集合知ー誰に投票するのが『正解』かわからなくても7月21日投票に行こう、という話。

唐突だが、多様性ってなぜ大事なのだろうか?そんな話から始めてジェリービーンズとクイズ番組の話をし、最後は「投票に行こう」というゴールを目指したい。 ビンにジェリービーンズを850粒入れて56人の大学生に見せる。ビンの中に入っているジェリービーン…

ぼくたちの失敗。

「子どもは人類の研究開発部門」。児童心理学者、アリソン・ゴプニックの言葉だ。(ウォーレン・バーガー『Q思考』ダイヤモンド社 2016年 kindle版930/4563)。 子どもたちが人類の研究開発部門だとすると、子どもたちに成功をもたらすのは何だろうか?人類…

メキシコの朝

「この町でいちばん安い宿に連れて行ってください」タクシーの運転手にそう言って連れてきてもらったくせに、いざその宿に着いて部屋に入ると湧いてくるのは後悔ばかりだった。 メキシコシティからバスで半日、熱帯林を切り開いたまっすぐな道をひたすら揺ら…

7月21日は参議院選挙ー公助の話(後編)

自助・共助・公助について考えている。 www.hirokatz.jp www.hirokatz.jp www.hirokatz.jp 公助の話の続き。 前提として、この話は「公助なんて甘え。自助こそ至高」という考えの人に向けて書いている。そうした自助派の人が、「やっぱり自助は必要だけど、…

公助の話(前編)

ここのところ、自助・共助・公助についてまとめて考えている。 www.hirokatz.jp www.hirokatz.jp 今まで自助と共助について書いたので、少々荷が重いが、今度は公助について書く。 まず第一に、公助の起源(の一つ)は決して「慈善」だけではないということ…

<あなたと顧客との共同作業による新しい社会創造>(神田昌典氏)という言葉に打ちのめされた話。

〈あなたと顧客との共同作業による新しい社会創造〉ガツンと頭を殴られたような衝撃。『最強のコピーライティングバイブル』(横田伊佐男著 ダイヤモンド社)の、神田昌典氏による「監修者・解説者はじめに」の中のフレーズである。 医療機関の運営を通して…

塾生皆泳ー自助、共助、公助の話

自助、共助、公助。社会保障や防災・減災にどれも必要不可欠なもので、その必要不可欠性は勉強に置きかえるとイメージしやすい。成績を伸ばそうとすれば自習(=自助)は欠かせない。自習だけでは限界があるから友人と教え合い(=共助)したり、学校で先生…

いざというとき「おれがやる」と言えるのだろうか。

「おれがやる」。いざという時、自分はそう言えるのだろうかと自問している。 まずはじめに、誰かを貶すつもりは全くない。また、公的機関によるサポート、公助の必要性はどれだけ強調してもし過ぎることはない。その上で、「おれがやる」と言って立ち上がっ…

「2019年に日本文化の潮目が変わった」と、後世の歴史家は語るだろうという話。

「2019年に日本文化の潮目が変わった」と、後世の歴史家は語るだろう。 世界的な大企業トップが「終身雇用継続は無理」と言ったり、大臣が「年金だけでは足りないから2000万貯めとけ」と言ったりした2019年。発言内容に関し、訳知りなひとたちの感想は「まあ…

猫カフェとクラウドとウーバーイーツの共通点とは何か。

猫カフェとクラウドコンピュータとウーバーイーツの共通点は何か。たいへんマジメな話だ。 数年前、ITに詳しい友人Cが言った。「クラウドの本質ってわかる?いいかい、一人ひとりのユーザーがパソコンを持ってるだろ。たくさん演算したり、たくさん記録した…

〈たかが〉の三文字に、教育ジャーナリズムの達人おおたとしまさ氏の覚悟を見た話。

〈たかが〉の三文字に達人の覚悟を見た。 「中学受験すべきか否か、どっちがいい?」という問いに対し、教育ジャーナリストおおたとしまさ氏がこう書いている。〈(略)たかが中学受験をする・しない、あるいは希望の学校に合格できる・できないで、人生の善…

接待の専門家はトランプ訪日をどう評するのか問題。

今いちばん会ってみたい専門家といえば「接待」の専門家だ。先日のトランプ大統領来日での「接待」をどう評価するか聞いてみたいのである。 2019年5月28日朝日新聞の社説では、今回の訪日について「もてなし外交の限界」と題し、〈トランプ氏をもてなす過剰…

子どもや若者に「そんな小さいことで悩むなんてバカらしい」というのは意味がない、という話。

「子どもや若者にさ、『そんな小さいことで悩むなんてバカらしい』とか言う大人いるじゃない?あれ、意味ないよね」 確かこんな初夏、銀座の街が夕暮れに染まる時間帯だった。いたずらな小さい天使がビルの陰から顔を覗かせた先にそのバーはあって、店の軒先…

ピンクのクラウン・タクシー、乗るか否か。

朝からエラいものを見た。ショッキング・ピンクのタクシーである。以前にニュースになった、どピンクのクラウンのタクシー版だ。あんな色のタクシーは初めて見た。 それで考えたのは、このタクシーに乗るべきか否かであった。全然乗る必要のないタイミングだ…

統一地方選、戦後最低の投票率ーもしインターネット投票が導入されたらなにが起こるか。

先日の統一地方選の投票率は残念ながら戦後最低だったという。新聞によれば、市議選の平均は45.57%とのことで、半数以上の人が選挙に行かなかったことになる。 投票率が低いとエキセントリック過ぎる人が組織票で当選してしまったりするのでやはりある…

スマホアプリ「Coke on」に思う。

人の世でモノゴトを継続的に動かしていくには「義」「情」「理」「利」が必要である。順番や割合はさまざまだが、「義」がないところに多くの人は集まらないし、「情」が動けばモノゴトは継続する。「理」があればあんまりブレずに済むし、「利」があるから…

日本内科学会雑誌に「外国人患者増加時代の試み〜「町のクリニック」におけるポケトーク導入の経験〜」という記事を執筆しました

日本内科学会雑誌4月号に「外国人患者増加時代の試み〜「町のクリニック」におけるポケトーク導入の経験〜」という記事を執筆させていただきました!p.887〜890に掲載されています。内科学会会員のかた、よろしければぜひお読みください!

とある大学の入学式祝辞。

「君たちは幸運であります。現在、地球上には200もの国がありますが、母国語で高等教育を受けられる国は限られています。世界の高等教育に使われている言語は10程度で、日本語はその中の一つなのです」壇上からその人は言った。 英語・フランス語・中国語・…

苦いお別れーコーヒー愛好家かく語りき。

<Cのことを思い出す。この男には、コーヒーを飲むのがただ一つの存在理由だった。ある日私が、このCに、感動に声をふるわせて仏教礼賛をやってのけたところ、彼はこんなふうに応じてきた。「ああ、涅槃ね、いいんじゃないの。でも、コーヒーぬきじゃごめ…

「フランス語よりインドネシア語を勉強しておけばよかった」と彼は言った。inspired by『「自分の市場価値を高めなきゃ」で消耗している人に読んで欲しい話。』

「あーあ、こんなことならインドネシア語を勉強しておけばよかった」そんなことを言われたのは96年の初春、パリのユースホステルだった。 ユースホステルの日本人部屋で一緒だった彼はフランス語学科でがっちり学んでフランス語がペラペラだった。「でもさ、…

令和に思う。

誰かがこんなことをtwitterでつぶやいていた。「令和という新年号を聞いたとき、なぜだか平成に亡くなった自分の知人たちすべてを思い出した」 令和という新時代を迎えるぼくたちは、平成に亡くなった人たちを平成に置き去りにしていく。あの人も、あの人も…

名著『1秒でつかむ』に見る、テレビ東京こそ自由主義経済精神の体現者である。

日本でもっとも自由主義経済的なテレビ局とはどこだろうか。関東ローカルになってしまうが、ぼくはテレビ東京だと思ってる。 なぜテレビ東京が最も自由主義経済的か。その理由は、テレビ東京の主要株主が日経新聞だからではない。たしかにテレビ東京の主要株…

歌わぬ詩人。

一人の男がいた。彼は世界を誰よりも美しく見て、誰よりも鮮やかに描写し、巧みに言葉を組み合わせた。彼は詩人だったのだ。彼は原稿用紙にかつてないほど素晴らしい詩を描き、そしてその原稿用紙を机の引き出しに大事にしまった。誰にも見せることなく。か…

「悪い」と「良くなっている」、「良い」と「悪くなっている」は両立する。~『ファクトフルネス』を読む。

<「悪い」と「良くなっている」は両立する> ベストセラー『ファクトフルネス』(ハンス・ロスリング他著。日経BP社 2019年)を読んでいてはっとさせられた一節(p.89)。なにかが「悪い」という状況と、「良くなっている」という状況は両立する。しかし我…

業界別「決めフレーズ」考。

どの業界にも「決めフレーズ」というものがある。 「決めフレーズ」というのは今さっき考えた言葉だが、「これ以上ああだこうだ言っても変わらないし、ここらで話を切り上げてちゃっちゃとモノゴトを進めましょうや」というときに使うフレーズのことである。…

メリーゴーランド、回る。

都心からは少し離れた街にその遊園地はあって、年かさのその遊園地にそのメリーゴーランドはある。 年かさの遊園地に見合ったようにそのメリーゴーランドもこれまた年かさで、今日もくるくる回っている。説明書きによれば、そのメリーゴーランドは実はその遊…

「集合天才」についてさらに考えるーアイドルグループを例に。

マイブームの「集合天才」。わざわざ海を越えなくても、日本の芸能の世界にも「集合天才」の例があることに気づいたのでご報告する。文献的に裏付けが取れないし聞きかじりなので仮にJ事務所としておく。 男性アイドルグループで有名なJ事務所では、新しいア…

「集合天才」Collective Geniusについて。

「集合天才」。いい言葉だなーと最近じわじわと好きになっている言葉で、おおたとしまさ氏の『受験と進学の新常識』(新潮新書)で読んだ。文脈としては、受験では様々な評価基準・評価方法があるが、全ての生徒が同じ評価方法で最優秀をとることを求めてい…

『山月記』を読みながら。

いま一部で話題の『山月記』を青空文庫で読む。 よくこういうので誰かが漢詩を浪々とうたいあげてほかの誰かが書きとめる、みたいなシーンあるじゃないですか。漢詩とかってよく知らんけど韻とか踏むじゃないですか。韻とかって同じ音とか似た音を駆使するわ…

ファミマ「子ども食堂」批判に思う。

ファミリーマートが「子ども食堂」を行うとのこと。それに対する疑問点・懸念点がweb記事になっていたりする。 news.yahoo.co.jp 誰かを批判したいわけではない。これまで実直に「子ども食堂」運営をされてきた熱意に敬意を表したいし、ファミマ「子ども食堂…