変異型ウイルスも入ってきます。12月には外国の報道機関の記者が変異型を持ち込みました。

人の出入りが増えるというのはそういうことです。
ロイター記者、待機期間のパーティー参加でコロナ変異株が感染拡大(文春オンライン) - Yahoo!ニュース

打てる手は全部打っておくことをお勧めします。
ワクチン接種後も感染リスクはゼロにはなりませんので、引き続きマスク使用や手洗い、三密回避も強くお勧めいたします。