『都営バスの全運転手に脳のMRI検査を義務付け』がなぜバカバカしいか、かみ砕いて説明する。

2018年11月13日のdmenuニュースによれば、都営バスで全運転手に脳のMRI検査を義務付けるとのこと。これは非常にバカバカしくて歴史に残る愚策である。

 

www.hirokatz.jp

 

目的は、運転手の失神による事故を無くすためだという。常識的な医者の目から見て非常にバカバカしいので、あらためてかみ砕いて説明する。


まず、この件に関して誰かの利権がどうこうということについては言及しない。自由主義経済をドライブさせている大きな要素は個々のプレイヤーのインセンティブで、インセンティブと利権はグラデュエーションをもって地続きだからだ。
ただ、インセンティブ=私益の追求と公益、国益を一致させたりうまいこと併存させたりして「三方よし」の絵を描くのが事業家としての妙味であろうと思う。

 

さて、「都バスの全運転手に脳MRI」を施行することが天下の愚策である理由をかみくだいて述べる。

 

①意識消失の原因のうち、脳が原因の病気は限定的。その他は心臓の致死的不整脈睡眠時無呼吸症候群など、脳以外の病気が原因。日本循環器学会の『失神の診断・治療のガイドライン2012』によれば、失神の原因の5~37%が心臓が原因であり、当然これらは脳のMRIでは見つけられない(*1)

 

②脳が原因の病気のうち、脳MRIで事前に原因を発見できる病気はわずか。たとえば脳梗塞は、発症するまでは脳MRIは正常(脳の血管がとても狭いなどのリスクはある程度把握できる、がしかしいつ発症するかはわからない)。また、脳の病気であるてんかん発作も、現実的なリスクがあるかは脳MRIでは基本的にはわからない。


③脳MRIで症状が起こらないうちに事前に見つけられるわずかな主な病気は動脈瘤ぐらい(髄膜種などの、症状を呈す前の小さな脳腫瘍は偶然みつかることはある。あと脳梗塞脳出血のあととか)。一生破裂しないような小さい動脈瘤も入れれば、日本人の20人に一人は脳動脈瘤を持つ(*2)


④症状が出ない脳梗塞の跡が見つかることはあるだろうが、その場合は高血圧や高脂血症などの危険因子(脳梗塞のリスクを高める原因)をコントロールするくらい。症状を出さない脳梗塞のあとが見つかっても、原則として「血液をサラサラにする薬」は開始されない(*3)。「血液をサラサラにする薬」を開始することによって血が止まりにくくなるというマイナス面があるから。


⑤症状を出さない小さな動脈瘤が見つかっても、2018年時点の医学的見解として、原則として数mmの小さなものは様子見となる。小さな動脈瘤が破裂する確率は非常に低く、機械的に見つかった動脈瘤すべてを手術した場合には、手術によって脳を傷つけるリスクのほうが高くなるから。前述の秋田脳研サイトによれば、脳動脈瘤を持つ人が100人いたとして、一年以内に破裂する人の割合は0.85人(*2)。


⑥結果として都バスの全運転手X人に一人あたまY円の費用をかけて脳MRIを行ってた場合、X×5%(日本人の20人に1人は動脈瘤を持つから)の人に動脈瘤が見つかることが予想される。しかしながら前述のとおり、見つかった動脈瘤が手術に至る割合は非常に低い(*4)。


動脈瘤があろうとなかろうと、リスクを下げるために高血圧の管理を厳密に行う、という大方針は変わらない。要するに、年間X×Y円の費用をかけても「やること同じ」ならば、無駄にお金を使い、「あなた動脈瘤がありますよ」と言って無駄に不安を与えるだけである。


⑧補足だが、動脈瘤を発見された人がうつ傾向になってしまうというマイナス面があることは、脳ドックガイドラインにわざわざ記載されているくらい有名な話である(*5)。

 

ただ残念ながら医者がどんなに異を唱えても、この「都バス運転手全員に脳MRI」なる愚策がすぐには中止にならないだろう。一度決まった政策を中止するのは大変なのだ。
車は急に止まれない。政策も急に止まれない。車についての政策なら、なお急には止まらないだろう。やれやれ。

 

犬は吠えるがキャラバンは進む
だがキャラバンが進もうと、犬はやっぱり吠え続けることにしよう。カエルだけど。

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

*1)ガイドラインp5 本来なら、バスの事故の原因中、「運転手の失神」によるものの割合を言及しなければならない。同ガイドラインの「失神」と「意識障害・消失」を同一に論じてよいかも要検討。
*2)秋田県立脳血管研究センターサイトより。

2.未破裂脳動脈瘤(みはれつのうどうみゃくりゅう) | 脳神経外科で扱う病気と治療について | 脳・神経の病気について | 患者のみなさまへ 【秋田県立脳血管研究センター】

*3)脳ドックガイドライン2014 p.55等

http://jbds.jp/doc/guideline2014.pdf


*4)誰かXとYに代入する適切な数字をご存知でしたらご教示くださいませ。
*5)脳ドックガイドライン2014 p.71

 

 

 

医者の目から見て『都営バスの全運転手に脳のMRI検査を義務付け』がバカバカしい理由。

2018年11月13日朝のdmenuニュース(もとはNHK)によれば、東京都は都営バスの全運転手に3年に1度の脳MRI健診を義務づける、という。

都営バスの全運転手に脳のMRI検査義務づけ 東京都(NHKニュース&スポーツ)バスの運転手が病気や体調不良などで運転中…|dメニューニュース(NTTドコモ)

結論から言えば、バカバカしい。

費用対効果の面および倫理的な面から、明確に反対する。

 

倫理面では、健康状態というのは究極の個人情報である、という観点から、安易に被雇用者の同意なく雇用者が健康状態を把握できるような制度導入はすべきでないという立場で反対する。

何年かすると、「症状はないが、脳のMRIで小さい脳梗塞のあとがあるという理由で解雇された」という訴訟とか起こると思う。1万ペリカ賭けてもいい。

 

www.hirokatz.jp

 

 

費用対効果の話。

普通のMRI検査というのは、脳の形態を見るもので、機能を見るものではない。

意識障害など病気の多くは、脳や体の機能の(一時的な)異常で起こる。

意識消失の原因の一つの睡眠時無呼吸症候群などは、脳のMRI検査では発見できない。

症状がない人に脳のMRIの検査をやっても、ごくごく一部の病気しか見つけられない。また、MRI で仮に脳の形の異常が見つかっても症状なければ様子見である。

たとえば脳のMRIで見つけることのできる脳動脈瘤の場合。

脳ドックガイドライン2014年p.55ー読むとわかるとおり、なんにも症状がない脳の形の異常(小さい動脈瘤など)が見つかった場合でも、雑に言えば「様子みましょう」「血圧は下げときましょう」という方針なんですね(この方針はとても妥当)。

http://jbds.jp/doc/guideline2014.pdf#search='%E8%84%B3%E3%83%89%E3%83%83%E3%82%AF+%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3'

小さい動脈瘤が破裂する危険性は非常に低いし、動脈瘤が小さい場合には手術によるリスクのほうが大きくなる。
だからMRIで異常があろうとなかろうと、血圧の管理というやることは一緒なわけで、なのにさもすごいことやるみたいに、莫大なお金と時間を費やしてMRI全員で撮ります!これで大丈夫です!とか言われちゃうと、もうね、ばかばかしくて…

また、症状のない人を集めて無差別に脳のMRI検査をやった場合、前述の脳ドックガイドライン2014年p.71にも書いてあるとおり、「あなたには小さな動脈瘤があります」と診断されると、そのことによって診断された患者さんがうつ状態になることがあったりして、無駄に患者さんに不安を与えるだけなんじゃないの、というのが脳ドック批判としてあります。
日本で脳ドックがはじまったのは1989年だそうですが、30年近くたってもほかの国に広まっていないというのは、無差別に健康診断的にたくさんの人に脳ドックやって、その結果、病気を減らすというメリットが少ないということではないかと思います。
誰かが自費でやるのは止めないけども…

 

非常に馬鹿げた話だなあ。よくこんな馬鹿な話が通ったものであるなあ。無駄遣いする予算があまってるなら保育所作ればいいのに、東京都。

 

もしMaster of Public Health、MPHをお持ちの先生がいたら、ぜひこの「都営バスの全運転手に脳MRIを義務付け」という政策に対し、異議申し立てないし検証し論文化していただけないでしょうか。

まがりなりにも先進国である我が国の首都で、費用対効果の面から、「反面教師」「失敗事例」として公衆衛生学の教科書に載る事例が現在進行形でスタートしてしまいます(泣)

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 



「教えて!ラジオクリニック」(ラジオ日本)に呼んでいただきました!

12月28日金曜日と来年1月4日に、ラジオ日本「教えて!ラジオクリニック」(お昼12時15分〜)に出ます
今日はその収録で、神谷町のスタジオに呼んでいただきました。
テーマは「脳神経内科で診る病気」と「パーキンソン病です。お楽しみに!
呼んでくださった石心会さやま腎クリニック院長 池田直史先生ありがとうございます!
画像に含まれている可能性があるもの:1人、画面

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

「かんたん表紙メーカー」で読みたい本の表紙を作ってみました。

この記事を読んで、簡単に本の表紙っぽいデザインがつくれる「かんたん表紙メーカー」をさっそく使ってみました。
togetter.com

作ってみた架空本①
「ふつうの風邪」はウイルスが原因なので、細菌をやつける抗生剤は要らないんですよ、という本(架空)

f:id:hirokatz:20181026101802j:plain

作ってみた架空本②
日常系短編小説集(架空)。原田マハっぽくないだろうか、よう知らんけど。

f:id:hirokatz:20181026101931j:plain

作ってみた架空本③
島耕作に憧れて行動するもセクハラで捕まって失脚するビジネスマンを描いた話です(嘘)

f:id:hirokatz:20181026102049j:plain

作ってみた架空本④
引退して安楽椅子探偵となった冴羽遼の活躍を描いた話(架空)

f:id:hirokatz:20181026102143j:plain
作ってみた架空本⑤

北欧の論客ヒンデンボルグの論考集。山形浩生監訳(嘘)

f:id:hirokatz:20181026102248j:plain

 

作ってみた架空本⑥

アムロナミエが引退後の日々をつづったエッセイ集(嘘)
かんたん表紙メーカーで作りましたが、自分の表紙の好みがわかりますな

f:id:hirokatz:20181026102709j:plain
作ってみた⑦

病院や医者の上手なかかり方を説いた実用本。表紙はもちろんプロの仕事。

アマゾンで買えます(実在)。

f:id:hirokatz:20181026102802j:plain

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 




namengedächtnis/人の顔と名前を覚える能力がイマイチな人のためのちょっとしたハック

出会った人の顔と名前を覚えるのがとても得意な人がいる。

名前を覚えるための記憶力のことをドイツ語でnamengedächtnisというのだが、もちろん読めない。この単語のことは米原万里氏のエッセイで知った。このnamengedächtnis(読めない)の優れた人というのは、一度会った人のことをとてもよく覚えていて、どこかで再会してもすぐに「○○さん!」と思い出したりする。

友人T氏もまたこのnamengedächtnis(読めない)の優れた人なのだが、一度その秘訣を聞いたことがある。
「毎日いろんな人と会うじゃない?その日の終わりにさ、その日あった人のことを思い出すようにしてるんだ」

素晴らしい秘訣だ、マネしようと思って早幾年月が経つ。

 

僕自身が一時期やっていたのは、誰かとお会いしたときにデジカメとかで記念撮影して、それをプリントして一枚はお礼状とともに相手に送る、もう一枚は自分の記憶強化用にストックして時々名刺とともに眺める、という手だ。

さてこのnamengedächtnis、そろそろしつこいから「人の顔と名前を覚える能力」とするが、たくさんの人と出会う人気稼業では必須だ。
たとえば毎日たくさんの有権者と出会う政治家の方々にとって、「人の顔と名前を覚える能力」が優れているとそれだけで強力な武器となる。芸能人や水商売の人なんかも同様だ。

人気稼業の取引相手である有権者とかファンとかは、政治家や芸能人に名前を憶えてもらっていると正直うれしい。「××さん、久しぶりですね」なんて覚えてもらっていれば感激するのがほんとのところ。有権者やファンは、自分のことを覚えてもらっているとますます応援しようと思うわけで、だから人気稼業の人にとっては「人の顔と名前を覚える能力」は武器なのだ。

実際、生き残っている人気稼業の人の多くは記憶力や「人の顔と名前を覚える能力」に長けている。鈴木宗男氏も、秘書時代には数万件の電話番号を暗記していたという(佐藤優氏の本で読んだ)。

だが、人気稼業の人すべてが「人の顔と名前を覚える能力」に長けているわけではない。そうした場合どうするか。名刺交換の場を利用する。

まず、偉いポジションになると秘書がつく。この秘書には、元気がいい若い者を任用しておくとよい。
で、どこかで誰かと出会って、「△△さん、どうもご無沙汰です!」と向こうから先に挨拶されたとする。誰だっけと思い出せなくても、すかさずこの若くて元気のいい秘書に「どーもどーも、秘書の××です!うちのセンセイがお世話になってます!」と名刺を出して挨拶するように言っておく。
そうすると自動的に秘書とどこかの誰かが名刺交換をする流れになるから、そしたら秘書に「あー□□社の◎◎さんですか!」と相手の名刺を元気よく読み上げさせるのだ。
そこからはスムーズに「◎◎さん、最近いかがですか」と呼びかけられるというわけだ。

「人の顔と名前を覚える能力」がイマイチだけれど、秘書がいない場合どうするか。やはり名刺を利用する。
どこかで一度会っているのだが、正直どこの誰か思い出せない場合、もう一度名刺交換するか微妙な空気になる。
だから定期的に、自分の名刺のデザインを変える習慣をつけておく。
そうすると「どーもどーも!名刺のデザイン切り替えまして、これが新しい名刺です」といって自分の名刺を差し出して、相手の名刺をゲットして名前を確認できるのだ。
もし相手がまるっきりの初対面でも、新しい名刺を差し出して「これ新しい名刺です。名刺のデザインを切り替えまして」と言えば、多少奇妙な感じにはなるが話題づくりのためかと解釈してもらえる(と思う)。

そんなに頻繁にデザインを変えられないよ、という方にはこんな手がある。
名刺の裏や二つ折りの名刺の一面に、3か月分ほどのカレンダーを入れておくのだ。
これだと四半期に一度、カレンダー部分だけを差し替えるだけで「名刺新しくしまして」と言える。「ぼくの名刺カレンダー付きなんですよ、以前にお会いしたのは確か…」と相手から前回あったときの情報をスムーズに引き出せるわけである。

こんなふうに「人の顔と名前を覚える能力」がイマイチであっても多少の工夫はできるわけであるが、やはり本来、お会いする方の顔と名前はしっかりと心に刻むべきだろう。上に述べたのはあくまで姑息な策で、厳しいようだが、お会いする方の顔と名前を逐一憶えていないようでは社会人としていかがなものか、と言わざるを得ない。
そもそも社会人というのは……、失礼、宅急便が来たのでこの話はまた。新しいデザインの名刺が届いたから受け取ってくる。

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

ケアマネージャーの方々に「神経難病とのかかわり」についてお話しさせていただきました。

本日は船橋でケアマネージャーの方々に「神経難病とのかかわり」についてお話しさせていただきました!
約60人のケアマネージャーの方々に、約2時間半ほど熱心に聞いていただきました。
かかわりの難しい神経難病ではありますが、これからも医療と福祉が連携して支えていければと思います。
貴重な機会をいただき感謝です!

f:id:hirokatz:20181017205820j:plain

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

続・オシャレなお店はなぜアクセスのしにくいところにあるか問題

オシャレなお店はなぜアクセスのしにくいところにあるか問題。

オシャレなお店というのはちょっとアクセスの悪い場所にあることが多いが、その理由やメリットを先日考えた。
この話の大前提は、お店側の資金やマンパワーに限りがあるという点。

つまり、アップルストアはオシャレだけど他店から比べるとほぼ無尽蔵の資金とマンパワーを投入できるのでこの文脈には乗らない。

先日発見したのは、アクセスの悪い場所にオシャレなお店を置くと客の選別ができるということだった。つまり、アクセスの悪い場所まで出かけてオシャレになろうという根性のあるお客のみを相手に商売ができるので、有限なリソースを有効に使うことができるということだ。

 

www.hirokatz.jp

 
蛇足だが、レストランの場合には、良い食材が手に入りやすい農村に近い場所に店を構える場合もある。山形県のアル・ケッチァーノは有名だ(行けなかったけど)。
フランスなんかだと農村にある有名レストランにパリから出かけていって、ワインでいい気持ちになったらそのまま二階で泊まっていけるような、宿泊施設付きレストランもあるという。

また、人間は、容易に手に入るものにはありがたみを感じず、手間暇かけて手に入れたものはありがたがる習性を持つ。
ほどよくアクセスの悪い場所にあるオシャレなお店を探し出してわざわざ訪ねた場合、たどりつくまでに払った労力のぶん、よりオシャレに感じることはありうる。

蛇足の蛇足だが、心理学者エリオット・アロンソンらのこんな実験がある(出典・マシュー・サイド『失敗の科学』ディスカヴァ―・トゥエンティワン 2016年 p.104-106)。
大学生を二つのグループに分けて、片方には性に関する破廉恥な文章を人前で音読させる。もう片方には何もさせない。
そのあと性に関するディスカッションを録音したテープを両方のグループに聞かせ感想を求める。
恥ずかしい文章を音読させたグループの人たちは自分たちの聞いた議論について「深遠で率直な議論だ!感動した!」というのに対し、何もしなかったグループは「冗長で退屈な議論だ」とこきおろす。

だが面白いことに、両グループが聞かされた議論の録音内容は同一のものである。 なぜ同じ議論を聞いたのに評価が180度違うかというと、恥ずかしい文章を音読するというタスクを課されたグループは、「あんなに恥ずかしい思いをしないと聴けない議論なんだから、とても価値あるものなはずだ」と思いこむからだ、と実験者たちは結論づけたという。
単純な話だが、手に入れるまでに労力のかかるもののほうがありがたがられるわけだ。


蛇足の蛇足の蛇足だが、アメリカの有名大学のメインストリーム、いわゆるスクールカースト超上位の学生だけが入れるアルファとかカッパとかスカル&ボーンとかの秘密グループに入るには、ずいぶんとえげつない儀式をやらされるそうだけども(ここに書くのもおぞましい)、ああいうのも「これだけのひどい目に耐えたんだから、このグループのメンバーになれる/いられることはとても素晴らしいことだ」と思いこませる効果もあるんでしょうかね。

オシャレなお店の場所はわかりにくいなどとうだうだ書いていたら友人Mからこんな質問を受けた。
「病院の場合はどうなの?アクセスのしにくいところのほうがありがたみあるのかな?」

まあ病院の場合はオシャレさが売りではないけども、瀕死の母のために心臓血管外科の名医を求めて車で旅をする浅田次郎の『天国までの百マイル』が、もし『天国までの徒歩100歩』だったらありがたみがないよなあ。
ちなみにあの小説のモデルは鴨川の亀田病院で、小説だとサン・マルコ病院って名前なんだけど、亀田病院に見学に行くと病院の近くにサン・マルコってパン屋かなんかあって浅田次郎、芸が細かいなーって感心したりする。
あと『天国までの百マイル』、今は亡きナンシー関が「なんでマイルやねん」って言ってたなー。RIP。

 

いずれにせよ病院はオシャレさが売りではないからアクセスがいいところがいいけど、欧米でやっている、世界のセレブ相手のデトックスとか美容とかアルコール・ドラッグ離脱を目指すような自費診療クリニックとかは、アクセスの多少悪いスイスの湖畔とかにあって「わざわざ感」を出したりしてる気がする。
日本でも、天才外科医ブラック・ジャックが東京駅の駅前の一等地で開業したりしてるのはイメージしにくいけど、あれは保険診療じゃないしなあ。

オシャレなお店は場所がわかりにくいという話だけに、文章のゴールもわかりにくくて見つけられませんでした。そんじゃーね!

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45