中條医院にCT搭載車が来る理由。

f:id:hirokatz:20190907185541j:plain


〈「未来はすでにここにある。ただ、均等に行き渡っていないだけだ」
ウィリアム・ギブスン〉(ダグ・スティーブンス『小売再生』プレジデント社 kindle版2537/3969より孫引き)


過疎地の未来、というのを考えたことがある。
点在する住居、まばらなインフラ。
ひとつの解決策はコンパクトシティ、集約して住む、ということだが、言うは易く行うは難し、転居という私的行動に、税金という公的なものでどこまで支援してよいのかという議論もあるし、「一所懸命」という言葉もあるように、日本人は一般的に土地に対する執着が強い。考える習慣のない人は「そうしたマインドを変えなければいけない」なんていって話を終わらせるんだろうが、ドラッカー先生も「社風を変えようとするのは国民性を変えようとするごとき行為。あきらめろ」とおっしゃるように、社風も国民性もそう簡単には変わらない。
国民にあまねくライフラインを提供する、というのが国家の使命だとするならば、やはりアクセス可能な場所に公的インフラを整備しなければならない。
ただ、過疎地にたくさんの市役所分室や図書館、病院や銀行を作るというのは現実的ではないから、市役所搭載車や図書館搭載車、診療所搭載車、銀行ATM搭載車や郵便局搭載車などを作って、地域ごとに日替わりでぐるぐる巡回させたらどうか、とかつて夢想した。過疎地だから車は止め放題だ。
今日は銀行ATM搭載車、明日は診療所搭載車、明後日は市役所分室搭載車が来る、となれば、過疎地であってもある程度の公的インフラ整備義務は果たせる、というわけだ。

 

9月7日から、中條医院に月1回、CT搭載車に来てもらうことになった。

今回、自分のクリニックでCT搭載車に来てもらうことにしたのも、アイディアの源流には上のようなことがある。
導入・運営コスト的に、常設で自前のCTを設置するのはハードルが高い。コストを回収しようとして必要性の低い検査をバンバンやるのは本末転倒だ。
緊急時はこれまでどおり大きな病院にすぐ行っていただくが、たとえば単純レントゲンで古い肺炎のあとなのか万が一肺がんなのか悩むような患者さんなどは通いなれたクリニックでCT撮れると非常によい。もちろん読影レポートは放射線科医に依頼する。
これからますます高齢化が進むと、できるだけ自宅近くでさまざまな用事を済ませたいというニーズが高まる。高齢になれば車は手放さざるを得なくなり、脚も弱くなるからだ。また、大病院では、患者さんが殺到しすぎて、外来診療は縮小傾向だ。そもそも大病院は、遠いし、ものすごく待つ。
需要と供給のギャップは、誰かが埋めなければならない。
このため、うちのクリニックでは、循環器や消化器、心療内科などの各専門医のドクターに非常勤で来ていただき、専門的な相談に乗っていただいている。また、検査技師の方にも毎週来ていただき、頸動脈や心臓、腹部のエコー検査もしていただいている。
月二回、管理栄養士の方に来てもらって、糖尿病や高血圧などの個別食事指導もしていただき好評だ。10月からはケアマネジャーによる介護福祉個別相談も始める。
そして今日からCT搭載車によるCT検査も可能となった。


未来の医療とはどんなものだろうか、という問いを抱えながら仕事をしている。
いつでもリフレインするのはあの言葉だ。

 

未来を予測する一番良い方法は、自分で未来を作り出してしまうことだ。ーアラン・ケイ

 

それじゃ、良い週末を。

 

 

www.hirokatz.jp

 

 

www.hirokatz.jp

 

 

www.hirokatz.jp

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

ア・パーフェクト・モーメントー地上の記憶。

パーフェクト・モーメント。完璧な瞬間。
足りないものなど何もない。余計なものも何もない。
未来のようにいつも懐かしく、過去のように常に新しい、過去と未来のはざまに立ち上った奇跡の一瞬。
旅に出ると、そんな完璧な瞬間を体験することがある。

 

モンゴル、カラコルムでゲルから抜け出て毛布にくるまりながら見た夜明け。
星空の下、ウルルーのふもとのスターライト・ディナー。
2時間歩いてたどり着き、重い荷物を地面に降ろした途端に教会の鐘が鳴り響いたモン・サン・ミシェル

 

綺麗で美しいばかりがパーフェクト・モーメントではない。
蘇州へ向かうオンボロ船で船長に猛烈に怒られたときもある意味パーフェクトだった。
ハバナで街案内の押し売りにあって1ドル巻き上げられたときもパーフェクトである。
高校生のころ、鳥取砂丘の土産物屋の軒先で野宿していたら、午前3時にパトカーがやってきたときも。

 

〈「(略)まず、あなたからひとつ聞きたいわー死んでお墓にはいって、あたしたちが行くところがどこにせよ、地上でのあなたのいちばんの記憶は何になる……」
「どういうこと……。意味がわからない」
「あなたにとって、どういう一瞬が、この惑星で生きていたことの定義になるか。お持ち帰りは何かよ」〉(ダグラス・クープランド『ジェネレーションX』角川文庫 平成七年 p.145-146)

 

もし人生が旅だというのなら、とぼくは思う。日々の生活の中にだってパーフェクト・モーメントというのはあるはずだ。
かたわらには息子が歩いている。
息子はマンゴーの、ぼくはチョコミントの棒アイスを食べている。
上野の街は次第に夜が更けていき、ぼくらは地下鉄の駅まで足早に歩いていく。
夜の公園からの風が、少しだけ涼しい。
もうすぐ、夏が終わる。

 

付記。先に白状しておくと、過去はいつも新しく、未来は常に新しいの元ネタは森山大道です。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

経営という名のスポーツ、という話。

「おれらがJ3だとすると孫さんはセリエAとか。たしかにフェイズは違うけど同じスポーツをやってる」彼は言った。「経営という名のね」

 

ある年の暮れ、日本橋の半地下のうどん屋でぼくらは出会った。
ビールのおかげで舌も滑らかになり、互いに饒舌になる。
「東北で起業したんだ。若い人たちが働く場を作りたいってのもある。育ちは関西だけどね」
以前勤めていた会社は辞めたという。

 

「もしどこかでソフトバンクの孫さんと会ったとするじゃない」彼は続けた。
「オレが会社員のままだったら、孫さんは通りいっぺんの挨拶をくれるだけだよね。でもさ、今は『孫さん、いま自分の会社でこんな問題で困ってて』と言えば、孫さんはきっと『あるある、そういうこと。会社経営してるとそういうことあるよね。昔ソフトバンクで同じようなことがあったときはさ』と身を乗り出してくれるはずだよ。それはさ、オレも孫さんも、同じ『経営』という名のスポーツをやっているからなんだよ」
そんなことを彼は言った。

 

「土方ドカタってみんなバカにするが、土方ってのは地球の彫刻家なんだぜ」そんなことを田中角栄が言った。
経営経営というと拝金主義、金儲け好きみたいにバカにする人がいる。
だが、モノやコトを上手いこと組み合わせて今までなかったものを地上に生み出すのが芸術なら、経営もまた芸術である。
経営者という人種は、経営という名のスポーツをし、事業という芸術をこの世に残すのだろう。

 

いろんなタイプのスポーツマンがいて、いろんなタイプの芸術家がいるように、経営者にもいろんなタイプの人がいる。唯一の成功するタイプというのは、存在し得ない。そんなことを『経営者の条件』の中でドラッカーが言っている(ダイヤモンド社 1995年 p.28-29)。
〈そして私は、「成果をあげる人間のタイプ」などというものは存在しないことにかなり早く気づいた。私が知っている成果をあげるエグゼクティブたちは、その気性や能力、仕事や仕事の方法、性格や知識や関心において、千差万別だった。〉
〈外交的な人もいれば、超然とした内向的な人、なかには病的な恥ずかしがり屋もいた。心配性の人も気楽な人もいた。酒飲みも酒嫌いもいた。魅力的な人も、冷凍した鯖のように冷たい人もいた。〉
〈換言するならば、成果をあげるエグゼクティブは、医者や、高校の先生や、バイオリニストと同じように、千差万別である。〉(上掲書 上掲ページ)
冷凍した鯖っていったいなんだ。

 

だがしかし、成功する経営者には一つだけ共通点がある、とドラッカーは言う。
成功する経営者の共通点といえば、〈成すべきことを成し遂げる能力をもっていることだけ〉だという。

 

成すべきことを成す。言葉を変えれば、前に進む、ということだけが、成功する経営者や芸術家、スポーツマンの共通点なのかも知れない。
経営にも芸術にもスポーツにも、唯一絶対の解決策なんかないからだ。たぶん人生にも。

 

〈「わからないかね、ロビノー。人生に解決策などない。前に進む力があるだけだ。つまりその力を創り出すしかない。そうすれば解決策はあとからついてくる」〉(サン=テグジュペリ『夜間飛行』光文社古典新訳文庫 2010年 p.113。原文はDans la vie il n'y a pas de solutions; il y a des forces en marche: il faut les creer et les solutions suivent.らしい)

 

今日も、前に進んで行きますかね。

 

付記.ドラッカーの「成すべきことを成す」という言葉、「成す」ではなく「為す」ではないかなーと思ったが、本では「成す」だった。ただ「為す」=doだけではダメで、なんらかの形に「成す」=makeとかhave doneまで持っていかないとダメということなのかもしれない。原文みればわかることだが。ここでもやはりザッカーバーグの「done is better than perfect」という言葉が思い起こされる。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

Netflix『全裸監督』の次に来るものー藤田田賛歌。

無茶苦茶な人というのは面白い。常人には思いもつかないことをさも当然のようにやってのけ、その逸話は人類の歴史に彩りを添える。

 

今現在マイブームの無茶苦茶な人といえば、藤田田氏である。言わずと知れた日本マクドナルドの創業者だ。
以下、藤田氏の著書『ユダヤの商法(新装版)』(KKベストセラーズ 2019年 kindle版)に基づいて書く。

藤田氏は大阪生まれで旧制北野中学、東大法学部出身。GHQで通訳のバイトをしたのがきっかけで輸入業者として起業する。
はじめはハンドバッグやアクセサリーの輸入をしていたが、あるとき〈日本人は総体的に蛋白質のとり方が少ない。だから、背は低いし、体力がない。国際的な競争に打ち勝つには、まず、体力から作らなければならない。〉(上掲書kindle版340/2464)と思い立ち、ハンバーガー屋をすることを決める。日本人に、ハンバーガーで蛋白質を摂らせようという狙いである。
上のパートに引き続き、あの有名なフレーズがやってくる。
〈日本人が肉とパンとイモのハンバーガーを、これから先、一〇〇〇年ほど、食べ続けるならば、日本人も、色白の金髪人間になるはずだ。私は、ハンバーガーで日本人を金髪に改造するのだ。〉(同ページ)無茶苦茶である。

今よりもポリティカルコレクト的にルーズな時代の本であるので、割り引いて読んでいただきたいが、こんなフレーズもある。
〈「ユダヤ商法に商品はふたつしかない。それは女と口である」〉(上掲書kindle版301/2464)
これは、女性をターゲットにした商売と、口に入るもの=食べ物を扱う商売は、必ず当たる、という意味だそうだ。
藤田氏がもし今ご存命なら、誰よりも早くタピオカ屋を始めたはずである。

 

日本マクドナルドの創業者である藤田田氏に心惹かれたシーンは、ユニクロ創業者の柳井正氏との出会いの場面である。
〈柳井 僕も藤田さんとは面識があるんです。ソフトバンク社外取締役になったとき、前任者が藤田さんでした。引き継ぎでお目にかかったら意気軒昂で。話し出したら止まらない。僕は藤田さんの演説に耳を傾けるだけ……。別れ際に「おお、柳井くん、キミにいいものをやろう」とハンバーガーの無料券を三枚くれた。〉(レイ・クロック他『成功はゴミ箱の中に』プレジデント社 2007年 p.344.巻末の柳井正氏と孫正義氏の対談より)

藤田氏の著書『ユダヤの商法』を読むと無茶苦茶な書きっぷりで面白い。
同書によれば、藤田氏は、昭和42年の総選挙で、共産党候補の松本善明氏を応援した。なぜか。
松本氏と藤田氏が、大阪の北野中学から東大法学部までずっと一緒に学んできたから、ではない。
松本氏の当選祝賀会で藤田氏はこんなスピーチをしたという(藤田田ユダヤの商法』kindle版1818/2464)
〈「現在、世界はアメリカを中心とする自由陣営とソビエト(現・ロシア)を中心とする共産主義陣営に二分されています。ご承知のように、日本はアメリカにベッタリくっついている状態であります。私はこの状態はまだまだ続くと思いますし、続いてもらいたいと思っています。というのは、日本にとっても、私自身にとりましても、あと一〇〇年ぐらいは日本がアメリカにくっついていた方がトクだからであります。そのためにも日本の共産党はもっと議席をふやしてもらいたい、と念願致しております。
なぜかと申しますと、日本国内に共産陣営側の政党があり、それがある程度強くて、日本の政治をアメリカの言いなりにならないようにする方向に作用しておればおるほど、アメリカは日本に甘い顔をし、手をさしのべざるを得ないのであります。
日本へ無愛想な顔をして、日本がソ連の方へ傾いたらそれこそ大変だからであります。そのアメリカの甘い顔がもたらす甘い汁を、たんまりといただくのが私の商売であります。日本が駄々をこねればこねるほど、アメリカは日本を大切にしてくれます。
つまり、日本という体の中に、共産党というバイ菌がいて、それが暴れれば暴れるほど、アメリカという医者は日本へ良薬を与えてくれるのであります。
その駄々をこねる役割り、バイ菌の役割り、私は、日本の共産党にそれを期待しているのであります。
私が選挙資金を一部融通したのは、ソロバンずくで私の商売にほかならないのであります。
松本君は当選し、みごとにバイ菌のひとつとして培養されました。私の投資は成功したのであります」〉
無茶苦茶である。

このように、無茶苦茶な人というのは面白い。ただし自分が安全圏から眺めている限りは。というわけで、Netflixでドラマ化希望。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

SHOWROOMとN国と崎陽軒ー余計な一言でムダな敵を作ってはいけない、という話。

言葉というのはおそろしい。
たった一言で人の心をひきつけるかと思えば、敵を自ら作りだしたりもする。

 

昨日見つけたうまい一言をご報告したい。敵を作らず広く味方を増やす言い回しだ。
<ビジネスパートナーは「東京の東側の匂い」がする人がいい>(前田裕二『人生の勝算』幻冬舎 2017年 p.183-184)
これはSHOWROOM株式会社社長の前田氏が、ビジネスを立ち上げるときにどんな人を片腕としたいか問われたときの答えだ。
前田氏自身が葛飾区出身で、<泥臭い働き方を好むタイプ>だったので、同じような価値観の人と働きたいと思ったのだという。
「泥臭い働き方ができる人」という言い方では読み流される。「東東京の人」ではなく「東京の東側の匂いのする人」という言い方をすることで東京都の東の茨城・千葉の読者も取り込める。
そして、「東京の西側の匂いがする人はダメ」という表現ではムダに敵を作る。

「東京の東側の匂いのする人」という言い方なら、ムダに敵を作らない絶妙な言い回しだと思う。

 

生きていく上で非常に重要なスキルの一つに、『ムダに敵を作らない』ということがある。
味方を助けるために命を賭ける人は少ないが、敵を引きずり落とすために自らの命を捨ててもいいという人は少なくない。
健やかに生きていくためには、『ムダに敵を作らない』というのは大事である。
田中角栄も、「頂きを高くするためには裾野を広くしろ」と説いた。熱烈な味方を作るためには、強い味方というほどではなくとも少なくとも敵ではないという中間層を分厚くする必要があるという意味だと思う。
先述の前田氏の一言は、味方を作りつつムダに敵を作らない考えつくされたフレーズであった。


一方で、たった一言で永遠の敵を作ってしまう人もいる。
先日、「NHKをぶっ壊す」と言っている人が、マツコ・デラックスの発言に抗議するといって度を越した嫌がらせをして、マツコ・デラックスの番組のスポンサーの一つである「崎陽軒」のシューマイ不買運動を呼び掛けた。
この「崎陽軒のシューマイを買うな!」の一言で、彼は一気に世間から愛想をつかされ、崎陽軒のシューマイをこよなく愛する神奈川県民から敵認定された。
崎陽軒のシューマイをけなす者はもちろん神奈川県民の永遠の敵である。


と、そんなことを書いたら神奈川出身の美しき友人や敬愛する先輩から立て続けに連絡が来た。
崎陽軒は、シューマイではなくシウマイです!」
崎陽軒のシウマイは横浜のものであり、横浜を神奈川県の代表とするごとき論は我らが相模原への冒涜だ!」
このように、余計な一言はムダに敵を作ってしまうのである。
まことに言葉というものはおそろしい。

 

www.hirokatz.jp

 

 

www.hirokatz.jp

 

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

官僚は政治家のどこを見ているか。

官僚が重視する政治家ってどんな人?やっぱり政策通とか?
中央官庁に勤める友人に聞いてみたことがある。彼の答えは非常にシンプル。
「んー、選挙に強い人」

 

価値判断や感情論は極力まじえずに書く。
実質的に政策立案の多くを担い、それを遂行する社会的使命を負う官僚にとって、時に仕事上の追い風となり時に向かい風になるのが政治家だ。
訳知り顔で「政治家なんてなにもやっていない。日本を動かしているのは官僚だよ」なんて言う人もいるが、民主党政権では政治サイドのランダムな介入のため行政が「様子見」になり過ぎて機能を大幅にスロウダウンしてしまった部分があったと聞くし、税理論からは抜け抜けであろう「ふるさと納税制度」も強力に推進されているのは政治サイドの働きかけが非常に大きいはずだ。
官僚・行政サイドのカウンターパートとして政治家というのは今までもこれからも大きなファクターである。

 

官僚・行政サイドからみてカウンターパートがどんな人かというのは大事なことだ。
カウンターパートがどんな人かによって仕事の進めやすさが変わってくるからだ。
カウンターパートである政治家がどんな人かというのとともに、その政治家がいつまでその立場にいるかというのもまた重要である。
どんなに有能でいい人でも、すぐ失脚するのでは仕事上の付き合いは短くなる。
逆に理解力は今ひとつで何度もレクに伺わなければならない相手や、テレビカメラの前だけで勇ましい人であっても、長くその立場に立つ相手であれば仕事上の付き合いが長くなるから重視することになる。

 

冒頭の、官僚が重視するのは選挙に強い政治家、というのは、そこらへんの官僚リアリズムを感じさせる発言である。

カウンターパートである政治家を研究することは、敏腕官僚であるための必修項目なのであろう。

 

聞くところによると、昨日の夜あたりから厚労官僚の人たちの間でフランス語の学習熱が高まっているそうである。ボンジュール。

あ、最後の部分は作り話ですので悪しからず。セ・ラ・ヴィ。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

 

 

赤い車と青い鳥

「今日は赤」と心に決めて家を出る。
駅までのいつもの道をいつもどおりに歩いていく。
ルートはいつもと変わらないのに、今日は何かが違う。
赤い車、赤い看板に郵便ポスト。コカコーラの自販機に電車の赤いライン。
次から次へと向こうから情報が飛び込んでくる。
何もかもが新鮮で、驚きと喜びに満ち溢れている。
やがて職場について、自分の机に目をやると一本のボールペンがある。
何げなく手にとって線を引く。
赤い線が生み出されて思わず感嘆する。
ボールペンの赤って、こんなに美しいのか、と。
あ、正気です。

 

加藤昌治氏の著書、『考具』(CCCメディアハウス 2003年)に出てくる「カラーバス」という手法を実践してみた(同書p.44-54)。
「カラーバス」はcolor bathとつづり、色を浴びるという感覚だという。
漫然といつもの日常を受け入れて流すのではなく、「赤いものを見つける」というただ一点に集中することで、ありきたりの日常が発見の宝庫になる。
「赤いものを見つける」と決めるだけで、心が動き出すのだ。

メーテルリンクの童話『青い鳥』では、主人公のチルチルとミチルは魔法使いに頼まれて青い鳥を探しに行く。
思い出の国や夜の御殿、森や幸福の楽園などを旅して青い鳥を探す。
旅の果てにたどり着いた我が家でとうとう見つけた青い鳥は自分のハトだった。

〈あれっ!この鳥、青いよ!これ、ぼくのハトだ!だけど、ぼくが家を出たときより、ずっと青くなっている!これが、ぼくたちのさがしていた青い鳥なんだ!あんなに遠くまでさがしにいったのに、ここにいたんだ!ああ、すばらしいなあ!〉(メーテルリンク『青い鳥』岩波少年文庫kindle版6300/6910)

たくさんの旅路を経て自分の家で青い鳥を発見したチルチルが「あんなに遠くまでさがしにいったのに、ここにいたんだ!」のあとに言ったのは、「なーんだ、さがしに行かなきゃ良かった」ではなく、「ああ、すばらしいなあ!」なのだ。
『青い鳥』は、幸せは自分の足元にあるから地道に生きなさい、なんてケチくさい道徳話ではない。
自分なりの青い鳥を探し求めて、みっともなくあがいて迷って傷つきさまよいまくる者たちへの讃歌なのである。

赤いものを見つけると決めた者だけにしか赤いものは飛び込んでこない。
青い鳥を探しに出た者にしか青い鳥は見つからない。

 

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45

3分診療時代の長生きできる受診のコツ45