メリーゴーランド、回る。

f:id:hirokatz:20190316133837j:plain


都心からは少し離れた街にその遊園地はあって、年かさのその遊園地にそのメリーゴーランドはある。

年かさの遊園地に見合ったようにそのメリーゴーランドもこれまた年かさで、今日もくるくる回っている。説明書きによれば、そのメリーゴーランドは実はその遊園地よりもさらに年かさなのだった。

 

説明書きはこんなことを教えてくれる。

そのメリーゴーランドがドイツ生まれなこと、ヨーロッパのあちこちを巡ったあとにアメリカに移って、これまたニューヨークの中心からは少し離れた街の遊園地で回っていたこと。大統領の一人もそのメリーゴーランドに乗ったことがあるんだそうだ。

ドイツでそのメリーゴーランドが生まれたのは今から百年以上前だとか。

 

今から百年前、ドイツの町々やヨーロッパの町で、どんな人たちを乗せてそのメリーゴーランドは回っていたのだろう。日々の生活の疲れを癒すほんのひとときの「ハレ」を彩るため、白馬や馬車にヨーロッパの親子を乗せていたのだろうか。

 

ヨーロッパからアメリカへ旅立つとき、どんな物語がメリーゴーランドにあったのだろう。新興国家のヌーボーリッシュの実業家が、旧大陸でそのメリーゴーランドに目をつけたのだろうか。

黄昏の、コニーアイランド。 

 

《<コニーアイランドへどうぞ!>ポスターが呼びかける。だれもがそれを聞く。そしてみんながやって来た。夏の週末には一分間に千人もの人間が地下鉄や市街電車の駅から吐きだされる。<波(サーフ)>通りをぬけて、浜へ、プールへ、人びとは流れていく。 

 水兵と娘たちは夕暮を待ちかね、街の灯りと夜空の星が、きらきらした光の縫いとりのように、この不思議な場所をかざった。》(ノーマン・ロステン『コニーアイランド物語』晶文社1980年 p.12)

 

ニューヨークから電車で小一時間のコニーアイランドは、かつてニューヨーカーたちが夏のひとときを過ごす観光地だった。でも時が経ちコニーアイランドはさびれていき、そして廃れた。

その遊園地で、メリーゴーランドはどんな人たちを乗せて回っていたのだろうか。働き者のニューヨーカ―の若きカップルや、週末の精いっぱいのお洒落をした子ども連れを乗せて、ぐるんぐるんと回ったのだろうか。

最盛期には行列待ちだったメリーゴーランドもいつしか誰も乗る人がいなくなり、カラカラと空回りして、そして解体された。

 

《真夜中にひとりぼっちでさみしくて

いつのまにか自分の魂も売り物にしちまってるって気づいて

自分のしたこと全てを考え始めて

それから全部が大嫌いになる

だけど丘の上のあの子を思い出せよ

あの子はお前が間違ってたって知りながらも好きでいてくれた

お前はよくやってるよ

あの子だって輝くさ

そして愛の栄光が、愛の栄光がやってくるんだ》(ルー・リードコニーアイランド・ベイビー』。意訳) 

 

働き者のお父さんお母さんやかわいらしい子供たち、時間をもてあましたおじいちゃん、異国から働きに来たカップル。

そんな人たちを乗せながら、そのメリーゴーランドは今日も閉園時間までくるくる回っている。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

 

 

 

「集合天才」についてさらに考えるーアイドルグループを例に。

マイブームの「集合天才」。
わざわざ海を越えなくても、日本の芸能の世界にも「集合天才」の例があることに気づいたのでご報告する。
文献的に裏付けが取れないし聞きかじりなので仮にJ事務所としておく。

男性アイドルグループで有名なJ事務所では、新しいアイドルグループを組むときには異なる魅力を持つメンバーを組み合わせてグループを作っていくという。
仮にSというグループを立ち上げる際、まずは主軸となるKを選ぶ。Kの魅力がクールなかっこよさだとすると、Kに足りない茶目っ気をK自身に求めるのではなく、茶目っ気を持つNをグループメンバーに加える。かっこよいKと茶目っ気のあるNだけでは神秘性が足りないので、KとNに神秘性を求めるのではなく、言葉少なくどことなく神秘的なIを加える。
そうやって主軸となるメンバーにすべてを求めるのではなく、集合体として全方位に魅力を発揮できるようにチームを作っていくのがJ事務所のチームビルディングだという。これこそまさに「集合天才」のアプローチと言える。

ではどのようにしたら「集合天才」のアプローチをとることができるだろうか。
ここで発想の転換が必要になる。

「集合天才」のアプローチをとるためには、全体主義的、集団主義的で「全体責任は無責任/Everybody business is Nobody's business」的な手法ではいけないのだ。
「集合天才」アプローチを成功させるためには、全体をプロデュースする者の個性と、メンバー個々の「個」を尊重しなければならない。

「集合天才」を実現する個々のメンバーを選抜するためには合議制や制作委員会方式はおそらく向かない。強烈な個性を持った「個」が、同じく強烈な個性を持った「個」を選抜して「集合天才」チームを作るのである。

<一か月に一万通ともいう履歴書に、ジャニー喜多川は全部ひとりで目を通す。そのなかからピックアップして、オーディションをする。彼はこう説明する。「オーディションはボクと話をするだけ。事務所のスタッフもいません。部屋の鍵を開けて、椅子をならべて、ジュースとハンバーガー買ってきて。全部自分でやる」>
<「ユー」と少年たちに呼びかけるとき、彼は年齢に関係なく彼らを一個の独立した人格、人柄として扱っている。そして呼びかけられた側もまた、その呼びかけに自分の持つ全力で応えなければならない。少年たちは、自分の頭で考えて、それを実行に移す。その自主的な積み重ねが「成長」につながる。>(<>内、太田省一『ジャニーズの正体 エンターテインメントの戦後史』双葉社 2016年より)

「集合天才」を作る天才は日本にもいた。
上述のJ事務所のチームビルディングの手法は聞きかじりで裏を取っていないので、圧倒的コンプライアンスにより名前を明かすことはできないが、YOU、書いちゃってるよ。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

「集合天才」Collective Geniusについて。

「集合天才」。
いい言葉だなーと最近じわじわと好きになっている言葉で、おおたとしまさ氏の『受験と進学の新常識』(新潮新書)で読んだ。
文脈としては、受験では様々な評価基準・評価方法があるが、全ての生徒が同じ評価方法で最優秀をとることを求めているのではない、いろんな能力を持つ人が組み合わさって、社会として「集合天才」を目指せばよい、という話であったと思う。

同書によれば、「集合天才」は、〈首都圏中学模試センターの職員や本間(勇人)さんと交わした会話の一部。〉(上掲書p.116)とのこと。

 

この言葉を知ったのはおおたとしまさ氏の本だったが、本間 正人 (Homma Masato) 先生のご指摘によれば、米国GEでcollective geniusということを言っているという。

「集合天才」というアイディアについて、手持ちの本から重なりそうなところをピックアップしてみる。

・1990年代初期、シカゴブルズが何度も優勝した。世界中のプレーヤーがマイケル・ジョーダン(MJ)にあこがれた。
<でも、彼だけの力で試合に勝ったのではない。彼が本当に天才だったのは、チームとうまくやることができたからだ。ブルズのフィル・ジャクソン監督は頭がめちゃくちゃいい人で、彼の指導方法は伝説となっている。彼は、1人のプレーヤーではチャンピオンシップに勝てないことをよくわかっていた。そして、MJを中心にして「ドリームチーム」を作ったのだ。>(Brian W.Fitzpatrickら『Team Geek Googleギークたちはいかにしてチームを作るのか』オライリー・ジャパン 2013年 p.4-6)

<隠れ家に1人でいたら、才能が開花することもない。秘密の発明をこっそり準備していたら、世界を変えることもできないし、数百万人のユーザーを喜ばせることもできない。誰かと一緒に仕事をしなければいけないんだ。ビジョンを共有しよう。仕事を分担しよう。他人から学ぼう。そして、素晴らしいチームを作るんだ。>(同書 p.13)

 

<というわけで、チームで働くときのポイントを紹介しよう。(略)

謙虚(Humility)
 世界の中心は君ではない。君は全知全能ではないし、絶対に正しいわけでもない。常に自分を改善していこう。

尊敬(Respect)
 一緒に働く人のことを心から思いやろう。相手を1人の人間として扱い、その能力や功績を高く評価しよう。

信頼(Trust)
 自分以外の人は有能であり、正しいことをすると信じよう。そうすれば、仕事を任せることができる。

この3つを合わせて「HRT」と呼びたい。読み方は「ハート」だ。痛みを軽減するものだから、苦痛の「hurt」ではなく、心の「heart」である。>(同書 p.15)

 

世界の天才プログラマーたちが集まるGoogleで、「HRT」というアイディアがチームづくりに活用されているというのは興味深い。

1人の全知全能のプログラマーが世界を変える、というのはSF映画の中だけのようである。実際にはさまざまな能力を持った人たちが集まって、まさに「集合天才」Collective Geniusを作っているのがGEであり、Googleなのであろう。

 

考えてみれば、ピッチャーだけで野球はできない。
桃太郎だって、家来が犬だけだったら困るだろう。
ルパン3世も次元と五右衛門という違う才能が集まるから話が膨らむ。
鋼の錬金術師だってサイボーグ009だって幻魔大戦だって異なる能力が集合天才を形成するのが肝要な点で…

結論)人は、連休明けには現実逃避したくなるもののようである。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

 

『山月記』を読みながら。

いま一部で話題の『山月記』を青空文庫で読む。

 

よくこういうので誰かが漢詩を浪々とうたいあげてほかの誰かが書きとめる、みたいなシーンあるじゃないですか。
漢詩とかってよく知らんけど韻とか踏むじゃないですか。韻とかって同じ音とか似た音を駆使するわけで、ああいう漢詩をうたいあげて誰かが書きとめるシーンの裏側には数多の悲劇があったと思うんですよ。

 

「なんとかかんとかなんとかかんとかキョウ
かんとかなんとかかんとかなんとかキョウ
なん…」
「センセ、ノリノリなとこすんまへんけど、いまのキョウってどんな字ぃでっしゃろ?」
「ああ、いまのキョウはキョウカイのキョウやな。ええか」
「はあは、教会のキョウ、教えるのキョウでんな」
「お前いま何ゆうた?教えるのキョウやて?教えるのキョウは1行目のほうやないか。2行目のキョウはもう1個のキョウカイのキョウやで!」
「ああー1行目のキョウは教えるのキョウやったんや。これで意味が通じるわ。わし1行目のキョウに協会のキョウ、協力のキョウ書いとったわ。2行目のほうがもう1個のキョウカイ、協会や協力のキョウなんやな」
「まてまてまて。2行目のキョウはそっちやなくてもう1個のキョウカイゆうとるやないか。境界線のほうのキョウカイ、境い目のキョウ、引っ越しのサカイの境ゆう字ぃや、2行目のキョウは」
「はあはあ、2行目のキョウは境い目のキョウなんやな…わかりにくくていかんわほんまに。…しかし引っ越しのサカイのサカイって境でええんやろか、酒井や坂井ちゃうんやろか、ねえセンセ」
「ああもうごちゃごちゃうるさいやっちゃ、あとでググればええやないかしかし。ワシいまノッてんねん。これはえ漢詩になるでー。名作のヨカン、ゆうやつやな。ほないくでー」
「センセ、ぐぐるゆうてもここwifiつながりませんねや」
「うるさいうるさい。あんまごちゃごちゃゆうてるとワシ、虎になるでほんま。…なあ、『ワシ』が『トラ』になるてちょっとおもろない?」
「しょうもな」
「…お前のせいで続き忘れたやないか!」

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

ファミマ「子ども食堂」批判に思う。

ファミリーマートが「子ども食堂」を行うとのこと。それに対する疑問点・懸念点がweb記事になっていたりする。

news.yahoo.co.jp

誰かを批判したいわけではない。これまで実直に「子ども食堂」運営をされてきた熱意に敬意を表したいし、ファミマ「子ども食堂」事業に限らず世の中なにごとも完璧ということはないので疑問に感じる点を整理して世に問うてくださるのはありがたい。

ただある本の一節を思い出したので引用しておきたい。

 

フローレンスの駒崎弘樹氏が病児保育事業を始めて、それを厚労省に「パクられた」ときに憤慨して、介護業界のフロンティアの人に相談したときの話。好きな話なんで長くなるが以下引用。

 

<「あなたは本当にケツの青い若造ね。その程度のことで何をグダグタグタグタ言っているのよ。そんなことは当たり前のことなのよ」
「当たり前って、どういうことですか」
「よいこと、介護保険制度ってあるでしょ。あそこで使われているケアマネジメントのプロセスであるとか、コーディネーターの仕組みとか、そういった全体の仕組みはね、やわらぎが一番最初に始めたことを国が視察に来て、介護保険をつくるときにパクっていって、制度設計したわけよ。福祉政策なんて、そんなもんなのよ。いつだって志ある市民たちがリスクをかけて実例をつくるのよ。それが成功事例になったら国や自治体がそれを政策化して、世の中に広げていくって寸法よ」
「そ、そういうもんですか」
「そうよ。むしろ国にパクられて一人前、くらいのもんじゃないの」
「で、でも、ビジネスの世界だったら、著作権とかビジネスモデル特許とかあって、先行者の利益が守られるわけですよ。でないと、創造しようとする人間が苦い思いをして、真似した人がおいしい思いをする。そうなったら、社会全体で創造が行われず、沈滞してしまうじゃないですか」
「ビジネスの世界じゃあ、そうねえ」
「でしょ。僕たちも一緒じゃないですか」
「本当にそうかしら」
「え、違いますかね」
「あなたの目的ってなんなのよ。あんたがしたいことって、何さ?」
「どっかで聞いたセリフだな……。えっと、病児保育問題を解決して、『子育てと仕事の両立可能な社会』を実現することです」
「そうするとさ、病児保育問題を解決するんだったら、国にパクられたほうがいいじゃないか。そのほうが全国で取り組みが始まるんだもの」
「う、言われてみれば」
「あなたいますぐ全国行って病児保育やれるわけ?」
「いや、やれないっす」
「だったら、いくらでもパクらせてあげればいいじゃないの。むしろ神様、役人様、ありがとうございます、って拝まないといけないくらいさ。先行者の利益?あんた利益のためにやってるんじゃないでしょ。社会問題の解決のためにやってるんでしょ。何が利益だ、ケツの穴の小さい男だね」>
駒崎弘樹『「社会を変える」を仕事にする』ちくま文庫2011年 p.222-223。原著は2007年発刊)

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

吊り革につかまるのが大好きな子どもたちへー通勤電車にて。

朝の通勤電車。
若いお母さんが子どもを抱っこしてたっている。
席はあいているが、吊り革につかまるのが楽しくしかたない我が子のために一生懸命抱っこしているのだ。
あるある。ぼくは心の中で共感した。子どもってなんであんなに吊り革につかまりたがるんでしょうかね。

 

子どもにとって世界は常に刺激で満ちていて、なんでもかんでも体験するのが新鮮なのだ。
いつの間にか子どものころのその感受性を失ってしまって、大人になったぼくたちは「いつもと変わらない毎日」というものにいささかうんざりして日々を過ごしている。

 

でもね、とぼくは見知らぬ子どもに心の中で語りかけた。大人になるといいこともたくさんあるんだぜ。
どこに行こうとなにをしようと自由だし、仕事とかでだれかの役に立つことだってできる。
ほかにもまだまだ大人になると毎日まいにちいいことが待っているよ、とぼくはその子に心の中で話し続けた。


なにしろさ、大人になったら、何十年も、通勤電車の吊り革につかまりたい放題だぜ。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

人はなぜ学ぶのかについての二つの立場ー「三角関数なんか社会に出たら使わない」をきっかけに。

三角関数なんか社会に出たら使わないんだから、みんなが高校で学ぶ必要はない」という論について。

内田樹氏は2007年の著書『下流志向 学ばない子どもたち 働かない若者たち』(講談社)で、市場主義は即時の等価交換が原則であり、教育は市場主義・商取引にはそぐわない、と指摘した。
なぜなら「教育の逆説」というものがあり、
<教育の逆説は、教育から受益する人間は、自分がどのような利益を得ているのかを、教育がある程度進行するまで、場合によっては教育過程が終了するまで、言うことができない>(上掲書  p.46)からだとした。

つまり、三角関数を学ぶ人は、学んでいる間や、ましてや学ぶ前には三角関数を学んでなんの利益になるかわからない、ということだ。

三角関数を学んで三角関数に代表される数学にハマり、数学の道や数学を生かした道で生きていくようになるかは、学ぶ前にはわからない。本人もわからないし親や教師もわからない。

誰が三角関数を入口とした数学の世界や数学を生かした世界にハマるか前もってはわからないからこそ、学校では広く浅く学ぶわけで、そこのところを「三角関数に関心がある者だけが学べばよい」ってのは机上の空論であるよなあ。


さて、なぜ人間は学ぶのかという問いに対し、大きく分けて二つの立場がある。
一つは「役に立つから」派であり、もう一つは「人間だから」派である。
自らや議論相手がどちらの派に属するか無自覚だと、議論はすれ違い時間を浪費する。

 

「役に立つから」派の近代日本のボスといえばおそらくかの福澤諭吉翁である。福澤翁は「学問のすすめ」で、天は人の上に人を作らず人の下に人を作らずと生来人間は平等なものだが、と前置きをした上で、にもかかわらず実際にはえらい人えらくない人富者貧者がいるのは何故かと読者に問いかけた。
翁は、世の中平等に作られているにもかかわらず実際はそうではない、それは何故かといえば、ひとえに学問のあるなしではないか、と説いた。
福澤翁は一方で、自らの生活すら成り立たせるのが危うい儒者がいることを指摘した上で、「学問に凝ることなかれ」としてあくまで実学、実際に役に立つ学問の必要性を打ってた。なおこの部分の認識が間違えてたらご指摘ください。あそこの二郎ラーメンおごりますんで…。

また、本間正人先生のご教示によれば、「役に立つから」派の代表にはジョン・デューイがいる。

デューイは、
<教育の主要な目標や目的は、教授することにさいしての教材を包含している知識の組織化された統一体と、あらかじめ用意された熟練様式を子どもたちに習得させることによって、子どもたちに対する未来の責任と生活上の成功を準備してやることにほかならない。>としている(『経験と教育』講談社学術文庫 p.18)。

 

さて、人間が学ぶのは「人間だから」派について述べる。 
「人間が学ぶのは人間だから」という立場は古代ギリシャに端を発する。

プラトンPlatonは『饗宴Symposium』の第8章で、人間が知恵を追い求めるのは愛を追い求めるのと同根で、エロスの精霊によるのだとソクラテスSocratesに言わせている(同掲書。光文社古典新訳文庫 kindle版 1328/3164あたり)
この「人間が学ぶのは人間だから」という立場では、学問の第一の価値は役に立つか立たないかにはない。完全ではない人間が、自分の持っていない、世界の真実や美を手に入れて、完全や永遠に近づきたいというのが学ぶ原動力なのである。


あるいは同じ「人間だから」派でも、論理を重視する立場についてはこうも言える。

学ぶことによって、神によって放り込まれたこの理不尽で不可解な世界が、決して神の気まぐれによって動いているのではなくなんらかの法則によって動いているのだ、という驚きと喜びを感じることができるのだ、と。

なお、この立場、論理を重視する立場の学求者は、「人はただただ神の御心に沿って生きるべし」という世俗の価値観とぶつかることがある。イギリスやアメリカには「タウンアンドガウン」という言葉があり、タウン=町とガウン=大学は往々にして相容れないものだったりする(山崎正和『文明としての教育』新潮社 2007年 p.113-114)。ここの部分の認識が間違っていたらご指摘ください。フィッシュアンドチップスおごります。

 

また、アメリカでも「男らしい男は大学なんかいかないで腕一本で働く」というマッチョな価値観を持つ人はいるし、日本でも地域によっては「高い金払ってこどもに学問つけて何になる」という価値観は存在する。
学問=役に立たない、という認識も世界中にあるのだ。

 

それでもなお「何故」を問い続け、答えを見つけることに喜びを感じる人々がいる。そうした人にとって、学問が役に立つか立たないかはたいした問題ではない。

人が何故学ぶのかについて、自分や議論相手がどちらの派閥に属しているのかを自覚した上で議論を眺めてみるのも面白いと思う。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45