「身の丈に合った受験を」萩生田文科相の発言を機に考える、選挙区と政治姿勢

文科相の「身の丈」発言。

みんなが「身の丈」のままだったら世の中現状維持で経済発展もしない。
昨日より今日、今日より明日を良くしたい、今の「身の丈」を越えていこうとするからこそ、少しずつ世の中が発展する。
それを手助けするのが国であり公教育なはずだけれど。

 「身の丈なんか越えていけ 身の程知るのなんか後でいい。 やれるだけやってみろ。 そのために何でも手助けしてやるし、ダメなら何とかしてやる」 大人なら高校生にそう言ってやりたいし、そう言うべきだと思う。 ましてや文部科学省大臣なら。

 

それはさておき、「身の丈」発言で思い出した話がある。

 

「ここらへんの政治風土は面白くてね」
横須賀の喫茶店でとある新聞記者が言った。
「ここらへんの有権者は、地元の祭りに顔出してるくらいなら、永田町や霞ヶ関で仕事してろ、ってところがあるんですよ」
今から10年くらい前の話。

政治家にとって、地元をこまめに回るのが大事、というのはよく聞く話だ。
地域に密着してこそ地元の事情もよくわかるし、地域の要望も聞ける。
なによりも、人間は見慣れたもの聞き慣れたものに親しみを感じるし、頑張っている人を応援したくなる生き物だ。だから常日頃、朝早くから夜遅くまで駅前や地域の会合などで一生懸命頑張っていると少しずつ少しずつ選挙区に支援者が増えて行く。

政治家にとってそんな地元密着が大切だと聞いていたので、横須賀で聞いた「地元より永田町・霞ヶ関」というのはおおいに意外だった。
しかし、横須賀の街を歩いて、なんとなく納得した。
米軍基地である。

 

以下、単なる仮説である。間違っていたらご指摘ください。また良い悪いとかの価値判断は抜きにして、現象としてのみ考えてみた。

 

横須賀の街を歩くと感じるのは、米軍基地の存在感だ。
毎年、米軍基地関係で地元に落ちるお金を考えると莫大な額になるだろう。
昔から米軍基地が存在する横須賀の地元社会では、プラス面マイナス面あるにせよ、米軍基地はあって当然、なくてはならないものであるはずだ。
であるならば、地域の代表である代議士も、親米的な人が選ばれるのも当然で、仮に反米的な考えを持った候補者がいても勝ち抜いていけないはずだ。
横須賀の地元経済において(賛否あれど)米軍が居続けてくれたほうがメリットが大きいのであれば、地域の祭りに顔出すよりも、永田町・霞ヶ関で奔走して日米関係をより強固なものにしてくれる代議士を国会に送り出したほうがよい、ということになる(仮説)。
もしその仮説が正しいとすると、横須賀から選出される代議士は未来永劫、親米的な人になるだろうし、地域よりも国会関係・国際関係に時間的リソースを割くことができるアドバンテージを持つことになる。「外交は票にならない」というが、横須賀などは例外で、米国との外交を熱心にやることが米軍基地から地元経済に落ちるお金を増やすことにつながる、外交すなわち地元対策という選挙区なのではないだろうか。

 

政治家の政治姿勢には、選挙区事情が色濃くでる、という話をしている。

 

そんなことを思い出しながら、ふと「身の丈に合った受験を」という発言の萩生田文科相の選挙区が気になった。
検索すると八王子だそうで、なんというか「絶妙」な感じだ。
都心ほど受験に便利ではないが、離島や山間部ほど受験に不利でもないエリア。
受験に関する不利さがあっても、ある程度自力でリカバーできるエリアではないだろうか。
離島や山間部選出の議員だったら、地域差は「自己責任」なんてことは思わないだろうから、「身の丈」発言は出なかったのではないだろうか。

 

政治家の政治姿勢や思想は、選挙区事情も踏まえるとよく理解できるのではないか、という話でした。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

白い天井を見続ける人と、白い天井を見続けた人へーアレックス・バナヤン『サードドア The Third Door』(東洋経済新報社)

〈人間、やはり一人では生きていけないのだろう。たった一人で生きていける人もいるが、大半の人は、家族がいて、友達がいて、そこでやっと自分の道に向かう梯子を上り始めることができるのではないかと思う。以前父が、
「年配の人はな、若い奴が夢に向かって上っていけるように、梯子をかけてあげるんだよ。自分だけでは、はじめの一歩は難しい。一歩をどう踏み始めるかをアドバイスするのが、経験をつんだ年配の人の役目なんだよ」
と言っていたのを思い出した。〉(滝田明日香『晴れ、ときどきサバンナ 私のアフリカ一人歩き』幻冬舎文庫 平成19年 p.221)

たった一人で、自分の部屋の白い天井を見つめ続けたことはあるだろうか。
埋まらない予定表。
過ぎていく時間。
前に進めぬもどかしさ。
どんどん引き離される、仲間との距離。
見えない未来。
自分はこれから、人生をどう切り開いていったらよいのだろう。
底知れぬ不安とつのる焦り、やり場のないいらだちに苛まれながら、できるのはただ、自室のベッドに寝転がり、白い天井を見続けることだけ。

 

そんな思いをしている人と、そんな思いをしていた人に読んでほしいのがアレックス・バナヤンの『サードドア』(東洋経済新報社)だ。

 

サードドア: 精神的資産のふやし方

サードドア: 精神的資産のふやし方

 

 


ペルシャユダヤ人の息子、アレックス・バナヤンは、USC、南カルフォルニア大学の一年生だった。医学部進学過程に在籍し、移民の子としてディスアドバンテージのすくないプロフェッショナルの道に進むはずだったが、彼の心には、消し難い思いが湧き出ていた。
ほんとうのところ、ぼくはどう生きたいんだ?

 

やる気の出ない自分に刺激を与えるべく、彼は重い体と心を引きずり図書館へ向かう。ビル・ゲイツみたいな人の伝記を読めば、人生のはじめかたがわかるのではないか。しかし、ビル・ゲイツの本には、アレックスの望むものはなかった。スティーヴン・スピルバーグの本にも、レディ・ガガの本にも、人生のはじめかたは書いていなかった。

 

〈そのとき、能天気な18歳の思考にスイッチが入った。
“誰も書いていないなら、いっそ自分で書くのはどうだ?”〉(上掲書p.8)

 

そして、アレックスは会いに行った。
スピルバーグビル・ゲイツウォーレン・バフェットラリー・キング、スティーヴ・ウォズニアック、クインシー・ジョーンズレディ・ガガ。現代アメリカのレジェンド、アイコンたち。
もちろん、ことはそう簡単に運ばない。
舗装されたまっすぐなハイウェイではなく、砂利や水たまりだらけ、時にヤブに覆われたロング・アンド・ワインディング・ロードをゆくポンコツ車の旅だ。
『サードドア』は、そんなアレックスと、メンターたちの、魂の旅路を描いた物語。

 

メンターの一人、エリオット・ビズノーが言う。
〈「1年半前だったよな。お前が初めて俺にコールドメールを送ってきたのは。実はその1カ月前に、俺は新年の決意として、誰かのメンターになろうと決めてたんだ」〉(p.331)

 

Walk on the wild side, Be yourself no matter what they say, and knock thousand doors.

『サードドア』は語りかける。

今、白い天井を見続けている若者には、ワイルドサイドを歩け、千の扉を叩け、と。

 

Help others, Be a mentor, Be someone's inside man.
『サードドア』は語りかける。

かつて白い天井を見続けていた大人には、誰かのメンターになれよ、若いヤツの夢に梯子をかけてやれよ。アンタも昔、そうしてもらったじゃないか、と。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

引く医者、引かぬ医者part.8~多くの患者さんは、自分の病名を覚えていない、という話。

引く医者引かぬ医者の話。

「患者さんを主力としたチーム医療」とは何かを語る前に、非常に残念な事実を話さなければならない。
前提として、ぼく自身は軽症慢性期比較的ご高齢の患者さんの外来診療を生業としていて、限られた地域の限られた範囲の患者さんを観ているだけである。ぼくが観ているものが例外であることを願ってやまないが、まず第一に、通院患者さんには、自分が何の病名で通院しているか知らない人が少なくない。問診の中で、ほかの病院に通院していることがわかっても、「なぜ通院しているんですか?」と伺っても「…さあ?」という答えが返ってくることがしょっちゅうだ。
少なくない患者さんが、自分の通院している理由である正確な病名を把握していない。自分が内服している薬の名前や期待している効果を覚えていない。ただ、「白くて丸い薬を“飲まされている”」とおっしゃる。

チームというのは、共通の目的を持って各々が自発的かつ協調してこそチームとして機能する。
なんという病名の病気に対してのチーム医療なのかすらチームメンバーが把握していないのならば、有効なチーム医療とはなり得ない。

患者さんが自分の正確な病名も把握していないということが例外事象であることを祈るが、その責任は第一に主治医にある。なぜなら、プロだから。

主治医は、「もちろん病名は初めに説明している」というだろう。説明したのも事実だろうが、患者さんの記憶に残っていないのもまた事実なのだ。
医者はじめ医療者は24時間365日何十年も医療のことを考えている。医療者にとって、医療は日常だ。だから日常会話のごとく専門用語を使って話をするし、医療の現場では常識である様々な病気のことも、一回話せば相手が理解し記憶すると期待してしまう。
しかし患者さんにとって病気や病院は非日常だ。今まで聞いたこともない用語や概念を伝えられても覚えられない。
ぼくら医療者だって、パソコンや車の修理という畑違いの局面では、担当者の説明なんか頭に入らない。

だが主治医をはじめとした医療者は、あきらめるわけにはいかない。何度も何度もしつこく繰り返し、手を変え品を変え、病名や病気や薬のことを説明し患者さんに伝え、治療という目的を共有し、患者さん自身にチーム医療のメンバーになってもらうしかない。
なぜなら、我々医療者は、医療のプロだから。
(続く)

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

引く医者、引かぬ医者part.7~「目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない」の話。

引く医者引かぬ医者の話。

医療業界のスラングで「引く医者」と言えば、受け持ち患者さんがなぜだか次から次へと重症化していく医者のことを言う。
「引く」原因には複数の要因があり、スーパーナチュラルな部分もあるかもしれないが、人智の及ぶ範囲で「引かぬ」医者を目指したいという話をしている。

〈【教訓6】ユーザを共同開発者として扱うのは、コードの高速改良と効率よいデバッグの一番楽ちんな方法。〉
〈あるいはもっとくだけた表現だと、「目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない」。これをぼくはリーヌスの法則と呼んでいる。〉(エリック・スティーブン・レイモンド『伽藍とバザール』平成11年 光芒社 p.19およびp.24。原題は「The Cathedral and the Bazaar」、リーヌスの法則Linus's Lawは「Given enough eyeballs, all bugs are shallow.」)

ぼくはコードはビタ一文書けないし、「伽藍とバザール」が出たのは20年も前だから、今のソフト開発の主流な思想がどのようなものかも知らない。だが、上記のリーヌスの法則はぼくの診療行為に大きな影響を与えている。

大前提として、ぼくは成人の軽症慢性期の患者さんの外来診療を生業としている。だからああだこうだ言うことは、小児科領域や救急医療、入院医療でも成り立つとは限らない。

その前提のもと話を続ける。
リーヌス(リーナスとも)の法則を医療に応用するというのは、有り体に言えば「チーム医療」、もっと言えば「患者さん自身をチームの主力としたチーム医療」ということになるだろうか。
「チーム医療が大事」という話は多くの場合、医者が威張っていてそれではダメ、みたいな生ぬるい話に終始する。生ぬるい話をしたい人はしていればよいが、「チーム医療」は全知全能でない人間が極力ミスや見落としを無くすための仕組みの話である。Yes, To Err is Human.

(続く)

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

引く医者、引かぬ医者part6~「様子見ましょう」と言わない、ということ。

引く医者と引かぬ医者の話。

担当した患者さんが片端から重症化したり、アクシデントが多発したりする状態を、医者のスラングで「引く」という。
若い間、十分なバックアップとフィードバックのもとで「引く」のは悪くない。多くの経験、とくにトラブルシューティングの経験が積めるし、それは医者の力になるからだ。
だが、一定の年代になったら、「引かぬ医者」を目指さないと身が持たない。

「引かぬ医者」になるために、ぼくが自身に課しているのは、「様子見ましょう」と言う言葉を極力言わないようにすることである。なぜなら、「様子見ましょう」というのは思考停止だからである。

ある薬を患者さんに処方したとする。しばらくして患者さんが「あの薬を飲むとなんとなく調子が悪い」と言ってきたら、安易に「様子見ましょう」と言ってはいけない
何がどう調子悪いのか、その調子の悪さは重要なものなのか、実際にその薬によるものなのか、十二分に検討しなければならない。投与を継続すべきか中止すべきか決定し、継続すべきあるいは中止すべきであればその根拠は何か明確にして患者さんに方針と根拠を提示しなければならない。検討と判断と方針提示をおろそかにして安易に「様子見ましょう」を乱発すれば、いつの日か、「引く」。そう遠くない未来に。

ぼくも患者さんに「様子見ましょう」と言うことはもちろんあるが、その回数はおそらく週に数回だと思う。

検討や判断を先送りせず、その場その場、“爆速”で検討し判断し意志決定していくクセをつけていくことが「引かぬ医者」になる必須であると信じるが、本当にそれが正しいかは、しばらく様子見ましょう。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

「柳井正氏の怒り『このままでは日本は滅びる』」が見落としているもの。

ユニクロ柳井正氏の記事が話題だ。
https://business.nikkei.com/atcl/NBD/19/depth/00357/?n_cid=nbponb_fbbn&fbclid=IwAR2b3Hr0YDXmARsBBCPUUoNc5upsiNQT2l-aKqiIwwSZgk3aFhGtP2N7vHU

危機感はおおいに共有するけれど、対応として「国の歳出を半分にして、公務員などの人員数も半分にする」荒療治、と言っているのはあまりに古い考えで、レーガンサッチャー時代の感覚と思う。誰か経済学者なりがきちんと反論することを望む。

 

頭の整理のために書いてみるが、間違えていたらご教示ください。
「公務員を減らせ」と主張する人の頭の中にある「公務員」像は、おそらく市町村役所の窓口の暇そうで横柄な人、というイメージであろう。
しかし数で多いのは「現業」。現場で働く公務員だ。
現場の自衛官は約22万5000人。警察官は28万6000人くらい。そのほかにも国立病院や国立大学(ただし今は独法化)の医者看護師教官なども公務員(やみなし公務員)で、「公務員を半減せよ!」という世論になったら、目標達成のためには「現業」の人を半減するのがてっとり早い。
だから、地方の「働かない役所の人」(それも今となってはフィクショナルな存在だ)を半減しろ、というつもりで「公務員半減」を主張しても、結果は自衛官や警官や国立病院の医者や看護師が半減される(この部分、昔Tくんに教わった)。
で、「現業」の現場は、半減した人員では回らないから、サービスを半減するか、足りないマンパワーを民間の派遣業に委託する。区役所とかの窓口はとっくの昔にそうなっていて、クレーマーな人が「小役人を怒鳴りつけてやった」と得意顔だったりするけど、派遣社員の人をいじめてるだけだったりする。
また、以前からある「役所は人件費が高すぎる」という世論に従い、中央官庁でも様々なところを外注しているはずで、調査や政策立案部分にコンサルタントを入れたり、法案作成の部分などに外部の弁護士事務所を入れたりしている。
外注した予算のところは「人件費」ではなく「業務委託費」などで計上されるので、「改革の結果、官庁の人件費割合を下げられました!」と言えるわけだ。
で、長年その体制でいると、官庁内部にノウハウが蓄積しないから、内部の調査能力や政策立案能力や起草能力が伸び悩む。指導できる人も限られてしまうから、若手が育たない。若手が育たなければ、中堅はいつまでも下っ端仕事に忙殺される。魅力的な職場でなくなれば、有能な人材は集めにくくなる。

 

上記のような事態が、ここ20〜30年進行してるのに、今時「公務員と国の歳出を半減することが日本を救う!」なんて言われると、はっきり言ってどこに目をつけてるのかなあとがっかりするわけである。読書家で知られる柳井氏だが、記事の公開部分だけを読む限りは、先入観が強く、読書により自分の考えを見直すタイプではなく、読書により自分の考えを強化していく(自説にあうところだけを取り入れる)タイプではないかと危惧される。

 

www.hirokatz.jp

 

引く医者、引かぬ医者part.5~どんなときに"引く”のか

“引かぬ”医者になるための話のための超長い前フリ。

 

ルネ・デカルトは『方法序説』Discours de la methodeの中で、物を考えるにあたり4つのルールを自らに課した。
1.明証性の尊重
2.問題の分割
3.単純性の尊重
4.網羅的列挙
である。


デカルト方法序説』から安宅和人『イシューからはじめよ』に至るまで、複雑怪奇な事象を考え対処するには、分割して個別に解決していくのが基本だ。
時にそうしたアプローチは還元主義Reductionismとして批判されるが、おそらく通常の人間の頭には、難問を分割して理解し判断して解決していく以上の方法は見つからないだろう。猛烈な演算能力と疲れ知らずの演習能力を持つAIなら、モノゴトを丸ごと理解することも可能かもしれないが。

 

さて、超長い前フリのあとで、“引かぬ”医者になるための話に戻る。
あくまでも現時点でのぼく個人の考えである。

それは、「病気のことだけにフォーカスを当てて素直に考える」というものだ。素直に考えて、患者さんの病気を治すために何がベストか。とにかくまずはそれだけ考える。

 

振り返ってみて、自分自身が“引いた”ときには、患者さんの病気以外のことであえて言えば目が曇り、判断が鈍った。


以下、フィクションを交え書く。
たとえば深夜の当直。救急外来に腹痛の患者さんが来院し、もしかしたら手術が必要かもしれないが、深夜なので外科医は病院内にいない。「夜の2時だし、外科医を呼び出すのは申し訳ない。朝までなんとか様子を見るか」と、患者さんの病気以外の「外科医への遠慮」を考えたときには判断が鈍り、“引く”。
あるいは、「〇〇日が退院予定だけど、その日は仏滅だから早めに退院させてよ」(地域にもよるが、昔は入退院予定日が仏滅かどうか気にする患者さんがいた)と患者さんから頼まれて、ちょっと早いけどまあいいか、と退院日を早めると、“引く”。
「この間処方された薬飲んだら調子悪い。副作用じゃないか」と患者さんにきかれ、「そんなはずはない。オレの処方が信用できないのか」と、患者さんの病気以外に己のちっぽけなプライドが頭にあると、“引く”。
ほんとは入院してもらって一晩様子を見たほうがよいけど、空きベッドもないし、今晩は帰ってもらっても仕方ないか、とかやると、“引く”。
思い返すだけで胃が痛くなる。

 

“引く”パターンを振り返ると、患者さんの病気以外のことを判断材料にした場合に、“引く”。
“引かぬ”医者になるためには、上記の長い前フリを踏まえて、あえて「病気のみを見る/診る」姿勢を基本にするほうが良いと、ぼくは現時点では考えている。
高木兼寛先生のお弟子さん以外の人に「最近の医者は病気は診るが病人は診ないね」と批判されたときにアイマイな笑顔を浮かべるのはそのせいだと思ってください。

(続く)

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45