「グローバリストはそのうち絶滅種になるかもしれない」とブルームバーグ

「グローバリストはそのうち絶滅種になるかもしれない」とブルームバーグ(2020年3月16日配信)。

 

グローバリズムがよって立つリカードの「比較優位」「自由貿易」の話は、完全雇用を前提とし、各国の発展度のちがいや政治的要素を勘定に入れていない(物理の問題の〈ただし摩擦係数は0とする〉みたいなものだ)。
だが現実には、アメリカで使われる医薬品の多くの部分は中国やインドの生産能力に負っているし、新型コロナ禍のような事態では、自由貿易の効率性は国家や社会の脆弱性と引き換えになっていることがあらわになった。

 

実際、今回のコロナ禍では、国家の力というのを再確認した者も多いと思う。
多国籍企業が持つパワーがいかに大きいとはいえ、全国の学校を一斉に休校にしたり、1000万都市を封鎖したり、海外との人の往来を制限したりする権限はない。

 

いまの勢いなら、国際的な医療安全に貢献するという名目で、いつの間にか鎮火したパナマ文書問題・タックスヘイブン問題にカタをつけたり、トービン税みたいなアイディアを持ち出して、課税を回避する多国籍企業に薄く広く課税することも国際世論的には可能かもしれない。
新型コロナ禍により国家主義者が息を吹き返すのかも。

 

グローバリズムがシュリンクして国家主義が元気づくとして、それが多くの人の幸せにつながる結果なら歓迎すべきかもしれない。
もちろん、グローバリストは冷酷で、国家主義者は凶暴だ。だがしかし、イデオロギーによって結果のよしあしが変わるわけではない。

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

医者とバイアスージェローム・グループマン『医者は現場でどう考えるか』より。

ここのところ、バイアスについて考えている。

 

www.hirokatz.jp

 

 

www.hirokatz.jp

 

 

人は誰も、バイアスから自由にはなれない。
バイアスは、人間が危険を察知し瞬時に判断して行動するために発達したものだ。だからバイアスが常に悪者とは限らないし、もし我々が「自分にだけは確率を越えて良いことが起こる」という当事者バイアスを持たなければ、おそらく人生に絶望して衰弱死するだろう(この部分、友人Oとの対話による)。ぼくらが宝くじを買ってワクワクするのも合コンに行くまでの間にドキドキできるのも、こうした当事者バイアスのおかげである。当事者バイアス無しでは、人生はずいぶんつまらないものになるだろう。合コンのあとの反省会も盛り上がらないし。

 

そうは言っても、プロにとってはバイアスは要注意だ。
プロのギャンブラーはツイてるとかツイてないとか思い込みバイアスは極力排除し、淡々と、まるで仕事のように勝負すると聞く。その日予定している勝ち額や負け額に達するとあっさり賭場をあとにして翌日に備えられるものだけが、長いことギャンブルを生業とできる。

 

ぼくの生業は医者稼業なので、自分の仕事がどのようなバイアスを内包しているかを知っておく必要がある。
ジェローム・グループマン『医者は現場でどう考えるか』(石風社 二〇一一年)によれば、バイアスによる医者の判断エラーにはさまざまなものがある。
病気の典型像に判断が引っ張られすぎる「代表性(レプリゼンタティヴネス)エラー」(上掲書 p.52)、患者がネガティヴなステレオタイプと一致したときに起こる「属性(アトリビューション)エラー」(同 p.53)、望ましい結果を好み、不都合な結果を嫌うがゆえに起こる「感情によるエラー」(同 p.55)などなど。

 

それぞれのバイアス、判断エラーに対する警告や対策も存在する。
「代表エラー」に対し、ある救急医がこんなツイートをしている。
「我々が判断ミスするのは、珍しい病気が典型的な症状で受診したときじゃない。典型的な病気が珍しい症状で受診したときだ」
「属性エラー」に対しては、「病人を見るな、病気を見よ」。これは、その人が金持ちだとかそうじゃないとか、エラい人だとか犯罪者だとかという属性を見ると判断ミスをするから、ただひたすらに病気のことだけを真摯に見よ、ということだ。
「感情エラー」は、自分が思い入れを抱く相手に関しては現実以上に楽観視したくなるから起こる。医者が自分の家族の手術をしたがらないというのはこの理由による。

 

ミスをもたらすバイアス、判断エラーを最小化するには、バイアスを意識化し、よく考えて、決められた手順で仕事をするのが肝要だ。

 

グループマンは、上掲書の最後にこう述べている。
〈よく考えるには時間がかかるということは、絶対的な真理だ。性急に仕事をし、やるべき作業を端折ることは、認識エラーへの最短距離である。〉(同 p.288)

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

新型コロナ、バイアス、『ファクトフルネス』。

〈(略)瞬時に何かを判断する本能と、ドラマチックな物語を求める本能が、「ドラマチックすぎる世界の見方」と、世界についての誤解を生んでいる。〉(ハンス・ロスリング他『ファクトフルネス』日経BP p.23)

 

バイアスの話。
テラスと美食をこよなく愛する敏腕ビジネスマンKさんが同書と新型コロナについて書いていたので触発されて書く。

 

ハンス・ロスリングは、人間が持つ「ドラマチックすぎる世界の見方」にはさまざまな要素があると指摘した。
上掲書より列記する。

 

・分断本能 「世界は分断されている」という思い込み
・ネガティヴ本能 「世界はどんどん悪くなっている」という思い込み
・直線本能 「世界の人口はひたすら増え続ける」という思い込み
・恐怖本能 危険でないことを、恐ろしいと考えてしまう思い込み
・過大視本能 「目の前の数字がいちばん重要だ」という思い込み
・パターン化本能 「ひとつの例がすべてに当てはまる」という思い込み
・宿命本能 「すべてはあらかじめ決まっている」という思い込み
・単純化本能 「世界はひとつの切り口で理解できる」という思い込み
・犯人捜し本能 「誰かを責めれば物事は解決する」という思い込み
・焦り本能 「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込み

 

人間には、こうした10の思い込み=バイアスがあるとロスリングは言う。こうしたバイアスにとらわれたままでは精神衛生上よくないし、ファクトに向き合うことでバイアスから自由になれると説く。
そのために大事なことがこの本には詰まっている。

 

ぼくが一番気に入っているのは、次世代の子どもたちにどうしたらファクトフルネスを教えられるかを書いたパートだ。

 

〈(略)
●世界は変わり続けていることと、死ぬまでずっと知識と世界の見方をアップデートし続けなければならないことを教えよう。

なによりも、謙虚さと好奇心を持つことを子供たちに教えよう。〉(上掲書p.316)

 

新型コロナウイルスでも、次から次へと新しい事実が判明し、状況はどんどん変わっていく。
ぼく自身も、極めて早期に「武漢で新たな感染症が報告されている。これは全世界的なパンデミックが起きるかもしれない」と警鐘をIさんが鳴らしたときにはピンときていなかった。

 

今日もまた、新型コロナに関して多くの言説が撒き散らされるだろう。情報の洪水とそれによる社会的混乱を、世界はインフォデミックと呼ぶようになってしまった。
最低限わかっているのは、わからないことがたくさんあること、わかり始めたこともたくさんあること、そして世界は変わり続けていることくらいだろうか。
だから、どこかの「有識者」や「専門家」がさも私だけは最初から全部わかってましたみたいなことをテレビで言い始めたら、「神様にでもなったつもりかい?」とでもつぶやきながら電源を切るのがよろしいのかもしれない。

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

バイアスから自由になることはとても難しい、という話。

「目の前の模擬患者さんが南極観測隊に行くとして、シミュレーション問診してください。では、はじめ!」
ずいぶん前に参加した、医者向けのとあるワークショップでの光景である。誰かを不用意に批判する意図は無いので、少し状況を変えて書く。

 

ワークショップは極地での医学に関心のある様々な科の医者向けの者で、バックグラウンドはさまざま。
耳鼻科医もいれば外科医もいるし、心臓専門の医者も、肺や呼吸が専門の医者もいた。

 

ある程度経験が長くなると、自分以外の医者の診察過程を直接見ることは少ない。ましてや自分と別の専門の科のドクターの診察プロセスを見る機会はほぼ皆無と言っていいだろう。

 

冒頭に戻る。
「目の前の患者さんが南極観測隊に行っていいか、医学的に可否を診断してください」
ファシリテーターの突然の言に、会場が静かにざわついた。事前に知らされていない、抜き打ちの模擬診察だったのだ。
「では、そちらのセンセイ、前へどうぞ」
司会に促され、呼吸器内科医が前に出る。
「じゃあやってみて。私が患者さん役やりますので、問診してみてください」
司会者が言う。

 

「…ええと…えー、ふだん咳とか出ませんか?持病に喘息は…?」
戸惑いながら、呼吸器内科のドクターがきく。

 

模擬診察がひとしきり続き、次の医者の番になる。
「もともと、鼻は悪いですか?」
耳鼻科医がきく。
「脈とか飛びませんか?ふだん血圧は高くない?」
次に呼ばれた循環器科医はそう切り出す。
「手とかしびれたことはない?力が入らなくなることは?頭痛や意識無くなったこととか?」
その次の脳外科医はまずそう聞いた。

 

ぼくはそれを見ながら、人間というのはこんなにも自分の専門分野に引きずられてモノを見るのかとある意味で感動した。
「目の前の患者さんが南極観測隊に参加して良いか医学的に判断を下す」というミッションは同じなのに、誰もがみな、知らず知らずのうちに自分の得意分野で勝負しようとする。バイアスのかかった目でモノを見て、バイアスのかかったアタマでジャッジしようとする。そして、夢中になればなるほど、自分にバイアスがかかっていることを忘れる。

 

バイアスから自由になってモノを見、モノを考え、ジャッジして、話したり書いたりするのはとてつもなく難しい。
完全にバイアスから自由になるのは正直言って人間にはムリだとすら思う。
せめて出来ることと言ったら、自分にどんなバイアスがかかっているか意識すること、どこまでそのバイアスが自分の言動に影響しているかときどき確認すること、それから誰かが何か言ったらそれを鵜呑みにせずに、そこになんらかのバイアスがかかっていないか健全に疑うことくらいだろうか。

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

新型コロナウイルスに関するインチキ情報・嘘・デマや釣り情報に惑わされないために。

新型コロナウイルス騒動で改めて痛感するのが、インチキ情報・嘘情報がこんなにも出回るのか、ということである。

たまたま自分の専門分野だから気付くというのは大きいが、こうしたインチキ情報・嘘情報にだまされないようにするにはどうしたらよいか。

 

凶刃に倒れたネットウオッチャーのHagex氏は、著書『ネット釣り師が人々をとりこにする手口はこんなに凄い』(アスキー新書 2014年)でインチキ情報やデマ、創作話ー「釣り」ーの見破りかたをこう書いている。
<この文章がすべて本当だったらどうなのかというチェック方法ーすべての文章は「真実」だと思って読んでいこう>(上掲書 p.69-71)。

 

怪しい情報・怪しい文章は、人目を引くことを優先して作られているため、文章内の情報すべてを「真実」として丹念に読んでいくと矛盾やほころびに気づくことができる。もともとがいい加減な情報を寄せ集めて作られている文章では、文章内で整合性がとれていないのだ。
だから、怪しげな文章に書かれたことすべてをいったん「真実」として読んでいくことで、自分の専門分野でなくてもその文章がおかしいと気付くことができる、というのがHagex流である(*)。

 

今回の新型コロナウイルス騒動の中で見られているデマ、釣り情報として
・新型コロナウイルスは生物兵器(デマ)
・新型コロナウイルスの検査をしないように政府が医療機関に圧力をかけている(デマ)
・大病院では自前で(新型コロナウイルスの)PCR検査を隠れてやっている(デマ)
・新型コロナウイルスは27~28度のお湯で死ぬ(デマ)
というのがある。

 

Hagex氏流の読み方をしてみる。
「新型コロナウイルスが生物兵器(デマ)」が本当ならば、殺傷能力があまりに低すぎる。
「新型コロナウイルスの検査をしないように政府が医療機関に圧力をかけている(デマ)」が本当ならば、検査が必要な医療機関は、アメリカかどこか海外に検査を発注しているはずだ。
「大病院では隠れて新型コロナのPCR検査をやっている(デマ)」が本当ならば、こんなにPCR!PCR!と希望している人がたくさんいるのだから、どこかの病院で大々的に「当院ではご希望のかたにPCR検査やってます!特価〇〇万円!出血大サービス!」とかやりだすだろう。
「新型コロナウイルスが27~28度のお湯で死ぬ(デマ)」が本当ならば、27~28度のお湯よりも温度の高い37度前後の体温でイチコロのはずだ。

 

非常に残念ながら、これからも次々とインチキ情報・デマ・釣り情報は流通すると思う。
そうしたインチキ情報・デマ・釣り情報に出くわしたときは、どうか一歩立ち止まって、「もしこの情報が本当だったら、どんなことが起こるだろう?そこに矛盾はないか?」と読んでいただき、あわてて拡散することなどないようにしていただければ幸いである。

 

*この段落のみ、2016年11月22日自ブログ『ネットウォッチャーと読む週刊ポスト <「塩分を減らせば血圧下がる」はやっぱり間違いだった>はやっぱり間違いだったー医療情報リテラシーの鍛え方①』のコピペ)

 

www.hirokatz.jp

 

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

新型コロナウイルスに対する社会不安を可視化するため「マスク指数/マスク・インデックス」を提案する。

新型コロナウイルスが怖くないとは言わないが、新型コロナウイルスに対する社会不安のほうがもっと怖い。
社会不安が強ければ消費が冷え込み経済は縮小し人心が乱れる。
社会不安が強いか弱いかを可視化するため「マスクindex」というのを考えてみた。

 

通勤電車などで、周りの人がどれくらいマスクを着用してるかを社会不安の指標とする。

 

もちろん電車によって場所によって状況は違うし、花粉症などほかのファクターもあるから、学問的厳密さは低い。

上記の前提のもと、3月4日の「マスクindex/マスク指数」は11/13だった。

f:id:hirokatz:20200305132345p:plain



ほんとは画像解析技術使って毎日この光景の「マスクindex」はかると有用だと思うのだが、技術力のあるかた誰かやってみていただきたい。

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

新型コロナウイルスに対する言説を5つに分類・整理して考える。

新型コロナウイルスに関し、さまざまな言説が飛びかっている。頭を整理するために、いくつかに分けて考える必要がある。複雑な事情は単純なものに切り分けて扱え、というのはデカルト以来の鉄則だ。

 

新型コロナウイルスに関して
①一人の個人についての医学的な面
②社会全体の公衆衛生としての面
③社会不安、パニック
④経済活動の阻害要因
⑤国内国外への政治的要素

 

と切り分けて別々に論じる必要がある。もちろん①〜⑤は地続きで相互に連関した重層的なものだ。しかしいっぺんに論じると変数が多すぎる。実験(思考実験も含む)をするときには、変数を一つにしぼり、ほかの条件は統一しなければならない。

 

①についてわかっていることは、
・8割は軽症で済む
・症状を出さずに治っていく人も多数いるはず
・高齢者は重症化リスクあり
・特効薬はまだない
・予防は手洗いなど
である。

 

②について
・感染力はけっこうある
・人が集まる場所で感染拡大しやすい
・感染した人がほかの人にうつさないためには、隔離が有効。せきやくしゃみで広がるので、マスクなどで唾液が飛び散るのをブロックするのはある程度有効

 

③について
・中国で発生したため、中国出身者などに心無い対応が見られた。日本だけでなく、欧州ではアジア人に対し心無い言葉が投げかけられるなど、ゼノフォビア的なものを誘発しかねない
・先週あたりからデマが急速に出回りはじめ、日用品の買い占め転売なども起きている
・唐突に全国の学校休止が決まり、混乱が生じている

news.yahoo.co.jp

④について
・会合・イベントなどの中止により、消費がめちゃくちゃ冷え込みはじめた
・勤務者がコロナウイルス感染していることがわかって営業停止となったりする工場や事業所が出て、生産も落ち込みはじめた
・学校休止により出勤できない子育て世帯もいるはずで、そのぶんも生産が落ち込む
・先行き不安から株式市場も悲観的に反応
・2月3月の生産・消費の落ち込みが売り上げや給与という形で数字として顕在化するのは4月以降。その結果を受けてその後の消費も冷え込む
・少なくない中小企業が「手仕舞い」する可能性あり

 

⑤について
・政権がどう対応するか、その対応がどう評価されるかを予想しながら、政治分野のプレイヤーはポジションを決めていく必要がある。
・もし政権の対応が高評価を受けるとすれば、政権寄りのポジションを取ったほうが新型コロナ禍が収まってから有利
・もし政権の対応が低評価を受けるならば、早めに批判的なポジションを取ったほうが有利
・政治がらみの発言ではないが、今回の新型コロナ禍のなか、バランスのとれた良質の発信をしている政令指定都市の首長は、高い評価を得ている。信頼性を増すことは当然ながら長い政治キャリアの中でプラスに働く
・「悪者探し」や「陰謀論」に乗った政治的発言は、短期には耳目を引くが長期にはマイナスと思われる
・国際政治では、新型コロナ禍をどう乗り切るか、オリンピックをどうするかで我が国の国際的ポジションが変わってくる。
・③のアジアフォビアの顕在化と④の日中両国の経済活動停滞が長引けば、欧州や米国などでのアジアのプレゼンスが変わってくるかもしれない。以前からくすぶるグローバリズムへの疑問視とあわせ、結果、地域内や人種・文化を共有する者同士のアライアンスが強まり、「新・ブロック経済」みたいな話になるかもしれない。
・「グローバリズムが感染症を米国に引き入れた。シリコンバレーやウォール街のグローバリストたちのせいで、ウイルスは入ってきて、国富は出て行った。俺がメキシコ国境との間に壁を作れと言ったときにバカにした奴らが今はウイルスにおびえている。メイク・アメリカ・グレート・アゲイン、モア・アンド・モア!」とか言ってトランプ氏が吠えるかもしれない

 

①から⑤までは連関してドミノ倒しのように進む。
特にめちゃくちゃ深刻なのは④の経済的側面で、相当に傷が深くなるのではないかと懸念している。今は③と④をいかにうまくコントロールするかが課題かと、個人的には考えている。

 蛇足だが、今やるべきでないのは「悪者探し」と「陰謀論」。やるべきなのはがんばった人への激励。
というわけで勝浦ホテル三日月に敬礼。

headlines.yahoo.co.jp

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版