「わからん」と専門家。

「フランスに行って驚いたのはだね、君、バビンスキー反射あるだろう、彼らはひととおり患者を診察してバビンスキー反射も診て、それで平気で言うんだね、『わからん』と。そのころ日本じゃ、このくらいの角度だと陽性だとか陰性だとか延々と言ってるんだから。彼らフランス人医師の専門家は、わからんもんは『わからん』というんだなと思ったよ」
我らの業界のザ・レジェンド、H先生からその話を聞いたのは随分前になる。
H先生は御歳90歳近く、お若い時に当時の医学の最先端であるフランスに留学していらした。

 

その話を聞いてずいぶん経つが、この「わからん」という話はぼくの心を捉えて離さない。この話を聞いてから、ぼくは「わからん」と言うことは怖くもないし恥ずかしくもないと思うようになった。

 

一般に、専門家というのは専門分野において知らない分からないものは無いと思われている。がしかし、専門家ほど「わからん」ものを豊富に抱えているものなのだ。

 

「これを知るを知り、知らざるを知らざると為せ。これ知るなり」と孔子は言った(論語 為政編)。ここまではわかっている、ここからはわからない、そういう状態こそがなにかについてわかっているということだ、という意味だと思う。
黒澤明はアカデミー名誉賞を獲ったときに、「私にはまだ映画というものがわかりません」と言った。誰よりも映画をわかった者だからこそ逆に、多くの映画人の前で堂々と「わからん」と言って絵になるのであろう。


黒澤明 アカデミー名誉賞 (黒澤明、体格よくてかっこいいなー)

誰よりも専門分野をわかった専門家だからこそ、まだわからないことが何か明確である。そしてまた、専門家というのは「わからん」ことと格闘し続けることができる知的スタミナがあるとも言える。

 

〈「ものごとがいずれにも決しない状態に耐えるのはとてもつらいことである。そのつらさに耐えかねて〝死に至る道〟(後先考えずに飛び込んでしまう衝動的な行動)に逃げ道を求めようとするものは昔から国家にも個人にもあった。しかし、このつらい『宙ぶらりん』の状態に耐えることこそ、可能性の明確でない勝利の幻想を追い求め、国家を灰燼に帰せしめるよりは、はるかに優れた選択なのだと銘記すべきである」〉(中西輝政『本質を見抜く「考え方」』サンマーク出版 イギリスの戦略思想家リデル・ハートの言葉とのこと)
素人は安易に答えっぽいものに飛びつく。専門家は、「わからん」という宙ぶらりんの状態に耐えて考え学び続けることができるのだ。

 

専門家というのは、何がわからんことかはっきりとわかっている。「わからん」ことに耐え、「わからん」を抱えながら、それでも前に進もうとする。
そうして我らもまた、今日もひとりでは解けない愛のパズルを抱いてアスファルトタイヤを切りつけていくのである。

最後までお読みいただきありがとうございました。
よろしければこちらのアンケートにもご協力ください。

docs.google.com

注:「ヒラギノ游ゴ」さん作のアンケートです

アスファルトタイヤを→「切りつける」「どちらとも言えない」 “Get Wildに関する意識調査”に小室哲哉も反応 - ねとらぼ

 

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

  • 作者:髙橋 宏和
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2015/11/06
  • メディア: 単行本
 

 



のどが痛いから抗生物質を出してくださいと言う患者にイギリス人医師はどう対応するか。

<「喉がひどく痛いんです。なのに、なにひとつ効かなくて、悪くなるいっぽうなんです。ですからもっと強いお薬を処方してくだされば、それでいいんです」>
<「なるほど、"もっと強いお薬”をお望みなんですね。なにか具体的に考えているものがおありですか?」

「ええ、ぜひ、抗生物質をお願いします。いまとまったく同じ症状が以前にもでたことがあって、そのときは強い抗生物質を飲んで、ようやくやっつけることができたので」>(『医者は患者をこう診ている』河出書房新社2017年 第3章より抜粋)

 

冬になって風邪やインフルエンザが流行り始めると、医者たちは少々身構える。「風邪をひいたから抗生物質をください」という患者さんに、どう対応しようかと考える時期になるからだ。

一般的に、風邪のほとんどはウイルスによって引き起こされる。

日本呼吸器学会によれば、鼻水やくしゃみなどの症状を出す「かぜ症候群」の80~90%はライノウイルスやコロナウイルス(今話題になっている新型じゃない種類)が原因となる。

https://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=2

抗生物質はウイルスよりもずっと大きな微生物である細菌に対する薬なので、ウイルスが原因の病気では、抗生物質は効かない。

不要な抗生物質をばんばん使っていると、耐性菌といって細菌の突然変異を生み出してしまう危険があるので、医者は抗生物質の使用に慎重になる。

 

だが患者さんのなかには、「抗生物質を処方してくれないと治らない!」と強く主張するかたがいる。そうした場合にどう対応しようか、医者はいつも頭を悩ませ、「抗生物質を出してくれ!」「いや出せない!」という押し問答が全国各地の診察室で繰り広げられる。

 

「抗生物質を出してくれ!」「いや出せない!」という医者と患者の押し問答は、なにも日本だけの問題ではない。

冒頭引用文は、イギリス人総合医(GP=General Practitioner)であるグレアム・イーストンの著書からとった。要は、「抗生物質出して!」という患者さんはイギリスにもいるし、その対応に頭を悩ませるのは日本の医者だけではないということだ。

 

グレアム・イーストンの例は風邪ではなく喉の痛みだ。イーストン先生はこの喉の痛みを、抗生物質の効く細菌のせいではなく、抗生物質の効かないウイルスによるものと考えた。なぜか。

判断材料は、<センター・スコア>というものである。

 

<<センター・スコア>は、喉頭炎がウイルスなどほかの原因ではなく、溶血性レンサ球菌によるものかどうかを判断するために開発された。そこには四つの基準がある。扁桃腺に白いぶつぶつなど滲出物がある、首の前方のリンパ節の腫れと圧痛(触診すると痛がる)、発熱、咳がでない、だ。リンパ節の腫れと発熱はたいてい身体が感染症と闘っていることを意味するし、そこに咳が伴なえば喉の痛みがウイルスによって引き起こされている確率が非常に高くなる(ウイルスは身体のひとつの部位だけを攻撃することはめったにないー爆弾にたとえるとするならば、ウイルスはレーザー・ミサイル攻撃ではなく、無差別爆撃のようなものだ)。(略)この<センター・スコア>を参照したところ、基準の三つ。あるいは四つすべてに当てはまる症状があれば、喉の痛みを引き起こす細菌(A群β溶血性レンサ球菌)による感染症に罹患している確率が高い(四〇~六〇%)。この基準のひとつか二つしか当てはまらないのなら、この細菌がいない確率が八〇%となるため、抗生物質を服用しても効果がない確率が高くなる。>(上掲書 第3章)

この患者さんのセンター・スコアは2だった。

 

さて、日本では医者が「この症状なら抗生物質は要りませんよ」といったところで、患者さんが納得するとは限らない。イギリスではどうか。

 

イースタン先生は書く。

<先日、「ブリティッシュ・ジャーナル・オブ・ジェネラル・プラクティス」で発表された興味深い研究によれば、GPの診察で処方される抗生物質の量が少ないと、患者さんの満足度は低くなるという。>
マンマ・ミーア。

 

案の定、われらがイースタン先生の患者さんも、強硬に抗生物質を処方してくれと主張した。

果たしてイギリス人医師はどう対応したか。

 

<「申しあげたように、今回は抗生物質が必要だとは思いません。ご自分の力で撃退できるはずです。それに、抗生物質で回復が早まるとも思えません。(略)とはいえ、この件で、口論したくはありません。いかがでしょう、なにがなんでも抗生物質が必要とおっしゃるのであれば、処方いたします。ただし四八時間たっても症状にまったく改善が見られない場合にのみ、処方箋を薬局にもっていくという条件をつけさせていただきたいのですが」>(下線は筆者)

 

もちろんこのイギリス人患者さんが、イースタン先生の言いつけを守らず、すぐに薬局に行く可能性はある。だが先生いわく、調査によればそうした行動をとる患者さんは四割未満だとか。

 

医者と患者さんの思惑は時としてすれ違う。

だがそれを調整し、プロの医療者としての考えと患者さんの望みをできるだけ両立しようというのがイギリス人医師の流儀なのだろう。さすがイギリス人、スコーンとフィッシュ&チップス喰ってるだけあるなあ。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

  • 作者:髙橋 宏和
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2015/11/06
  • メディア: 単行本
 

 

 

 

 

 

 

 

覇権とソフト・パワー2

〈(批准されなかった)欧州憲法の前文の冒頭には、「侵すことも奪うこともできない人間の権利、民主主義、平等、自由、法の支配という普遍的価値観が発達する元となった、ヨーロッパの文化的、宗教的、人道的な継承物」からインスピレーションを得たとある。(略)たしかに民主主義的な考え方は、何世紀にもわたってヨーロッパ文化の一部だったが、それがけっしてすべてではない。アテネの民主主義はたっぷり称賛され、大きな影響を与えてきたとはいえ、バルカン半島の一隅でせいぜい二〇〇年しか続かなかった及び腰の実験に過ぎない。もしヨーロッパ文明が過去二五世紀間、民主主義と人権を特徴としてきたのなら、スパルタやユリウス・カエサル、十字軍やスペインの征服者、異端審問や奴隷貿易、ルイ一四世やナポレオン、ヒトラーやスターリンはどう考えたらいいのか?〉(ユヴァル・ノア・ハラリ『21Lessons』河出書房新社2019年
p.130)

 

パワーゲームのプレイヤー達はみな、自らの強みを活かし、弱みを隠す。ライバル達の強みを殺し、弱みを突いてゆく。ソフトパワーを使った覇権争いもまたパワーゲームであるのならば、自らの強みを前面に出し、弱いところは隠すのが当然の戦略になる。

 

そうしたことを前提に、もし中国が覇権国となるならば何をソフトパワーとするのかを考えてきた。
現時点でたどり着いたのが、『デジタル徳治主義』とでもいうべきものである。

 

ここでいうソフトパワーとは、国境を越え民族を越えて人々を魅了する、人類普遍的価値観みたいなものである。
前述の通り、覇権国というのは、軍事力や経済力だけでなく、ユニヴァーサルバリュー、コモンバリューを提示できて初めて、覇権国と言えるのではないかと考えている。

 

『デジタル徳治主義』というのはぼくが勝手に作った言葉で、ビッグデータとAIによるデータ処理に基づく個人信用を用いた社会統治法のことだ。

なお、個人的にはそうした個人データ管理と監視社会化は忌避したいと心底思っていることを先に述べておく。あくまで思考実験として書いている。
(続く)

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

  • 作者:髙橋 宏和
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2015/11/06
  • メディア: 単行本
 

 

覇権とソフト・パワー1

〈ソフト・パワーとは何なのか。それは、強制や報酬ではなく、魅力によって望む結果を得る能力である。ソフト・パワーは国の文化、政治的な理想、政策的な魅力によって生まれる。〉
〈ソフトパワーとは、自国が望む結果を他国も望むようにする力であり、他国を無理やり従わせるのではなく、味方につける力である。〉(ジョセフ・S・ナイ『ソフト・パワー』日本経済新聞出版社 二〇〇四年p.10,26)

 

年末年始に10年来の疑問が解けそうになったので忘れないうちに。なお、あくまでも思考実験的なものであり、価値判断や現実論は切り離して書く。

 

「次の覇権国は中国だ」と語られて久しい。ぼくの10年来の疑問は、それに関することだ。
覇権国というのは、軍事力や経済力だけで決まるのだろうか。軍事力や経済力を越え、国や民族を越えて、人類共通、普遍的な価値観、コモンバリューやユニヴァーサルバリューみたいなものを提示できて初めて、その国は覇権国といえるのではないだろうか。だとすると、次の覇権国とされる中国は、どのような普遍的価値を人類に提供する/できるのだろうか、というのがぼくの疑問であった。

 

普遍的価値観。
例えばアメリカであれば“フリーダム” "民主主義”、欧州であれば“人権”とか“環境”、無くなったしまったがソ連であれば“平等”といった、いずれも「“ ”」付き(両手を頭の横に挙げて、人差し指と中指をクイクイッとまげてください)のものではあるがユニヴァーサルバリューを掲げているからこそ覇権を握れた、とぼくは考えている。
逆に言えば、経済大国、軍事大国であっても、ユニヴァーサルバリューを提示できなければ「覇権国」にはなれないのではないか、と考えたのだ。

 

中国が次の覇権国になるというならば、彼らが提示する/できるユニヴァーサルバリューは何か。
北京五輪のころからいう「One China」というのは国内には響くかもしれないが、人類普遍ではないし、「一帯一路」も価値観ではない。
経済や軍事といった、いわばハード・パワーだけ、ソフト・パワー無しで覇権国なんてなれるのだろうか、というのがぼくの10年来の疑問であった。
それを解く鍵が年末年始に手に入ったのである。

(続く。タネ本は『幸福な監視国家・中国』NHK出版新書ほか)

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

  • 作者:髙橋 宏和
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2015/11/06
  • メディア: 単行本
 

 

2020年はじめ、「トレード・オフ」を思う。

年末年始休暇で北海道に行っていました。御多分にもれず北海道の観光地も大陸からのお客様でいっぱいです。

 

あまり盛り上がりませんが、2010年代が過ぎ2020年代に入りました。
10年前の2010年といえば、日本のGDPが中国に抜かれた年でして、日本はこの10年間、世界第3位の経済大国として過ごしてきたわけです。
「日本は人件費が高いから世界での競争力が無い」という論調に従って生産拠点を海外に移し、国内の人件費を抑えて氷河期世代を結婚や家庭を持つということから遠ざけたまま、10年が過ぎ、いまや日本は「安い国」として世界から観光客が来るようになりました。

 

いろいろ思うところがありますが、一番思うのは、この国では(新年だから主語が大きい)、政策や施策や個人の選択において、「トレード・オフ」ということがあまり言われないよなあということです。
ここで言う「トレード・オフ」とは、「あちらを取ればこちらが取れず」くらいの意味でして、「非正規化による安い人件費」や「海外への生産拠点移転」を取るなら「国内のリッチな消費者」や「次の世代の再生産」は取れない(取れなかった)というくらいの意味です。

 

最近ずっと気になっているのは例えばベーシック・インカムの話で、本来のベーシック・インカムは、「毎月何万円かの現金を国民全員に配る」かわりに現行の健康保険制度や年金などの社会保障を全部やめ、その分のお金を支給しようという「現金支給」と「社会保障制度」とのトレード・オフの話ですよね。賛同者はいい点しか見ないけど。

 

また、ユヴァル・ノア・ハラリ『21Lessons』でも触れられていますが、たぶん生態系の維持や温暖化対策を徹底して考えると経済発展とトレード・オフになるはずですが、あまりそこらへんは言わないですね。
〈(略)技術的破壊と生態系の崩壊の組み合わせを考えると、若い世代は良くても現状維持が精一杯かもしれない。〉(上掲書p.36)

 

そんなわけで、これから一年&10年、どんな世の中になりますことやら。
あけましておめでとうございます。

www.kinokuniya.co.jp

厚労省「人生会議」ポスターはなぜ炎上したのか考

<癌の末期患者に関するシンポジウムかなにかだったと思うが、国立がんセンターのH教授が発言した言葉だけを覚えている。
 ある末期患者が「がんばって」と言われる度に苦痛の表情をしているのに気づき、痛み止めの注射をした後「私も後から旅立ちますから」と言ったら、その患者は初めてにっこり笑って、その後顔相まで変わったという話であった。>(青木新門『納棺夫日記 増補改訂版』文春文庫1996年 p.65)

 

2019年11月、厚生労働省の作ったポスター「人生会議」が「炎上」した。
<「人生会議」とは、もしものときのために、あなたが望む医療やケアについて前もって考え、家族等や医療・ケアチームと繰り返し話し合い、共有する取組のことです。>(厚生労働省サイト「人生会議」してみませんか より)

 

冒頭の「人生会議」のポスターがなぜ「炎上」したかは一考に値する。
「死」について考え、発言することが現代日本社会においてもタブーである、というのがまず想定される第一の仮説である。

 

しかしながらこの仮説だけでは今回の「炎上」をすべて説明することはできない。
2016年、樹木希林のポスターの件があるからだ。

 

2016年1月、宝島社は、名画「オフィーリア」を模して水面に浮かぶ樹木希林の横に「死ぬときぐらい好きにさせてよ」という文字を入れた企業広告を発表した。
正月早々の時期の「死」をテーマにしたこの広告は、「炎上」することなくむしろ人々の心を動かして絶賛された。

 

今回の厚生労働省「人生会議」と、宝島社のポスターの差はなにか。
それこそが当事者性の有無ではないかと思う。

 

我もまた死にゆく者なり。
すべての人間がmortalな存在であり、現世では時に対立し時に忌み嫌う人間同士も、究極的には先に逝く者と後に逝く者という差しかないという感覚が作り手側にあるかどうかが、少なくともその感覚を作り手側がもっていると受け手側に感じさせられたかどうかが、炎上と絶賛の分かれ目だったのではないかと思う。

 

メメント・モリ。
栄華を極める古代ローマで、賢人たちはそう言った。
いつの日か訪れる死を忘れるな。

 

メメント・モリモト。
ラグビーワールドカップで沸く2019年日本で、森元総理はそう言った。
ワールドカップ招致に奔走した元総理を忘れるなという意味だと思うが、もちろん嘘である。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

  • 作者:髙橋 宏和
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2015/11/06
  • メディア: 単行本
 

 

親子というもの。

<親子の関係については、『かもめのジョナサン』という世界的ベストセラーを書いたリチャード・バックという作家も面白いことを言っていました。

彼とは対談をしたのですが、あれこれ話をしているうちに、何の気なしに「あなた、お子さんいるの?」と訊いたら、「イエス・アンド・ノー」って答える。「どういう意味?」「僕と妻のあいだには息子がいる。だから、イエスだ」「じゃあ、アンド・ノーというのは何だ」>(城山三郎『少しだけ、無理して生きる』新潮文庫 平成二十四年 p.70)

 

f:id:hirokatz:20191225081108j:plain

 今朝のニュースでは、2019年現在、子どもたちのなりたい職業第1位は「YouTuber」であるという。

昭和時代、ぼくらの子どものころのあこがれといえば野球選手やサッカー選手、テレビアイドルだったはずで、隔世の感がある。一言でいえば「たのきんからHikakinへ」というわけか、と思ったが親父ギャグ扱いされるのは明らかだから一言でいうのは控えておいた。昭和は遠くなりにけり。

 

親子というのは難しい。

価値観は時代によってどんどん変わっていくが、親の世代の価値観のまま親は子に接するし、子は親の心配をよそに新しい時代の価値観で生きていく。

それぞれの価値観に従って、時に親は子をおさえつけしめつけカタにはめようとし、時に子は親に反発し飛び出していく。

親は「うちの息子/娘は何をやっているんだ。アホか」と嘆くし、子は「うちの親は何を言っているんだ。アホか」とののしる。

かといって親がなんでもかんでも子どもの価値観にすりよって、「しっかり動画編集して、あなたはナンバーワンYouTuberにならなきゃダメ!勉強してる暇があったら早く変顔の練習しなさい!」みたいに育てるのもアレだしなあ。

 

親と子、とくに父親と子の関係でいつも頭に浮かぶのは映画『リトル・ダンサー(原題『Billy Eliot』)の父親だ。息子のために、信念を捨て、裏切り者とののしられてもスト破りに参加する姿は、同じ父親として心を強く動かされる。

 

冒頭の引用文はこう続く。

<「じゃあ、アンド・ノーというのは何だ」「しかし、息子はまだ小さくて、一体どういう人間になるのか、どんなことが好きで、どんなところに人生の価値を見出していくのか僕にはまだわからないし、息子だって、リチャード・バックという父親がどこに人生の価値を見出して生きているのか理解していない。つまり、『親父があんなことをやるのは、それは、親父のこんな考え方があるからだ。おれはああいう生き方は好きじゃないけど、でもあれが親父の価値観だ』とわかってくれた時に初めて、精神的に親子になれるんだ」。だから、肉体的にはイエスだけれど、精神的にはまだノーだというわけです。

 親子の断絶なんて言葉がありますが、バックさんは、断絶は当り前だ、と言うのです。最初は断絶しているものなんだ、それがお互いにだんだん成熟してくる。親だって成熟するわけです。子供を見て、「ああ、子供は自分と違った生き方をしている。でも、あいつはああいうことに生きがいを見出して生きているのだから、あれはあれでいいんだ」と理解してやれるようになる。

「親子だから、おまえはおれの子供だから」って親が子に価値観を押しつける。子は子で、「親なんかにわかるもんか」と無視をする。それではいけなくて、親子が違う生き方をするのは当然だけれど、その価値観の違いを互いにきちんと理解し、認め合う。それで初めて精神的に親子になれる。>(上掲載書 p。70-71)

 

誰かの子どもである人、誰かの親である人、すべての人へ。ハッピー・クリスマス。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

  • 作者:髙橋 宏和
  • 出版社/メーカー: 世界文化社
  • 発売日: 2015/11/06
  • メディア: 単行本