◯◯という食べ物でコロナがおさえられるかも、と××大学が研究を発表」というニュースを見ると悲しくなる

誰かをdisりたいわけではないのだが、「◯◯という食べ物でコロナがおさえられるかも、と××大学が研究を発表」というニュースを見ると悲しくなる。
英米は物量とスピード感でワクチンを開発してバンバン打って感染を減らしている。
日本はいつまで「おばあちゃんの知恵袋」みたいなこと言ってるんだろう。
 
アメリカは物量とスピードで、イスラエルは知恵で、中国は強権でウイルスを抑え込もうとしている。
ウイルスという大自然に、人間の小手先では勝てない。
奇襲戦法や逆転の秘策や小兵が大敵を必殺技で倒すとかはないんです。正攻法でゴリゴリ押していくしかコロナ制圧の道はない。
 
慌ててつけくわえると、超早期に「三密」概念を樹立し周知したのは日本の公衆衛生の素晴らしい成果です。あれでどれだけの感染が防げたか。
また、ワクチン大事ですがもっともコスパのよいのは手洗い、マスク、三密回避なのは絶対的な真理とおもってます。
 
「三密」概念の樹立と周知はほんと素晴らしくて「たくさんの人に感染させるウイルスのタイプや人がいるんじゃない、感染拡大しやすい場所や状況があるんだ!そこをたたけばいいんだ!」とあのスピードで発見して政策化したというのはほんとにすごい
未知の病気と人類が遭遇したのが2019年12月末、それからたった1,2ヶ月で概念を発見し政策化して周知した、驚異のスピードでした。
 
また、産業支援などの補助金等の政策も、日本では今まで比べて驚異的なスピードで実施されたと感じています。ふりかえってみると2020年2月時点にはもう各種補助金とかが使える体制になっていた。申請も驚くほどシンプル。
無謬性神話に基づく日本の行政の動きとしては驚異的な速度だったかと思います。裏でたくさんの人の不眠不休の努力があったはずで、いつの日か城山三郎『官僚たちの夏』的に、コロナ克服の行政、医療分野等の人々の働きが作品化されるとよいなあ。
 
話を戻します。
ハンス・ロスリング『ファクトフルネス』の言い方を借りると、「日本はこれまでコロナ対策をうまくやった」という事実と、「日本はこれからコロナ対策をさらにうまくやる余地がある」という事実は両立します。
で、後者に関しては、ゴリゴリ物量と合理性で押していくべきかなーという話です。
んで、蛇足なんですけど冒頭の話に戻ります。大学関係者とかは1億パーセント今さらだとは思うんですが、冒頭のような「おばあちゃんの知恵袋」みたいな研究ばかり出てくるのは、大学などの研究機関に十分研究費がまわってこなくて、企業とコラボして研究資金獲得せよみたいな世の中にしてしまったせいだと思っています。少なくとも研究に関しては「選択と集中」で資金を絞るのはまったくの間違いで、幅広く研究資金を出していないと、国が滅びます。

研究者は研究者でサバイヴしなければならないので、個々の研究者をdisる意図はまったくありません。
ただ、「おばあちゃんの知恵袋」みたいな研究ばかりが出てきてしまうのは、やはり大学への研究資金をしぼっているせいで、大学側はやむなく食料品メーカーとかとコラボして、「〇〇という食品が××に効くかもしれないし効かないかもしれないということが、マウス6匹の研究から明らかになった。今後の研究に期待」みたいなかたちでプレスリリースしないといけない状況に追い込んでしまった政策のミスだと思います。
大学の研究資金問題の話はあくまで仮説ですけども、そんなに間違っていないんじゃないかなあと思います。ぼくの専門分野でも「○○という食べ物が認知症に効くかもしれないし効かないかもしれないということがマウス6匹であきらかに・・・」みたいなニュースが目につきます。

あと、「おばあちゃんの知恵袋」的な話ばかりがニュースに取り上げられるのは、典型的な「自転車置き場の議論」ですね。

psychology.nerim.info

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

ぼくが(過度の)謙遜をやめた理由 「自分を虫けらだと思うヤツは 踏みつけられる」(フランスのことわざらしい)の話。

2020年に一つやめたことがありまして。
それが「(過度の)謙遜」です。
 
たまたまおほめいただいたりした場合に、明らかに事実と異なるのでなければ、(過度の)謙遜をするのはやめようと思いました。
ほめていただいた場合に「いえいえ私なんてたいしたことないです」と言いすぎると、ほめてくださった方の見る目を否定することになります。あまり謙遜されるとほめてくれたかたとの会話も気まずくなる。また、「私なんてまだまだです」と言いすぎると無意識のうちに自己評価が下がってよろしくない。
 
フランスのことわざに、
「自分を虫けらだと思うヤツは、
  踏みつけられる」
というのがあるそうで、自己卑下も自信過剰もいいことないですね。自己をありのままに評価するというのが大事ですね。難しいけど。
(フランスのことわざの原文をご存じな方教えてください)
 
(過度の)謙遜をやめたかわりに使うようになったのが「(おほめいただき)光栄です」という言い回し。
それまであまり使ったことのなかった言い回しでしたが、中国語会話のテキストで見かけて「そうだよな、こう言えばいいんだよな」というふうに思って使っています。
「光栄です」という言い回し、使ってみると悪くない。
 
というわけで、これからは安心してじゃんじゃんほめてもらって大丈夫です!

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

福田秀『STAND UP START』に学ぶ「超回復思考」のワナ。

〈俺はね
超回復思考って呼んでるんだけど〉
〈苦しんだ分だけ結果が出る
そう思い込む思考のこと
炎天下の中 水を飲まないトレーニングのほうが効果がある
麻酔を使わない出産の方が愛情が深まる
死に物狂いで勝負に勝てば1億5千万手に入る
不安が根拠を欲しがる〉
〈対価と代償
対価に代償はつきものだけど
必ずしも代償に対価は伴わないのに ねぇ?〉
(福田秀『STAND UP START』第2巻 YOUNG JUMP COMICS)
 
スタートアップ企業支援、起業家たちのストーリー漫画『STAND UP START』の中の一節だ。
まさに僕ら人間の陥りやすい思考のワナを示していると思う。
テキストのイラストのようです
何か成果や対価を得るには代償が必要だ。simply say, no free lunch.
だが、多くの代償を払ったからと言って多くの成果や対価が得られるとは限らない。あるいは同じだけの成果や対価を得るのでも、少ない対価で済む場合もあるしたくさんの対価を払わなければならない場合もある。
 
文字に書けば当たり前に思えることでも、実際の生活となるとすぐに超回復のワナに落ちる。
「これだけ頑張ったんだから成果は出るはず」とか「苦労は必ず報われる」とか「我慢すればいつか報われる」とか。
 
頑張りや苦労、我慢は大事だ。
しかし頑張りや苦労や我慢の総量と対価や成果がいつもイコールとは限らない。
徒労、という恐ろしい言葉もある。
 
なぜ人間が(主語が大きいが)こうした超回復思考のワナに陥ってしまうか、居酒屋談議レベルで考える。それにしても行ってないねー居酒屋。コロナ禍が終わったらレモンサワーと唐揚げ頼むんだ。
 
えーと超回復思考。
居酒屋談議レベルの話だが、これは世の中がはるかにシンプルだった時代の名残りではないかと思っている。素手で獲物を狩ってた時代の。
素手で獲物を狩ってた時代なら、支払う代償や犠牲と成果・対価は1対1対応だったかもしれない。
しかし誰かがヤリを作ったりそれこそワナを作ったりして、少ない代償で大きな成果を上げられるようになった。
そうすると成果を得る方法がいく通りも出来て、どうしたら少ない代償で大きな成果を得られるか考える余地が出来た。
 
しかし人間というハードウェアにはそうしたいく通りものやり方からチョイスする思考方法がプリインストールされていないから、不安や恐怖などといった感情にとらわれると先祖帰りしてしまうのではなかろうか。
要は人間の初期プログラムには超回復思考という落とし穴があり、「このやり方しかない」とか「犠牲を払えば成果は得られる」とか「いま我慢すればあとで必ず報われる」とかいう考え方になって、「もっと良いやり方があるんじゃないか」と思えなくなった時はたいてい心の余裕が無くなったときだから要注意だ、という話である。
 
皆さま、良い週末を。

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

現在発売中の『週刊プレイボーイ』3月8日号に、コロナ禍での病院経営についてコメントさせていただきました!

現在発売中の『週刊プレイボーイ』3月8日号に、コロナ禍での病院経営についてコメントさせていただきました!よろしければぜひお読みください。取材してくださった編集部の皆様、貴重な機会をありがとうございます。1人の画像のようです

 

 

なぜアメリカの国際便クルーはベテランぞろいか。あるいはストリート・ナレッジの話。

〈わたしは忘れるから、書こうとするのだ。
後から、情景も、感動も、においすらも、思い出せるように。つらいことがあったら、心置きなく、忘れてもいいように。〉(岸田奈美『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』小学館 2020年 p.117)
 
いつか書いてみたいということがあって、たわいのない日々のことだけれど、書いてしまおうと思う。すべて忘れてしまう前に。
 
「うちマズいですよ。帰ったほうがいいよ」。
料理屋に入ったとたん店主にそう言われた。そんな経験は後にも先にもこのときだけだ。2000年10月の2日ころ、午後6時前だったと思う。
それがKさんとの出会いだった。
 
ぼくは空港と古い寺のある街の病院に赴任したばかりで、知らない街で飯でも食べようとその店のドアを開けたのだった。
今なら「ああ、そうすか。すみません」と退散するところだが、若さゆえの図々しさ、「それでもいいから、一杯だけ飲んでもいいですか」と席に着いた。
カウンターの一番ひだり端、鉄板の前に座った。
 
「うちのメニューはこれだけ」。Kさんが示した。
ビールorコーラ1杯(普通サイズ)+ビュッフェ(ギョーザ、チキン、ポテト、ベイクド・ベジタブル:食べ放題)1500円。
ビールorコーラ1杯(エクストラ・ラージ)+ビュッフェ(ギョーザ、チキン、ポテト、スチームド・ベジタブル:食べ放題)2000円。
なぜか英語メニューだけ。
 
「お客さん、なんでこんな店なんか来たの?」
どこまでもアンチ・ウェルカムな感じでKさんがビールを出してくれた。鉄板に、火を入れる。
 
ぼくはこの街の病院に赴任したばかりなこと、この街で夕飯を食べられるような店を探していることを話した。
「ふーん、あそこの病院に来たんだ。じゃあ“センセイ”だね」
店主は、冷凍庫から業務用の大量の餃子の袋を出して、ガラッと鉄板にコチコチの餃子を乗せて、ドーム状の蓋をかぶせた。
 
程なくして、ドカドカと団体客が入ってきた。
騒がしく陽気な一団。背が高く、金髪碧眼のso called,“ガイジン”。
次もまた、陽気な団体。これまたyou know,“ガイジン”。あっという間に、店内は「欧米」になった。
「ウチはね、国際線のクルー専用の店なんだよ」
Kさんは言った。

「航空会社によって違うんだけどさ」
鉄板で野菜を炒めながらKさんは言った。
 
「BAとかさ、日本に着くと現地滞在費としてお金渡されるわけ。お小遣い、だね。ヨーロッパ系は現地払い、アメリカ系は給料にコミコミだったりするんだけど」
20年以上前の話で、ウラも取ってないので割り引いて読んでいただければ幸い。
 
「で、若いクルー、スチュワードとかスチュワーデスとかは、その現地滞在費持ってこの街と六本木往復する貸し切りバスに乗って六本木とか遊びに行くわけ。体力もあるからさ。
でも家族持ちのベテラン・クルーとかは疲れるしカネもかかるからさ、空港のあるこの街でまったりビール飲みながらセイブ・マネーするわけ。
で、ウチの店はその人たち用。」
野菜炒めにまたもや蓋をしてKさんは言った。
 
「よくオッサンがさ、国際線乗って“アメリカの飛行機は若いスチュワーデスがいない”とか文句言うじゃん。あれ当たり前なんだよね。
スチュワーデスとかクルーはさ、会社とひと月に何十時間フライトするって契約するわけ。で、アメリカとかは組合が強いから、一回フライトすると10何時間デューティがこなせる国際線はベテランクルーが優先的にシフト持ってくわけ。若いスチュワーデスとかは組合加入歴が短いから、アメリカの国内線でいちフライト数時間をちまちまこなさなきゃならない」
Kさんが教えてくれた。ほんとかどうかは知らない。
 
「ニホンジンはさ、日本に来てる“ガイジン”がみんな日本のこと好きだと思ってるけど、そうじゃないからね。仕事で来てるだけで、別に日本のこと好きとか嫌いとかないから、あの人たち」
わずかに軽くアゴをあげ、Kさんは店内のクルーを指した。手は休めない。
 
そりゃそうだよな。
ニホンジンも会社の命令で海外赴任するし、その時に個人の好きとか嫌いとか関係ないもんな。
ぼくはビールをひとくち飲んだ。
 
「たとえばあの人たち、絶対にサラダとか生野菜食べない。もちろん食べる人もいるけど。」
野菜炒めの湯気が上がる。
「アジアで生モノ食べると食中毒になる、ってアタマなんだろうな」
 
見知らぬ異国の地でなんでも食べてやろうという人もいるけれど、多くの人は食べ物や飲み物に警戒する。時間も好奇心もあるバックパッカーなら別だが、翌日にフライトを控えたクルーならなおさらだろう。生モノへの警戒だけでなく、怪しい現地の店で、見えないところで食べ物飲み物に変なモノ入れられたら大変だ。
だからすべて客の目の前で調理し、野菜にも火を通す鉄板焼きのスタイルがウケる。コーラも見えるところで、ペットボトルからジョッキに注ぐ。
 
コースもノーマルサイズのビールかコーラが一杯ついた食べ放題1500円かエクストララージのビールかコーラ付き2000円のみ。明朗会計で、「ボッタクられたくない」というニーズも満たす。
バフェットとかビル・ゲイツとか国際ビジネスマンが世界中どこへ行ってもマックのハンバーガーとコーラばかり食べたりするのもこの手のリスク回避なのだろう。
 
ストリート・ナレッジとかストリート・スマートという言葉がある。学校じゃなくて街の中で生き抜くために身につけた知恵や賢さみたいな意味で、Hip Hopの価値観だと思う。ぼくの中でストリート・ナレッジやストリート・スマートといえば今もなおKさんを思い浮かべる。Shineheadの出世作も「sidewalk university」でしたね。嗚呼90年代。
いろんなことに感心してぼくはKさんに聞いた。
 
「いろいろ考えてるんですね…。おかわりもらっていいすか。
じゃあ、エクストラ・ラージのコーラ単品、追加で」
ぼくは空のジョッキを返した。
ジョッキを受け取りながらKさんは答えた。
「コーラならエクストラ・ラージはやめたほうがいいよ。あれ、ノーマルサイズよりたくさん氷入れてるだけで、コーラの量は一緒だから」。
Kさん元気かなあ。

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

もし誰かが公の場で「気に入らないヤツらを再教育キャンプ送りにしろ!」と言い出したら。

まったくもって仮定の話だが、もし誰かが公衆の面前で「気に入らないヤツらは再教育キャンプに送れ!」と言い出したらどうしたらよいだろうか。しかも、あまりになんの疑いもなく自信たっぷりに言うものだから、周りの人も「いいね!」とか言い出していたら。
 
一つの方法として、神がそれを望まないから、という説得の仕方はどうだろう。
〈人を裁くなかれ。自らが裁かれぬためである。汝が裁くその裁きをもって自らも裁かれ、汝が量るその量りをもって自らも量られるであろう。〉と伝えてみたらどうだろうか。
いやダメだ、この方法は、相手が「宗教は阿片だ」とか言う唯物論者だと通じない。
 
では、昔の偉い人がそれを止めているから、というのはどうだろう。
死ぬまでやるべきことを一言で言うとなんですか、と弟子に聞かれて賢者は答えた。
〈其れ恕(じょ)か。己の欲せざる所は人に施すことなかれ〉。
いやダメだ、この方法は孔子より自分のほうが賢いと思っている者には通じない。
 
だいたいこういうこと言う人って、何かというと「みんなの幸せのため」とか言うんだよなあ。
しかし「最大多数の最大幸福」というのも限界があって、例えば殺人に無限の幸福を感じる人がいたからといってその殺人鬼が人を殺していいことにはならない。
思考実験をする。二人の殺人鬼と被害者の三名から成る社会があった場合、殺人に無限の幸福を感じる殺人鬼に殺人を許せば、その社会の『最大多数の最大幸福』は達成されるが、そんなのは間違っている。
 
神をも信じない、歴史上の賢者の教えも尊重しない者をどう説得したらよいだろうか。
ここは、自分のアタマで考えてもらうしかない。
だがその際には、〈無知のヴェール〉をかぶって考えてもらおう。
 
人間がものを考えるときに、意識的・無意識的に、今もっている知識に影響されてしまう。それは、自分自身の立場などの知識も含む。
だからそうしたものを全部とっぱらって、“素”の状態で考えようぜ、というのが〈無知のヴェール〉だ。
〈第一に、自分の社会的地位、階級もしくは社会的身分を誰も知らない。また、生来の資産や才能の分配・分布における自らの運、すなわち自らの知力および体力などについて知るものはいない。〉(ジョン・ロールズ『正義論 改訂版』紀伊國屋書店p.185)、そんな状態で一つ「正義」とは何か考えてみようじゃないか。
自分の社会的地位、すなわち自分は再教育キャンプに送られる側ではなく、送る側だという認識をとっぱらって考えたとき、誰かが誰かを再教育キャンプ送りにするなんて行為は正しいだろうか?自分が再教育キャンプに送られる側に回るかもしれないんだぜ?
 
もちろん、知識と思考を切り離して扱うというのは容易ではない。
だが、自分の社会的地位や属性といった知識を切り離し、何が正しいか思考を進めることはとても大事だ。
 
〈知識とは、「過去の事実の積み重ね」であり、思考とは、「未来に通じる論理の到達点」です。(略)知識の重要性を否定しているわけではありません。知識と思考を異なるものとして認識しましょうと言っているのです。
(略)
自分の頭で考えること、それは「知識と思考をはっきり区別する」ことからはじまります。「自分で考えなさい!」と言われたら、頭の中の知識を取り出してくるのではなく、むしろ知識をいったん「頭の外」に分離することが重要なのです。〉(ちきりん『自分のアタマで考えよう!』kindle版284-302/2152)
 
そんじゃーね!(←しつこい)

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版
 

 

ちきりん氏の「再教育キャンプ」論が怖い理由

「Homo homini lupus.人間は人間にとって狼である」。プラウトウスが『アシナリア』の中でそう言ったという(金子晴勇編訳 「エラスムス『格言選集』」知泉書館 2015年 p.14)。
不勉強ゆえプラウトウスも『アシナリア』もよく知らないが、まさにHomo homini lupus、人間は人間にとって狼であると思わされたのが先日のちきりん氏のツイートだ。
 
森元首相の発言に対し、価値観の再教育が必要だから、〈中国共産党やってたみたいに再教育キャンプとかに入れたほうがいいんじゃないかと思うよ〉と放言したのだ。
ウイグルとかの問題が指摘されている今、よくそんなことが言えるなと恐怖した。
 
蒸し返すが、なぜ自分が再教育を命ずる側に回れると無邪気に信じられるのだろうか。自分がある日突然、強制的に再教育キャンプに連行される側に回るかもしれないとは思わないのだろうか。
歴史を振り返っても世界を見回してみても、昨日までのマジョリティが突然マイノリティ側に回りひどい目に合うなんて話は、腐るほどある。

f:id:hirokatz:20210213084410p:plain


「YOU MIGHT NOT COUNT IN THE NEW ORDER.新秩序では、きみは数にはいらないかもしれない」
1991年にカナダで出版されたダグラス・クープランドの『ジェネレーションX』には、そんな警句が掲げられているページがある(角川文庫 平成七年 p.253)。
1990年に湾岸戦争前にブッシュ大統領が演説で「new world order、新世界秩序」を打ち立てるといって熱狂的に米国民に受け入れられた。君は「新秩序」を熱狂的に受け入れているけれど、その「新秩序」には君自身はカウントされてないかもしれないよ、という警句だと思っているがほんとのところはわからない。
 
誰もが無意識のうちに、卵を叩き割る壁や卵を壁に叩きつける側になれると思っている。しかし壁に叩きつけられる卵の側に回ることだってある。いやむしろ卵側に回る人や場合のほうが多いかもしれない。
だからいつ卵側に回っても困らないようにしておこうぜ、もちろん壁が壊れてもいけないけどな、っていうのが民主主義国家のシステムデザイン思想だと思う。
 
そこらへんを徹底的に考え抜いて文字化したものの一つがアメリカ合衆国の設計図である『ザ・フェデラリスト』(A.ハミルトン他 岩波文庫)ではないかと思うのだけれど、時間も尽きたので今日はこのへんで。
そんじゃーね!

 

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる 受診のコツ45

  • 作者:高橋 宏和
  • 発売日: 2016/02/20
  • メディア: Kindle版