組織や会社のトップにセクハラ・パワハラな人が跋扈する4つの理由。

スポーツ団体のえらい人のパワハラ問題などがずっとニュースをにぎわしている。

 

組織や会社のトップのほうにセクハラ・パワハラ的なとんでもない人がいる理由には少なくとも4つある。
イメージしやすいように次長課長と仮置きする。お前に喰わせるタンメンは無え。

さて組織トップにパワハラ的な人が跋扈する理由だが、第一に、権力は人を腐らせる。古来より帝王学が存在するのは、そうしたものがないと帝王の地位が人を傲慢不遜にしてしまうことの裏返しである。

 

第二に、出世競争というのは一種の権力闘争なので、人としての良心のない人の方が残念ながら勝ち残りやすい。ライバルに向けた銃の引き金を躊躇なく引ける者のほうが生き残りやすいわけである。

 

第三に、これは1とも関連するのだが、「ピーターの法則」がある。ダイヤモンド社から出ているローレンス・J・ピーターの同名書の受け売りであるが、「組織はそれぞれの無能レベルに応じた者によって満たされる」という法則だ。
有能な課長がいたとする。有能な課長は有能さゆえに次長に引き立てられるが、セクハラ・パワハラ的要素も持っているとする。有能&パワハラな元課長兼現次長は、有能さゆえに部長に取り立てられる。いつしか彼は取締役になるが、セクハラ・パワハラゆえに社長になれる器でないとすると、出世コースはそこで行き止まりで、定年までそのポジションで過ごすことになる。取締役のポジションはこれから何年もの間、パワハラ人材によってオキュパイされることになる。同様に、部長の座、次長の座、課長の座はパワハラさがそのポジションが要求する有能さを上回った者によって占められていく。

 

第四は、第三の理由と逆のベクトルである。パワハラ・セクハラ課長が現場に迷惑をかけているとする。「止めてください」「辞めてください」と周囲が言っても彼は聞く耳を持たない。なぜなら彼はパワハラ人材だから。困り果てた部下たちは一案を思いつく。「現場から離れてもらおう」。「〇〇さんはもっと大きな仕事をするべきですよ」とか言っておだてて上のポジションに押し上げて現場から隔離する。一種の厄介払いである。次のポジションでも同様なことが起こって、結果、現場からもっとも遠い一番上のポジションにとんでもない人物が押し上げられてセクハラ・パワハラ暴君が誕生する。

 

上記の4つの力学が相まって、時としてとんでもないセクハラ・パワハラ暴言王が絶大なる権力を持ってしまうんだよなあ、とクアーズバドワイザーをちゃんぽんで飲みながらホワイトハウス勤務の友人がグチっていた(嘘)

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

全米オープンに寄せられた感想「審判ももっと空気読めばよかったのに」に思う雑感。

テニスのことも大坂ナオミのこともなにも知らないし中継も見ていないんだけど、試合やブーイングについてのネット上のコメントで

「審判ももっと空気読めばよかったのに」

というものを見かけて立ち直れないほどの衝撃を受けた。立ち直るけど。

「法」や「ルール」より「空気」を優先して戦艦大和を沈めておいて(山本七平「空気の研究」)、日本人にはまだこういうこと言う人いるんだなあ、と。

ヨーロッパ人はルール・メイキングしようとする傾向にあるが日本人は「空気」や「雰囲気」をルールより上位におく。
長年連れ添った夫婦の食卓では「あれ取って」でなんでも通じるように、同質性が高く共通体験が豊富なら「空気」でものごとは運営できるが、異質性・多様性の高い集団では「空気」に頼っては混乱するばかりだ。こちらの「空気」とあちらの「空気」が同じものとは限らないからだ。

奈良の古寺を訪れたとき、高僧が言った。「宗教交流でイスラムの方とかキリスト教の方とかもようくるんですが、お別れのときにいつも『平和を!』と言うて別れるんですな。そのたびに思うのはわたしらが言ってる『平和』とこの人らが言ってる『平和』は、果たして同じものをなんやろか、と」。

多様性のある社会を目指すなら、あるいは価値観の違う人たちと渡り合うつもりなら、「空気」に頼らず全てを言語化して一個いっこルールを作って厳格に運用しなければならない。それを怠るなら、決してうまくはいかないだろう。
「なんでもかんでも言わないとわからないのか」という叱責は通用しない。なんでもかんでも言わないとわからないのだ、文化が違うから。
それはとてもとても面倒くさくて大変な行為だが、やっていくしかないんだろう。
伝わるかなー、この「空気」感。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

「プランS」がもたらす知の地殻変動

ヨーロッパの研究助成財団が、助成を受ける科学者に、オープンアクセスでない科学雑誌(含.nature、Science,cellなど)への投稿を禁じるのだという(「plan S」というそう。ソースは下記)。

Radical open-access plan could spell end to journal subscriptions


この話に、とても知的興奮を覚えた。そのうちサイエンスライター竹内薫氏や、コピーライト/コピーレフトの流れを踏まえ山形浩生氏がきっちり書いてくださると思うがスピード勝負でこの知的興奮について書いてみる。

さて、現状では研究者が有名科学雑誌の記事を読むためには論文1本あたり数十ドルを請求される。
どうして有名科学雑誌側が数十ドルも請求することができるかというと、有名科学雑誌の「格」が高いからで、なぜ「格」が高いかというと「インパクト・ファクター」が高いからだ。「インパクト・ファクター」が高い雑誌にはみんな論文を投稿したがるし、その結果、みんなが読みたがる良い論文が集まる。


インパクト・ファクター」とはなにかというと、その科学雑誌がどれだけ影響力があるかを示す、ドラゴンボールでいうところの「戦闘力」みたいなものである。
ある論文が他の論文にどれだけ引用されているかを数値化し、引用されている回数が多いほど影響力が高い、と仮定したのが「インパクト・ファクター」で、引用(リンク)されている論文やサイトほど価値が高いとしてよいであろうという考えはgoogleの検索ロジックのもとにもなっている。
論文投稿する研究者にとって「インパクト・ファクター」がなぜ大事かというと、俗世にまみれた言い方をすると出世の武器になるから。ある研究ポストが1つあって、応募者が複数いると、自分が今まで科学雑誌に掲載した論文の「インパクト・ファクター」の合計の多い人が有利になるのだ。
科学が細分化した今、どの人がその専門分野で優れているのかを他分野の人が判断するのは難しい。その人が持つ「インパクト・ファクター」合計点の多さで準・客観的に判断する(せざるを得ない)というのはやむを得ないことだろう。

 

で、「インパクト・ファクター」の高い雑誌ほど読むために高いお金がかかるということは、大学などのアカデミア以外の人たちや途上国の研究者にとってとても困ったことであった。
論文というのは1本読めばいいものではなく、理想を言えば毎日まいにち数本ずつ読むのが研究マインドを持った人には望ましいが、バカ正直にそれをやろうとすると1日100ドルずつ支払うみたいな状況になってしまう(アカデミアにいる人たちは所属組織が必要経費として払うが、途上国ではどうなのだろう)。


結果、有名科学雑誌を読みたい人が読めない、という状態が生み出されていたわけで、ここ最近、とても問題視されていた。
今回の「プランS」はそれに風穴を開ける試みである。上記記事によると、責任者は「No science shuold be locked behind paywall/科学はpayの壁に閉じ込められるべきではない」と意気軒高だ。プランSのSはScience,Speed,Solusion,ShockのSだという。


くだんの研究財団から資金援助を受けている研究者がこぞって無料で読める科学雑誌に投稿することになれば、だれもがその論文を読めるようになる。長年その状況が続けば、オープンアクセスの科学雑誌の「格」が上がる。「格」があがればますます多くの研究者が優れた研究論文を無料雑誌に投稿し、次第に有料科学雑誌が空洞化する。

知の地殻変動が起こるのだ。
今回の「プランS」、「知は万人に対しオープンであるべき」ということなのだろうが、ヨーロッパ人は時として理念に基づきこうしたラディカルなことをするからすごいよなー。


ヨーロッパ人ってすごいと思うのは、ルール・メイクしようとするところ(後輩のC君の指摘に多くを影響された言説)。日本人だとルールに従っちゃうんだけど、ヨーロッパ人はルール・メイクしようとする。
サッカー中にボール持って走った奴がいたらラグビーっていう新しいルール作るし、温暖化ガス税もそう。そもそも人権や民主主義なんてのもそれまで世界になかったものを「これからこの新しいルールで行こう」っていったわけだし。
ヨーロッパ出身のD君は、剣道の稽古のときに「これからは剣道では胴を打つのは無しにしよう」と正々堂々と主張して、稽古相手のS君に胴を打たれまくっていたとのこと。セ・ラ・ヴィ。

「質」を生むには「量」とフィードバックが必要、という話。

とある陶芸教室で学生を2グループに分けた。
片方のグループには、成績評価は作品の「量」によって行う、具体的には作った陶器の総量が50ポンドなら「A」評価、40ポンドなら「B」評価とすると告げた。
もう片方のグループには従来どおり成績評価は「質」で行うと言い、制作するのは一点だけで、たとえ一点でも優れた作品であれば「A」評価とすると話した。
最終日、「質」の優れた作品を提出できたのは、「量」で評価されるグループであった。
(デイヴィッド・ベイルズ他 『アーティストのためのハンドブック(原題はart&fear)』フィルムアート社 2011年 p.61-62)

 

「質」を産むには「量」をこなすことが必要、というエピソードで、ぼくら医療業界でも少なくとも医者になりたて数年間はハードワーキングもやむを得ないという感覚と通じるところがある。たくさん患者さんを診て得られる手ごたえというものがある、というフィーリングだ。医者に「働き方改革」とか言われても、そりゃあそうだけど、やっぱり若いうちはある程度の時間を自分の仕事に投入しないとねえ、みたいにもにょもにょとなるのはそのせいだ。

 

「質」を生むには「量」が必要、という話。

友人Nは言う。「科学もトライ&エラーだからねえ」。
たくさん実験してみて、なにがうまくいって何がうまくいかないかをたくさん集積して科学は進む。だから「成功しそうな研究に重点的に研究資金を配分する」とかの政策をみるとがっかりしてしまう。「成功しそうな研究」は前もってわからないからだ。

試行回数が重要、というのは科学にとどまらない。
「多くのことを成し遂げたいと思う者は、今すぐ一つのことを始めよ」(ロックフェラー三世)、「done is better than perfect」(ザッカーバーグ)などなど、ビジネス界にも多くの格言がある。
主語が大きいけども、日本では完璧主義が強すぎて、失敗してもいいからとりあえずやってみる、とかなんでもいいからまずは完成させてそのあとブラッシュアップする、という感覚が許容されにくい気がする。

もっとも、アメリカでも元ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグはこんなことを言っているらしい。<「医学でも科学でも、何かの道を歩いていってそれが袋小路だとわかるだけで、ものすごい貢献だ。その道を二度と行かずにすむじゃないか」と彼は言う。「マスコミはこれを失敗と呼ぶ。だから政府では誰もイノベーションを起こそうとしたり、リスクをとろうとしなくなるのだ」>(『ゼロベース思考(think like a freak)』(スティーヴン・レヴィット他 ダイヤモンド社 2015年 p.248-249)

日本でもアメリカでも、科学もビジネスも、やってみないとわからないし、もしうまくいかなくても<それは「失敗」ではなく、「袋小路の発見」である>(上掲書 p.248)。

ここまで「量」が「質」を生む、という話を書いたが、もちろんやみくもに「量」だけを増やせばよいというものではない。

 

ある研究では、特定の職業では訓練や経験が仕事の質になんの影響も及ぼさないのではないか、という衝撃的な指摘がなされたという。
『失敗の科学』(マシュー・サイド著 ディスカヴァー・トゥエンティワン 2016年)によれば、心理療法士、大学入学審査員、企業の人事担当者などでは、ベテランやプロと研修生の間に成果の差はなかったという(p.67。あくまで同書によれば、という話で、反証や反論があることは承知している)。

 

その理由についてマシュー・サイドはこう言っている。
いわく、暗闇の中でゴルフの練習を100年しても上達しない(同ページ)。
ゴルフを練習してうまくなるのは、一回一回集中して球を打ち、打った球がどう飛ぶかを見てスイングやフォームなどを絶え間なく修正するからだ。真っ暗闇の中でゴルフの練習をしても、どこにどう球が飛ぶかはわからないし、わからないまま100年練習しても上達しない、というわけだ。

 

心理療法士、大学入学審査員、企業の人事担当などの仕事では、自分の仕事のフィードバックを受け取るのが簡単ではない。フィードバックを受けられるとしても何年も何十年も先になるわけで、フィードバックを受けて仕事のやりかたを改善する、というのが難しい職種である、ということのようだ。

 

要は、「量」は「質」を生むが、「質」を生むには適切なフィードバックを自分で確認できるか、上司やコーチなどにフィードバックを与えてもらう、ということとも不可欠なのだ。

 

 そんなわけで「質」を生むには「量」とフィードバックが必要、という至極あたりまえの話なのだが、そんなことよりもっと気になるのは、冒頭の例、50ポンドの陶芸用土をそのまま提出して「A」評価を得ようとする学生がいなかったかということである。陶芸アーティストとしては失格でも、要求された納品基準をノー労力で完璧にこなし高評価を得るわけだから、商売人としては成功しそうである。

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

架空キラキラ女子日記『大東京カレンダー』について。

この夏ずっとやっている遊びで、『大東京カレンダー 綾菜』ごっこというのがありまして。かの有名な『東京カレンダー 綾』のパロディです。

元ネタの『東京カレンダー 綾』は、秋田出身アパレル業界勤務の「綾」が東京という街で人と出会い暮らしていくという話ですが、当初から「ネタ」としてななめから楽しむ人が多かった気がいたします(たぶん)。

たとえば、23歳OLがいきなり三軒茶屋なんて家賃の高いとこ住まないだろう(親からの援助があれば別なのかもしれませんが)とか、ぶっちゃけそんなみんなキラキラしてないよね、とかそんなところがツッコミどころなのかと思うのですがいかがでしょう。
『東京カレンダー 綾』のどこが面白いのかって、言語化して説明するのが難しいですねー。

そんな「東京カレンダー 綾」をからかってやろうと思って始めたのが『大東京カレンダー 綾菜』です。

こちらの「カエル先生・高橋宏和ブログ」とは別に「今日のネタ帳」というサイトを建ててそちらに載せておりますのでもしよろしければご一笑くださいませ。

www.hirokatz1.work

東京医大の女子一律減点問題で現場の医者がいまいち歯切れが悪い理由。

東京医大で女子受験者が一律減点されていた件で、おおいなる批判がわきあがっている。医者のはしくれとして、「女性は不利」というのは聞いたことがあったが、面接などの選考過程を使ってもっと巧妙にやっているのかと思っていた。

 

で、「女子だからといって差別はおかしい!」という部分はまったく賛成なんだけれど、「学ぶ権利を奪われた!医者として得られたはずの年収を、大学に対し損害賠償すべき!大学を訴える女子受験生がいたら手弁当で支援する」という弁護士さんが出てきたり、「東京医大訴訟を支援する会」を立ち上げるから訴える人は連絡して!という人が出てきたりすると少し違和感を感じてしまう。


この違和感というのは、医学部が職業訓練校という感覚が共有してもらえないこと。
医学生として勉強させてもらうと、「医者として恩返しをする義務」を負うことになる(あわてず次の文まで読んでいただきたい)。
それは税金で学費の一部をどうこうとかってちっぽけな話ではなく(国立大学の卒業生が全員公務員になるわけでもないし)、解剖学実習のためにご遺体を捧げてくれた方や、病棟実習で「いいお医者さんになってね」と自らの難病について話を聞かせてくれ、体を診察させてくれ、手術を見学させてくださった患者さん方への恩返しであり、ほぼ無償に近い状態で医学生を指導してくれた指導医たちへの恩返しであり、連綿と続いてきた病いとの闘いの成果をレガシーとして後進に引き渡してくれた先達への恩返しなのだ。

「医者になるつもりはないけど、教養として医学を学んでみたくって。成績よかったから、当然の権利ですよね」なんて医学生に、誰が病いで苦しむ我が身を晒し、手術を見学させたいと思うだろうか。

 

医療の世界から離れ、研究や法曹やビジネス業界に転身する医療者の多くは、その「恩返し」を完遂できないことで葛藤し悩む(西川史子センセイのことは知らない)。医者から作家になった北杜夫も「自分は医者人生で一人の人は救った自負がある。これで(献体してくれた方への)貸し借りなしである」と書いていた。わざわざ書くくらいだから葛藤したと推測する。

たぶんiPS細胞の山中先生ですら臨床を離れるときに葛藤があったと思う。医療現場から離れた医師と話すと、夜も眠れないくらい「ほんとにこれでいいのか」と悩んだ時期があり、一種の後ろめたさを抱えながら生きている。

 

医学部入学はご褒美でもないし、医学生になると色々背負いこんじゃうんだけど、上記の感覚はぼく自身も含めて受験時には体感できない。入学してから何年もかけてじわじわと体に染み込む感覚なのだ。

あるいは医者になってからも「あの時は救えなかったけど、今ならもっと良い判断・治療ができるはず。あの人を今から救うことはできないけど、せめて次に同じような人が来たら絶対救う。それがせめてもの恩返し、いや、罪滅ぼし」という思いを何度も何度も何度もする。ある外科の教授は「俺はたくさん手術してきて、たくさんの人を救えなかった。地獄に落ちると覚悟している」と言っていた。

そこらへんの現場のニュアンスって伝わらないよなーと思うからこそ、奥歯にもののはさまった言い方になるわけです。

 

東京医大の女子一律減点問題ですぐに頭に浮かんだのは、以前に50代女性が群馬大学医学部を受験して、試験の点数は合格者の平均点を上回っていたんだけど、面接などで落とされた事例。この事例は裁判にもなっている。「年齢を理由に不当に不合格とされ、学ぶ機会を奪われた」ということだったと思う。

このときは、不合格になった女性に同情しつつも、「50代で医学部に入学しても医者になるのは60歳近く。それから医者として働ける年数は限られているので、それであれば他の20代の受験生に医者になる機会を譲るのも致し方ない」、というのが医療界の感覚であったように記憶している。

ただし、そうであれば受験要項に「年齢も加味して審査する」と入れるべきだと思う。

 

男性も女性も働きやすい医療環境を、という主張には全面的に賛同する。

ただ、人間相手の仕事なので、今後も手術によっては24時間を越える手術というのも存在し続ける。こうした長時間手術の場合、中断はできないので、執刀する医師はトイレに行かなくてすむよう数日前から水分摂取を控えたりする。

体力のある女性もいるし、女性であるからといって門前払いされるのはおかしいが、一筋縄ではいかないのがこの問題だ。

実際のバリバリ働いている外科の女性医師の中には、パートナーが実質専業主夫的に家庭をキープしている人もいるし、実家やハウスキーパーさんやベビーシッターさんにめちゃめちゃ助けてもらって仕事と家庭を両立している人もいる(夫=パートナーに「助けてもらっている」という表現はしていないことに留意)。

 

また、欧米の医学部では男女比が云々って話もあるけれど、アメリカは世界中から下働き知的労働者をリクルートできる/してる国だし、イギリスはコモンウェルスや東欧とかから、大陸ヨーロッパも東欧やアフリカ・中東から医療者を引っ張ってきて現場のマンパワーを「補正」できる/している国ってことは、誰かデータくつけて指摘してほしい。
以前出会ったイギリスの老GPは「最近のイギリスの医者は英語が通じなくて」と嘆いていた(ただしn=1)。
西原理恵子のマンガで、フランス人に「植民地のアガリをピンはねしてカフェオレでシルブプレとか言いやがって」と暴言を吐くシーンがあったが、一面の真理だよなあ。
いいところはマネすべきだけど、それぞれの国には事情があると心得て話聞くべきだなあということなんだろう。

 

というわけで今回の東京医大の話、ぼく自身の落とし所は、陰で一律減点などしないで、せめて「究極的には男女完全平等を目指すべきだが、本学の教育キャパシティと医療現場の諸条件を鑑み、本年度は男子〇〇名女子〇〇名を募集する。それでよければぜひ受験してほしい」と前もって明示してほしいというところです。

『今日のネタ帳』との住み分けの話。

ながらくこの『カエル先生・高橋宏和ブログ』でまじめなネタもふざけたネタも書いておりましたが、特にふざけたネタのほうが本業を圧迫する可能性が出てまいりました。

実生活では2017年10月から千葉県船橋市の中條医院というクリニックの院長をしておりまして、クリニックのホームページとのリンクしているこちらに、悪ふざけネタばかり書いていると患者さんが不安がる、という感じです。
というわけで、医療や医学のまじめなネタはこちらで、悪ふざけのネタは『今日のネタ帳』というブログでやってみたいと思います。

よろしければお付き合いくださいませ。ではまた。

 

『今日のネタ帳』はこちら↓

www.hirokatz1.work